フォト

偽善・医療・社会福祉

2015年10月19日 (月)

ナマポのクソバカ芸人、死ねばよかったのに。

>先月24日に急性すい炎のため入院していたお笑いコンビ・次長課長の河本準一が、きのう18日に退院したことが19日、わかった。所属事務所がFAXで発表した。河本は「この度無事に退院できました。皆様には大変ご心配をお掛け致しました。これからは今以上に芸人として活動して参りますので、応援の程何卒よろしくお願い致します」とコメントを発表した。

河本はきょうからKawaiianTVの『PASSPO☆航空! じぇっTV』(午後8時)の生放送で仕事復帰する。

 10月3日に予定されていたが、入院に伴い中止された『ユニットコント全国ライブツアーCONTS in 横浜』は、払い戻し、もしくは12月24日の同東京公演(よみうり大手町ホール)の良席への振り替え対応となる。詳細はチケットよしもとホームページに掲載される。<

><ヤフーニュースより引用

このバカまだ生きていたのか! 本当に死ねば世間のためになるな。

死ねばよかったのに。

2015年10月10日 (土)

本日の看護学校の学園祭、 敵シールズの姿見えず。

本日は看護学校の学園祭、懸念されたシールズとのトラブルはなかった。

シールズの姿すら見せなかった、うーむ潜んだか。


1444460499702.jpg

1444460500229.jpg


1444460500781.jpg

2015年10月 8日 (木)

萌キャラやアニメを敵視するバカ精神科医の暴言! 香山リカマジ死ね!

   >「(性犯罪の)加害者は、萌えキャラを見ているうちに、少女を性の対象だと考えるようになったのではないか」――東京新聞に掲載されたコラムの中で、精神科医で立教大教授の香山リカさんがこう主張した。美少女をモチーフにしたキャラクター、いわゆる「萌えキャラ」が性犯罪の温床になっているのではないか、という趣旨の発言だ。

   これに対し、ネットユーザーから「説得力はかなり薄い」「ただの個人的な感想じゃないか」と多くの批判が寄せられている。

萌えキャラと性犯罪、関係あるの?(画像はイメージ)

「ちょっぴりセクシーな少女」に視線を集める風潮を疑問視

   香山さんのコラム「ふわっとライフ 少女キャラに罪なし?」は2015年9月22日付け東京新聞朝刊に掲載された。萌えキャラを使った地方自治体の町おこしに触れ、性犯罪と絡めつつ、それに疑問を投げかけるといった構成だ。

   まず、ミニスカートなど露出度の高い服を着た萌えキャラのポスターや「ちょっと色っぽくしないと注目されないんで」という自治体職員の言葉を例に挙げる。

   香山さんは「(萌えキャラは)素直に『かわいいな』と思うことも多い」とことわりつつも、そこから「愛らしくてちょっぴりセクシーな少女」で視線を集めようとする風潮を見抜き、「モデルになるような実際の幼い子どもや少女たちがいることを忘れてはならない」と釘をさす。

   後半は少女に対する性犯罪へも話を広げ、「『加害者は、萌えキャラを見ているうちに、少女を性の対象だと考えるようになったのではないか』とドキリとする」と述べた。萌えキャラが性犯罪を助長する、と解釈されてもおかしくはない内容だ。

   コラムを読んだネットユーザーは大ブーイング。

「二次元(のマンガや画像)に責任おしつけんな」
「説得力はかなり薄い」
「ただの個人的な感想じゃないか」

といった批判をツイッターに寄せた。

三重県志摩市の「碧志摩メグ」を念頭に置いた?

   その後、各種まとめサイトや日刊サイゾー、探偵ファイルといったネットメディアもコラムを取り上げ、「爆弾発言」と報じている。批判の主な理由は、萌えキャラと性犯罪を結びつける確たる根拠がコラムの中で示されていないことらしい。2015年10月7日18時現在までに、香山さんはこうしたネットユーザーの声に反応していない。

   また本文中に明記されていないものの、コラムは三重県志摩市をPRするキャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」を意識したものではないか、との指摘も上がっている。

   「碧引用志摩メグ」は海女をモチーフにした市公認キャラで、14年10月に公表された。しかし公表後、裾がはだけてイヤらしい、女性蔑視、海女への侮辱といった理由から地元の海女団体などが公認撤回を求める署名活動を展開。抗議を受けて同市は15年9月30日、地元の海女らに公認撤回かデザインを変更して使い続けるかのアンケートを実施している。

   ちなみに、萌えキャラは性犯罪を助長する、という主張はほかでも語られている。幼い子どもが被害者となる性犯罪が起こるたび、マスコミは萌えキャラの登場するアニメや漫画との「因果関係」を報じる。そうした様子はネットで、恐怖や恐怖症を意味する接尾語「phobia(フォビア)」と「萌え」をつなげた造語「萌えフォビア」として語られている。<

><J-CASTより引用

本当にこの精神科医は危険極まりない、このバカ精神科医はサッカーの応援で日の丸をふっただけでナショナリズムだとかで騒いで悪名高い強制入院を復活させて自分の意に反した奴を社会的抹殺しようと考えている、危険極まりないバカ精神科医。

本当にマジにこいつを生かせておくのは危険極まりない、本当に香山リカマジ死ねと言いたくなる。

ちょうど本日はアイカツ放映日でアイカツやプリパラ オトカドールをプレイしてるがなんとない。

香山リカ死ね!

2015年10月 3日 (土)

看護学校近くに刃の付いた竹の棒が落ちていた、凶器準備か?

買い物からの帰り、看護学校グランド近くに刃の付いた竹の棒が落ちていた。

シールズかその下部組織が凶器を準備したのか、来週の学園祭は血の雨がふりそうだ。


1443878567958.jpg

1443878568467.jpg

1443878569059.jpg

2015年9月15日 (火)

倒産の噂ある会社がピンクリボン活動?疑惑のピンクリボン

> 女性専門脱毛サロンで最大手の「ミュゼプラチナム」(以下「ミュ ゼ」)の商法に問題があり、経営も危機的状況にあることはこれまで2 度報じてきた。

【「『医師法違反』の声もある『脱毛エステ』疑惑の商法」(2015年5 月21日)、「『脱毛エステ最大手』に浮上した『経営危機説』『健康 被害隠蔽』」(2015年6月19日)】

その運営会社である株式会社ジンコーポレーション(以下「ジン 社」)がいよいよ経営破たんに陥り、すでに事実上の「任意整理」に 入った。ミュゼをはじめこの種のサロンは高額の「前受金制度」が常識 であるため、融資銀行団の判断如何では、240万人という業界最大規模 の会員らに前受金が返金されない事態になりかねず、社会問題化が懸念 される。さらには、場合によっては刑事事件にも発展しそうな問題まで 指摘されている。

巨額の未払い金

そもそもジン社の資金繰り悪化は今年4月から露見し始めていた。そ の煽りで全従業員の夏のボーナス支給が見送られ、毎年恒例の高額社員 旅行も中止になったことは前回記事で指摘した。

が、“被害”はすでに取引先にも及んでいた。巨額の未払い金が発生し ていたのだ。

「7月末、大手広告代理店『電通』の経営陣からジン社の髙橋仁社長が 呼び出され、未払い金の早期返済と取引停止を通告された」(ミュゼ関 係者)

8月末時点での未払い金は約20億円と言われているが、その繰り延べ は4月から始まっていた。まず4月末時の残債約7億円を5月末に繰り延 べ。さらに5月末時の約13億円を6月末に。6月末時の約16億円のうち7 月末に4億円のみ支払ったが、7月末時には残債が約24億円に膨れ上が り、8月末に返済できそうなのは4億円のみで、残り20億円は返済のメ ドがまったくつかない状況なのだという。

「全国の店舗に毎月末には配布されていた折り込みやポスティングのた めのチラシが、8月に入っても届かない。おかしいと思っていたら、結 局8月はゼロでした」(同)

折り込みだけでも5月約3600万枚、6月約3200万枚、7月2070万枚、 ポスティングもほぼ同数作っていたが、8月は両方ともいきなりゼロ。 すでにチラシを作る余力さえなくなっているのだ。無論、テレビCMや 地下鉄車内などの広告も激減している。

「医師法違反」で「身売り計画」も不成立

ジン社のメーンバンクは創業以来の付き合いである常陽銀行だが、以 下足利、三菱東京UFJ、東邦、七十七などの各銀行とも取引がある。

「今年3月、それら銀行団による4回目のシンジケートローンで13億円 を調達した」(同)

が、それも火に油を注ぐ結果にしかならなかった。電通問題と同時 期、髙橋社長は銀行団首脳らにも呼び出されたという。

「そこで問題とされたのが簿外債務。会員は契約時に複数回分の施術代 を一括前払いするシステムで、これ自体は特定商取引法で認められた 『特定継続的役務提供』で違法ではない。実際、エステや語学学校など では一般的。ただし、クーリングオフや途中解約もできるから、その場 合は残金を返金する必要がある。そのため、本来はこの前受金は売り上 げに計上せず、施術回数に応じてその都度計上するのが普通。ところが 同社はこれを一括売上計上している。返金=債務となるため、会計上は 『簿外債務』と見なされる処理」(銀行関係者)

同社の売上は390億円(2014年8月決算)を誇るが、その多くが本来 は簿外債務であり、銀行団は今回、そこを問題視したという。適正な会 計処理をすれば累積簿外債務は軽く売り上げを超え、たちまち債務超過 に陥るからだ。

「そこで銀行団は9月末までに再建計画と具体的な債務返済計画の提出 を命じたところ、髙橋社長は返済猶予を願い出たが当然拒絶され、窮し たあまり“身売り計画”まで提示したといいます」(同)

実際、M&Aに詳しい弁護士によれば、ある外資系投資会社と飲食事 業会社などに打診があったという。

「が、いずれもビジネスの根幹に医師法違反の疑いがあるため、不成立 に終わったようです」

すでに世界最大の会計事務所の日本法人であるPwC社が、7月からジ ン社内の会議室にスタッフを派遣し、常駐。これら簿外債務の実態と資 金能力などを精査し、9月末までに銀行団に返済計画を提出することに なっている。つまり、経営破たんした会社が不渡りなどによる倒産を事 前回避するために行う「任意整理」の段階に、すでにジン社は入ってい るわけだ。

不透明な個人借入金

では、この「任意整理」でミュゼは生き残れるのか。状況は、かなり 厳しい。

「シンジケートローンは銀行団の全行が同一条件、同一約定で融資す る。つまり、1行でも反対すれば返済計画は成立しない。しかも、簿外 債務が認定されれば即、約定違反になる」(企業財務に詳しい会計士)

任意整理が不成立に終われば、倒産。その場合、会員1人数十万円以 上の前払い金も返済されない可能性が高い。そうなると、かつての英会 話学校のような騒動に発展するだろう(「NOVA」では前払いの受講料 を返金できずに訴訟沙汰になったり、従業員への給与未払いで労働基準 監督署から是正勧告も受けた。さらに社員積立金の流用も発覚し、当時 の社長は業務上横領で逮捕され、実刑判決が確定している。ちなみに、 ジン社の場合、中止になった社員旅行費用の大半は社員の積立金であ る)。

そればかりではなく、不穏な指摘もある。

「髙橋社長は会社から個人で借入金があり、その額は3~4億円と言わ れている。その使途が分からないと財務担当部門でも頭を抱えている」 (同社関係者)

髙橋社長は海外出張も多いらしいが、

「イタリアには、同社が使用している脱毛機器(DEKA社製)の本社が あるので行くのも分かるが、アメリカはうちの支店もないし行く理由が 分からない。カジノにはまっているからだと幹部が嘆いていました」 (同)

会社からの借入金でカジノにのめり込み、挙げ句100億円以上もつぎ 込んで返済できなかったため、会社に損害を与えた特別背任で摘発され た大王製紙創業家3代目のケースもある。髙橋社長が十数頭の競走馬を 所有していることは有名だが、現在のところ、トータルでは購入費用に 対して獲得賞金が下回っており、投資としての効果は得られていないと いう。無論、個人資産からの捻出であれば何の問題もないのだが……。

さらに、社内で髙橋社長と特別な関係だと見られている30代前半の 美人女性社員についてこんな声もある。

「社長の出張で、他の同行者は別なホテルなのに彼女は社長と同じホテ ルに宿泊することもある。彼女は渋谷区の高級賃貸マンションに住んで いますが、家賃は60万円以上。普通のOLが払える額ではない。こうし たこともこの際、徹底的に調べてほしい」(同)

PwC社のデユーディリジェンス(財務調査)では当然、それらも含め て徹底的な調査がなされるだろう。万が一不正な点が発覚すれば、刑事 告発という動きにもならざるを得ない。ジン社は筆者からの一連の取材 申し込みに対し、一貫して取材拒否。沈黙のまま、事態は最悪のときを 迎えようとしている。<

><新潮ハフポストより引用

このピンクリボン活動、最近はケチの付きまくりで悪名高い嘘つき新聞の朝日新聞が入っていたり、クソチョンのキムヨナが活動に入ったり、しまいにはアグネスチャンまでシャシャリ出てきた。

本当にガン撲滅の目的が無くなってクソサヨクとクソチョンの売名行為の場になった。

そして倒産が秒読みの噂が絶えないジンコーポレーションの参入。

まさに汚されたピンクリボン活動。


1442279808824.jpg

1442279809341.jpg

2015年9月10日 (木)

やはりいたか! しばき隊 シールズに所属してる看護学生!

本日クロスガーデン川崎のスーパーで食事をしていたら看護学生のTシャツに見覚えのあるエンブレム、調べたら「しばき隊」のエンブレムだった。

多分こいつらシールズに所属の看護学生がいることが確定した、危険だな。


1441876410793.jpg

1441876411239.jpg

1441876412093.jpg

1441876412647.jpg

隣のスウェーデンがあれだけ 難民 移民で苦しんでいるのに当たり前の措置したデンマーク。

> ◆デンマーク「難民にとって魅力のない国」を目指して

◇止まるところを知らない難民の急増に「寛容な」北欧の一角がギブアップ デンマークの移民・統合・住宅省は今週、難民の流入阻止を狙った広告キャンペーンを開始した。 「デンマークは難民に関する規制を全面的に強化する」という内容で、レバノンで発行されている 4つの新聞にアラビア語と英語で掲載された。

広告にはさらに、新たに入国する難民向けの支援金を最大で50%削減する法案を議会で可決したこと、 永住権を獲得するために必要な言語力の引き上げや、永住権取得までの待機期間を最短でも 5年とする、といった条件が列挙されている。

仮にデンマークでの一時的な保護が認められたとしても、 最初の1年間は家族を呼び寄せることができない。

ヨーロッパには今、移民や難民が前代未聞の規模で流入している。ドイツやオーストリアは彼らを 温かく歓迎し、支援の輪はフランスやイギリスにも広がっている。

ローマ法王(教皇)フランシスコも、バチカン自らが2組の難民家族を受け入れると言い、 ヨーロッパ全土のカトリック教区に対して同様の対応を求めた。

これに対しデンマークでは、6月の総選挙で中道右派が勝利を収めて以来、ヨーロッパの人道主義からは 距離を置き、難民問題に厳しい姿勢を取り始めた。

2014年にデンマークは前年の倍の1万4,815人の難民を受け入れたが、今年は5月で既にその人数を上回った。 いつ途絶えるともわからない難民数の急増に対し、対抗策を取ると決めたわけだ。

7月にデンマークの新政権が難民への支援金を削減すると決めた直後から、インガ・ストイベア統合相は、 難民に対する広告を出す意思を表明していた。<

><保守速報より引用

隣のスウェーデンが移民や難民のおかげで治安悪化 市民生活に支障 国家の疲弊に悩まされているのに、デンマークもスウェーデンの二の舞を踏みたくない。

当のドイツも難民受け入れ反対デモが相次いでいるのに、日本のクソゴミはこれを報道しない。

奴らは受け入れると家族どころか親戚一同まで呼んで押し掛けるから嫌になる。

デンマークが当たり前の措置をしたことである。

2015年7月24日 (金)

プレーパークに入り込む「ピースボート」、YPCや近所のプレーパークの主催者の団体も調べないと。

石巻のプレーパークに入り込む社民党系のピースボート、最近では東北の「あそびーばー」にも入り込んでいる。
アウトドア 音楽フェス プレーパークと怪しさ満点の連中が炙りだされて来た。
安倍首相のおかげで穴から狸や狢の類いが出て来た。
http://pbv.or.jp/ishinomaki-psen/events/【遊ぶ】石巻プレーパーク-in-中瀬公園/

2015年7月15日 (水)

西成で「プレーパーク」おいおい正気か?これは危険だ。

大阪でも特に治安の悪い「西成」でプレーパークとは大阪市も正気の沙汰ではない。
ついこの間まで「大阪のマルメ」「日本のヨハネスブルグ」と言われるぐらい暴動なども多発してる、関東で言うなら「山谷」「寿町」で開催するようなものである。
本当に子供の安全が守られるかが疑問だ。
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/nishinari/0000278202.html

2015年6月25日 (木)

不謹慎だが天罰がくだった!インチキユニセフでボッタクリの代償!

>歌手のアグネス・チャン(59)が25日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月-金曜、前9時50分)の取材に対して後部硝子体剥離に悩まされている現状を打ち明けた。
 アグネスは約2週間前の朝、起きた時に目に違和感を覚えた。「目が曇っている感じがして、目の中で白いものや黒いものが飛んだりして、すごくビックリしました」という。
 眼科を受診したところ、後部硝子体剥離と診断された。
 症状は消えず、日常生活にも影響を及ぼしている。歯を磨いている時、「虫が飛んでいる」と思って手が出たり、歩いていて黒いものが飛ぶように感じ、後ろを振り向いたりもするという。
 パソコンの文章を読む時、同じ所で白いものが飛ぶので、「同じ文字が見えなくなる」と困っている。
 後部硝子体剥離とは加齢現象の一つで、網膜を守る硝子体が網膜からはがれてしまう。網膜剥離を起こしやすくなるので、注意が必要だという<
><ライブドアニュースより引用
今度は失明の危機か!シナが生んだ偽善悪魔アグネスに天誅が下った!
目の次は命か?アグネス!地獄が待ってるぞ!

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ