フォト

ゲーム

2015年10月 4日 (日)

久々の竹下通り ガキが多いのは昔からだが、殺伐とした悪いエネルギーも入ってきた。

今回久々に竹下通りを通って見たが小学生 中学生が多いのは相変わらずである、最近ではアイカツ プリパラなどのゲームキャラクターショップもあるので自分も含む アイカツおじさん プリパラおじさんも原宿に来るようになった。

しかしそれを狙って凶悪なキャッチセールスまで入り込むようになった、最近では手を引いて無理矢理店?に入れる、罵声を浴びさせ路地裏に連れていき仲間のキャッチを呼んでフルボッコして金を取り上げるなどアキバのオタク狩りが竹下通りに来てしまった。
昔の原宿は確かに自由と奇抜なエネルギーが融合して独特な雰囲気を醸し出していた、奇抜さも原宿ではそれが味になるしこれが原宿らしさである。

コスプレ兄ちゃん 姉ちゃんは竹下通りのエッセンスである。

自分はある面原宿の雰囲気が好きだったが、こうも殺伐 凶悪化すると嫌になってくる。


1443962904352.jpg

1443962904825.jpg

1443962905309.jpg

2015年9月29日 (火)

本当にLINEはきちんとネットの発展と向上の為になってるのか?任天堂のゲームサービスのツクッターやミーバースも注意書が書いてるのだが。

自分は任天堂3DSLL(旧)を愛用してゲームを楽しんでいるのだが、ゲームのネットサービスにミーバースがあってゲームを楽しんでいる人たち専用のSNSサービスがある。

新型ゲームソフト「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」にもツクッターの機能があって、ゲームの中の作品が作れると投稿できる機能がある。

最初に「他人に対して不快な書き込みはやめよう」「きちんとルールを守ろう」と注意書が出てくる、不快と感じた場合ツクッター ミーバースでは報告ボタンがあってそれをクリックすると本部の任天堂の運営にいくようになってる。

子供向けな面もあるから運営はきちんとしてる。

自分はどうもLINEの運営はいい加減に感じてる、これだけ事件が起きても何の措置もしないし運営からも何の措置も釈明もない、確かに言い方を悪くすれば所詮チョンだからしょうがないと思うがこれだけトラブルやいじめが問題になってもなしのつぶてである。

書店や書籍コーナーに置いてあるLINEの入門 使い方の本にもこれらの注意事項は書いてない。

本当にLINEの運営会社は遵法精神やネット社会の向上 健全育成を考えているのか疑わしい。

2015年9月 1日 (火)

フェイスブックはシナチョン クソサヨクに乗っ取られたのか?

フェイスブックがシナチョン クソサヨクの度重なる妨害にあっている。

きちんと二年半続けていたのに、管理から偽名登録とかどったらこったらでいきなりブロックされた。

次にアカウントを撮り直ししたが三日目で同じく、偽名登録とかでまたもやブロック。

本当にフェイスブックの管理はシナチョン クソサヨクの手先になったのか?

ラインはクソチョンアプリだから関わってないが、フェイスブックまでシナチョン クソサヨクの手先に落ちた。

2015年8月18日 (火)

チョンの犯行だと隠して、アニメ ゲームマニアだとお得意のレッテル張りか!バカゴミは!

>大阪府高槻市の物流会社駐車場で顔や手を粘着テープで縛られた少女とみられる遺体が見つかった事件で、約30カ所の傷のうち胴体の一部は服をめくった上で切りつけられた形跡があることが17日、捜査関係者への取材で分かった。体を直接傷つけることで、何らかの脅しをしたり、切りつけることそのものが目的だったりした可能性がある。生前に執拗(しつよう)な暴行を加えたとみられており、大阪府警高槻署捜査本部は凶器の特定などを急いでいる。
 捜査関係者によると、遺体の傷は左半身の腕、胴体、足にそれぞれ10カ所近くあった。女性はタンクトップにシャツを羽織り、デニムの短パン姿をしており、腕や足の傷は肌が露出した部分に集中。胸から腰にかけての胴体にも切り傷があったが、シャツやタンクトップの切り口と一致しないものがあり、犯人が衣服をめくった状態で、刃物で切りつけた疑いがあるという。
 司法解剖の結果、最も深い切り傷は左腕のもので骨まで達していたが、致命傷ではなく、女性の死因は窒息だった。
 一方、遺体発見の直前、2台の車が駐車場を訪れる様子が近くの防犯カメラに写っていたことも判明した。映像では、遺体発見の約1時間前の13日午後10時35分ごろに1台の車が、約5分後に別の車が駐車場に進入。午後11時10分ごろ、2台は再び動き始め、出入り口方向へ走っていった。
 約20分後の午後11時半ごろには、遺体を発見した男性従業員が運転していたとみられるトラックが駐車場に入る様子が映像で確認された。
 駐車場に止まっていた男性従業員の乗用車の底部には血痕とみられる染みが付着しており、犯人が遺体を駐車場に運び込んだ後、乗用車の下に隠していた可能性がある。<
><楽天インフォシークより引用
この犯人が「チョン」ならスルーか通名で、もしアニメかゲームマニアだったらレッテル張りを繰り返すなバカゴミは。
ふなっしー事件でも「ラブライブ」や「けいおん」を周到に叩いていたし、今回の事件もちょうど「アイカツ」の映画が今週末に上映される、下手すれば自分を含む「アイカツおじさん」を叩く可能性がある。
なにしろ詰め込み犯が「プリキュア」がすきだったから、どこぞのバカIT社長までしゃしゃり出て来てギャアギャア騒いで、そいつの会社のホムペが炎上した。
ロリコン犯は「チョン」「クソサヨク」です。

2015年8月12日 (水)

クソサヨクとチョンの「レッテル貼り冤罪」に気をつけろ!

最近追い詰められたクソサヨクとチョンが保守に対するレッテル貼り冤罪を目論んでいる、保守のほかアニメ ゲームマニアに対しても冤罪をなすりつけつけようとしてる。

前にも述べた通りショッピングセンターの便所の備品ドロボーを、クソサヨクと結託したチョンのメンテナンスババアになすりつけられそうになった。

他にも放火による不審火を隠すため、児童プールや県営公園プールの女児を狙ったロリコン犯の汚名を着せる為に「アイカツ プリパラ 妖怪ウォッチ」を使ったロリコン犯をやっている。

最近では子供も賢くなったから、これでもいうことを聞かないと北朝鮮よろしく強制的に拉致しようとする、逆にギャアギャア叫ぶので怯んで逃げる。

特に夏休みだから他府県 他区域ナンバーの車でも怪しまれないから、奴らはそこを利用する。

送り火まで警戒である。

2015年8月 3日 (月)

デジタル村八分が共産党 サヨク支持者の子供に襲いかかる。

昨日「アイカツ」ゲーム機での女児三人の会話、プレーパークでもお父さんが「ゲーム機を持ってゲームプレイしてないと、コミ二テイに入れない」とぼやいていた。
まさに「デジタル村八分」である、特に子供は流行物が大好きで自分の時代は「仮面ライダーカード」であった、現在は「妖怪カード」「アイカツカード」「プリチケ」「妖怪メダル」「トレッタ」「ドールカード」である。
女児は「アイカツ」「プリパラ」最近では「オトカドール」、男児は「妖怪ウオッチ」「ポケモントレッタ」「仮面ライダーガンバライド」である。
特に土日は「妖怪ウオッチ」「アイカツ」「ガンバライド」の大会が行われており、大人も子供も一喜一憂でゲーセンで熱い戦いを行ってる。
しかし共産党 サヨク支持者はこれらの流行物の波に乗せる事無く、子供をダシにしてデモを行ってる。
話題にも付いていけないので「村八分」「ハブにする」状態になる。
そしてそこで「イジメ」が発生する。
まさにデジタルが作ったイジメが左翼や共産党支持者の子供に容赦なく襲いかかる。
11813369_484095428421241_61118386_3
11828674_485564864940964_7886852551
11822600_485683721595745_3976358217

2015年8月 2日 (日)

バカ親のその行動が「いじめ」に子供が巻き込まれます。

隣のゲーム機から小学生女児三名がギョ!とする話が自分の耳に飛び込んできた、自分はアイカツカード アイカツフォン アバターのカードを準備していた。

「本当に○○ムカつく!」「アイツ自分がゲームできないからって、ウチラにまでギャアギャア言ってくる」「○○の家今日渋谷でデモだって、アイツ必ず変な話題しか出さないから!」「二学期アイツ、ハブだな!」と三人で会話していた。

自分は何食わぬ顔でゲームをプレイしながら聞き耳を立てていた。

その小学生の学校に共産党かぶれのバカ親がいるのかと聞いていた、子供にとって流行りもについていけないのは、子供同士の社会的抹殺に等しい。

特に小学生は顕著に現れる、クソサヨクデモが子供のいじめを助長する原因です。

1438526615770.jpg


1438526616583.jpg

2015年7月24日 (金)

シールズとかメンテナンスの方をバカにしたクソ大学生より、ゲームセンターの従業員の方は立派である。

最近のクソ大学生には本当に頭に来る、メンテナンスの方を馬鹿にしたり、「シールズ」などという共産党配下の集会で騒ぎ立てるバカとか、自衛官を馬鹿にした発言まで本当に頭に来る。

それに引き換え近所の「ゲームセンター」の従業員の方々は立派である、キチンと店やゲーム台の掃除をしたり、簡単なトラブルを治したり、商品やカードの補充をキチンとやる。

本当にゲームセンターの店員の方々に感謝してる。

ゲームセンターの入ってるショッピングセンターも、キチンとメンテナンスの方々が綺麗にしてくださる。

Dsc05281

2015年7月21日 (火)

ゲームマニアで良かった、ルールを守ってプレイも身を守る手段。

子供が夏休みに入り不審者の出没が多発する季節、特に アイカツ プリパラ オトカドールは「女児」が好んでするゲームだ。
そこにかこつけ「不審者」の例の連中やクソサヨがロリコン犯罪の「濡れ衣」をゲームマニアに着せるため暗躍、水着の入ったプールバックひったくりや、子供の持ってるゲーム機破壊などがある。
自分が「アイカツ」をプレイしていていたら、隣の機械に座った女児が「こんにちは」と挨拶してきた、自分はきちんと「答礼」した。
友達と思われる女児が「知ってる人?」とその女児に聞いていた、その女児は「うん アイカツ大会で一緒に対戦した人だよ」と答えていた。
友達と思われる女児は安心していた、自分の事を「ゲーム好きなおじさん」とキチンと見てるからだ。
大会でもキチンと大会規定に従ってルールを守る、たとえ相手が女児であろうと正々堂々と戦う、初めと終わりにはキチンと礼をする。
キチンとルールを守る事によって子供にも信頼を得て、不審者扱いされずにゲームプレイが安心して出来る。

2015年7月20日 (月)

安保法案でピリピリムードの川崎市、例の連中とクソサヨクがロリコン犯で暴れ出す恐れがある。

ショッピングセンターやプールなどの周辺に制服 私服の警官がちょろちょろと監視活動をしてる、特に夏休みに入り安保法案でクソサヨクとか例の連中がロリコン犯で暴れ出すからだ。

しかしクソゴミはクソサヨクや例の連中でなく、アニメファンやゲームファンを悪く書きまくる、川崎国事件でもラブライブやけいおんが悪く書かれたのである。

特に例の連中やクソサヨクは弱いものいじめが好きだから、ロリコン犯などは得意な分野である。

クソゴミがアニメファンやゲームファンを犯人扱いすれば、奴らはまたこれに乗じてやるのである。

最近では怠慢な神奈川県警もやっとわかってきたのか、例の連中とクソサヨクを監視してる。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ