フォト

« FaceBookが赤くなっても当然、トップがシナに媚売っておくさんがシナ人じゃ。 | トップページ | 渋谷と川崎のバカ二つ。 »

2015年10月 4日 (日)

本当に反省してるのか?川崎市! 多文化共生の失敗の責任のツケじゃないのか?

>「真摯に反省」再発防止へ

市が連携強化など具体策

掲載号:2015年9月18日号

 川崎市は先ごろ、川崎区で今年2月に起きた中学校1年生殺害事件を受けて設置した庁内対策会議の最終報告書を発表した。再発防止策として、不登校とされる児童生徒だけでなく長期欠席の可能性がある全ての児童生徒を対象に支援することや、関係組織の連携強化策などを盛り込んだ。

 報告書は市が事件を検証し、考察をまとめたもの。関係部署の相互連携が不十分だったとし、「真摯に反省する」という立場を明らかにした。職員一人ひとりが児童生徒のSOSを受信する感度を高めて連携を強化しなければならないとし、今後は部局横断的な取り組みの推進が必要とした。

 教育委員会の再発防止策は、学校に来ないことを何らかの課題があるシグナルと受け止め、不登校の生徒だけでなく長期欠席の可能性がある全ての児童生徒を対象に支援する。SNSなどのインターネットにかかわるトラブルを防ぐため、各学校と家庭の連携を強めながら、情報モラル教育を進めることを打ち出した。

 各学校には、従来型の生徒指導体制を見直し、個への柔軟な対応を図ることを求める。生徒指導担当教諭の校内でのコーディネート機能を高め、個々の生徒の特性に応じた支援・指導につなげる。

 青少年健全育成事業の取り組みでは今年度中に(仮称)子ども・若者プランを策定し、総合的に施策を推進する。町内会や商店会などと連携し、子ども110番事業の推進を図る。

 そのほか、児童相談所が情報を得る仕組みの充実やこども文化センターの機能強化、公園の防犯カメラの設置検討、学校・市教委・警察の連携強化などを盛り込んだ。

 市は今後、関係する部局の横断的な連絡調整機能を設置する方針。今年4月に設置した「こども施策庁内推進本部会議」内に「(仮称)こども安全推進部会」を新設するとしている。<

><タウンニュース川崎市版より引用

本当に川崎市は反省してるのかと言いたくなる、片方で反省してますと言ってもう片方でチョン祭りを応援してる。

これって川崎市が推していた多文化共生の失敗のツケじゃないのか?

その失敗を市民や教育委員会に押し付けて知らん顔じゃ本当に反省してますと言いかねない、桜本(おおひん地区)を始めとして居座るチョンを追い出す事が先決じゃないのか?

本当に困ったちゃんだな川崎市。



« FaceBookが赤くなっても当然、トップがシナに媚売っておくさんがシナ人じゃ。 | トップページ | 渋谷と川崎のバカ二つ。 »

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/61892040

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に反省してるのか?川崎市! 多文化共生の失敗の責任のツケじゃないのか?:

« FaceBookが赤くなっても当然、トップがシナに媚売っておくさんがシナ人じゃ。 | トップページ | 渋谷と川崎のバカ二つ。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ