フォト

« 反政府=反原発=クソサヨク=LINEとの共通点。 | トップページ | 執念深くどっかのバカ労組が可決したのに「戦争法案反対」の署名活動をしていた。 »

2015年9月27日 (日)

LINEもシールズも同調圧力の共通性を持つ、LINEやってないと仲間はずれ シールズで反政府 反原発やってないと仲間はずれ。

>LINEでのいじめは、情報モラルの授業でも取り上げたい

前回、子ども達のLINE依存と同調圧力の関係についてお話しました。仲間はずれになりたくないからLINEをやめられず、さらにまわりに流されることで依存が進む。同調圧力によってそうした状況が生み出されているわけです。そして、この心理的拘束はまた、LINEでのいじめにも無関係ではありません。ネット依存の話からは横道にそれますが、そのいじめの問題についてお話しします。

LINEは仲間はずれを作り出しやすい

LINEを使ってのいじめ行為はよく聞きますが、どの学校でも問題となっているのは、『LINE外し』と言われる「特定の子を仲間はずれにする」ことです。たとえばグループ内の誰かを本人に了解なく勝手に退会させてしまう。退会させられた方は、誰が、どのような理由で自分を外したかわからず、ただ傷ついたり、不安になったり、落ち込むということになります。

また、こんなケースもあります。5人でグループを作っていて、そのうちの誰か1人がちょっと気に食わない場合に、4人でいっせいにグループから抜け、新しいグループを作るというやり方で、残りの1人を仲間はずれにするものです。この時、グループから抜ける側の子達に同調圧力が働いていることは明らかです。

仲間うちの誰かをのけ者にすることは、リアルの学校生活でも間々あることですが、簡単な操作で特定の誰かの書き込みをブロックしたり新しいグループを作ったりできるLINEでは、現実以上にそれがやりやすいのですね。 

また、LINE上でのいじめ行為は、相手の表情などを直接目にしないで済むからか、相手を傷つけているという罪悪感も薄いように思われます。というのも、LINE上で仲間はずれにした子をリアルでも仲間はずれにしているのかというと、必ずしもそうではなく、学校で顔を合わせれば普通に会話するのですから。仲間はずれにした子の側には悪いことをしたという意識がないのだとしか考えられません。おそらくこの子達にしてみれば、グループからそろって抜けたのは、あくまで軽い気持ちで「ちょっと気に入らないから、ちょっと嫌がらせをした」程度のことなのでしょう。

LINEでは困ったことに、スマートフォンの画面を指先で“ちょっと”操作するだけで、気軽に、仲間はずれを作り出すことができてしまうのです。簡単にやってしまいがちですが、エスカレートすると、された側が精神的に追い込まれ、不登校や自殺未遂という深刻な状況に陥ることもあります。

グループトークもいじめの現場になる

LINE上でのいじめには次のようなケースもあります。

【事例4】

Eさんはあるとき、クラスの仲間と一緒にスマートフォンのカメラで写真を撮りました。ごく普通のクラスの集合写真です。ただ、その中でEさん1人だけが皆と違う色のベストを着ていたのです。クラス全体で作っているグループのグループボードにその画像が貼られたあと、Eさんを指していろいろな書き込みが展開されていきます。「ひとりだけ注目浴びたい人?ありえなくない?」。要するにEさんは悪目立ちしてしまったわけです。これを発端として、クラスのグループトークにはEさんに対するイヤミ、あてこすり、皮肉などが次から次へと書き込まれ、さらには問題の画像からわざわざEさんだけを切り抜いたりする子も出てくる始末。本人が事態に気づいたときには、クラスのみんながEさんをネタに、トークで盛り上がっていたのでした。


ここでもいじめに加わっている子達に同調圧力の働いていることははっきりしています。幸いなことに、Eさんはこうした場合でも臆せずにいろいろと言い返すことができる子だったので、結局このケースが深刻ないじめに発展することはありませんでした。けれども、こうした特定の誰かをからかうグループトークが酷いいじめの火種となるケースは少なくないと聞きます。

悪ふざけでは済まないことを教えよう

ところで、この事例の相談中にEさんが意外なひと言をこぼしました。「みんなも悪気があったわけじゃない。ふざけただけ」。こんなふうにグループトークで誰かをからかうのは、いじめではなくて、単なる悪ふざけなのだ、と言うのです。この「悪ふざけ」という言葉は、いじめ事件の報道において、いじめた側の言い訳としてよく耳にしますが、まさかやられた側の子の口から聞くとは…。そこには日常茶飯事にこのようなことが行われている背景が垣間見えます。

改めて言うまでもなく、たとえ加害者の側が自分達のしたことをいじめだと認識していなくても、たとえ酷いいじめにまでエスカレートしていなくても、事例4のようなケースはやはり悪ふざけで済むものではありません。そのことは子ども達に教えなければならないと思います。肉体的な暴力を伴わなくても、いじめは他人の権利を侵す不法行為です。だから、たとえば名誉毀損や侮辱は刑法に定められた犯罪であり、LINE上でのトークでも内容次第では脅迫や強要、恐喝、自殺教唆などの罪になるし、そういった罪の中には未遂でも罰せられるものがある、他人の画像を勝手に貼り付けるのは肖像権の侵害になるといった事実を指摘し、教える必要があるのです。

法律を持ち出して子どもに自制心をつけさせることについては疑問の声もあるかもしれません。わたし自身、小学校・中学校など教育の場で、あまり安易に犯罪というものを持ち出すのはどうかとも考えます。しかしこうした知識が、悪ふざけのつもりでいじめに加担する子達に対するひとつの抑止力になることも確かです。また社会に出れば同様のことが罪になるという意識を持って行動して欲しいと思うのです。

もし事例のようないじめにあったときには、グループトークの内容をスマートフォンのスクリーンショット機能で撮るなどしてすべて保存、プリントアウトし、親に見せて相談しなさいと子ども達にアドバイスしています。いじめやトラブルの証拠は問題が大きくなるのを防いだり、深刻な問題が起きた時に「なぜ」そうなったのかという根本に迫ったりするために役立ちます。子どもが自分一人で抱え込んでしまっては解決に至りませんから、スマホやSNSの利用に関して、大人が想像できない利用やトラブルがあることを身近な大人に相談するにはどうしたらいいか、その道筋を示してあげます。あとは相談を受けた大人が、場合によっては警察に相談するなど、毅然とした態度で対処すれば、いじめを減らすことは決して不可能ではないはずです。

いじめが場合によっては不法行為になること、発信する方が悪ふざけでも受け取る側がいじめと感じることがあること、それはたとえLINEのトーク上でも犯罪として罪に問われる可能性があることは、情報モラルの授業の中で教えていただく必要があると思います。<

><ネット依存相談窓口より引用

本当にどちらも同調圧力の極みである、LINEやってないと人にあらず シールズなど反原発 反政府活動やってないと人にあらずの極みである、特に学生はつながりが学校という世界が大きいためLINEもシールズもある程度の力の集団になってる。

特に危険性をわからずにLINEやシールズに同調して「みんながやってるから」「面白そうだから」と、LINEやシールズに参加して流されるままに「アベ死ね」などを国会前で騒ぎ出す。

その結果LINEイジメや仲間はずれで嫌な目にあったり、新聞やバカゴミに晒されて就職などがはねられたりと、どちらも後に深い傷を残す。

栃木ではママ友のLINEイジメで二人も自殺した悲惨な結果を招いてる、これがもし外に向けられたなら秋葉の加藤や津山30人殺しのような結果を生む可能性がある。

シールズも同じく過激化 先鋭化すれば日本赤軍や連合赤軍みたいに、ハイジャックや爆弾テロなど一般の人にも被害が及ぶ。

まさにLINEとクソサヨクは本当に危険。



« 反政府=反原発=クソサヨク=LINEとの共通点。 | トップページ | 執念深くどっかのバカ労組が可決したのに「戦争法案反対」の署名活動をしていた。 »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

表現規制・児童ポルノ・関連」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/61790027

この記事へのトラックバック一覧です: LINEもシールズも同調圧力の共通性を持つ、LINEやってないと仲間はずれ シールズで反政府 反原発やってないと仲間はずれ。:

« 反政府=反原発=クソサヨク=LINEとの共通点。 | トップページ | 執念深くどっかのバカ労組が可決したのに「戦争法案反対」の署名活動をしていた。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ