フォト

« 川崎市は「川崎国」の悲劇を忘れたのか!、これを記事にする「タウンニュース」もどうにかしてる | トップページ | サイバーエージェントのアメピグは今のLINEと同じく犯罪の温床、サイバーエージェントは前科持ち »

2015年7月17日 (金)

サイバーエージェントによるペニオク詐欺の片棒を担いだ事件、サイバーエージェントは極悪企業

>芸能人ステマ問題
ペニオク詐欺事件が発覚したことにより、逮捕者が運営していたペニオクサイトで高額商品を格安で落札購入した旨の内容(例として市場価格4万5000円~7万円の高額商品を1080円と低額で落札購入した内容[19])を自分のブログで投稿していた複数の芸能人が追及された。その結果、実際には落札していないのに落札したかのようにして装ってペニオクサイトを紹介していたステルスマーケティング(ステマ)だったことが判明した。

ペニオク詐欺事件発覚後、ネット取引の性質上、外部から「ペニオクサイトは詐欺的なシステムではない」と確信することが困難なため、ペニオクサイトについてネガティブな印象が一気に強くなった。それによって、ペニオクサイトを紹介していた芸能人が追及され、逮捕された業者との関係が明らかではないペニオクサイトを紹介していた芸能人がステマ投稿をしていたと認めるケースもあった[20]。逮捕された出会い系サイト運営会社役員は芸能人にブログでのステマ投稿を依頼し、その後でサイト上で複数の芸能人ブログを記載した上で「なんと! 商品を買っている芸能人も多数!」と文言で紹介し、ペニオクサイトで高額商品を格安で落札購入できるよう宣伝・アピールしていた[21]。

問題視された芸能人の投稿には「(業者から提供された)高額商品を所持している場面」や「オークションで低額で落札している場面」を写真として貼っていることや記事タイトルを含め文章で具体的な金額を明示して格安だったことを強調したことなどが多く共通しており(一部例外あり)、特定のペニオクサイトを名称とアドレス付きで紹介していた。また、これらのステマでは高額商品以外にも5万円[22]から40万円[23]までの現金がサイト業者から紹介料として芸能人へ動いていたことが判明した(現金を受け取っていないと主張する芸能人もいた[24])。

「ペニオクサイトをステマ投稿に関与していた芸能人は20人以上[25]」とメディアで報道されたが、そのうち8人の芸能人が実名報道された。ペニオクサイトを紹介のために落札していないのに「落札した」と嘘の投稿に関与した芸能人はそのことについて謝罪した。小森純のようにこの影響で一時的にブログを閉鎖する者もいた[26]。ただし、菜々緒は「問題サイトの認識がないまま掲載したこと」については謝罪しつつも、「サイトを紹介しただけで、落札したとは書いてない」と主張して嘘の投稿をしていたわけではないとして他の芸能人との違いを強調した[24]。

逮捕者が運営していたペニオクサイトをステマ投稿していた数人の芸能人は警察から事情聴取を受けた[27]。警察はブログで嘘の投稿をしていた芸能人の立件も検討したが、ペニオクサイトの実態を知らなかったため詐欺罪等には当たらないと判断され、消費者に誤解を与える虚偽の説明をしたことを「人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした」に該当するとして、軽犯罪法を適用することについても公訴時効(1年)が成立したため、立件できなかった[28]。

多数の芸能人がステマを行っていたことが明るみに出たことから、約13,000人の芸能人ブログを運営するサイバーエージェントは、ステルスマーケティング対策として、違反を繰り返した芸能人のアメーバブログは利用停止とすることを明らかにした<

><ウイキペディアより引用

過去にもサイバーエージェントは犯罪の片棒を担いでいた実績があり、なでしこりんさんの言論弾圧やフェイスブックへの圧力はお手の物。

特にアメブロは芸能人などの利用者が多く、その中でも在日チョンがかなり占める。

社長の藤田もコンピューター関連の雑誌より週刊誌や馬鹿女性週刊誌に多く登場する、パソコン知らないかみさんでもサイバーエージェントの藤田は知ってるから余計始末におえないかな

まさに極悪犯罪企業サイバーエージェント。

« 川崎市は「川崎国」の悲劇を忘れたのか!、これを記事にする「タウンニュース」もどうにかしてる | トップページ | サイバーエージェントのアメピグは今のLINEと同じく犯罪の温床、サイバーエージェントは前科持ち »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/60772800

この記事へのトラックバック一覧です: サイバーエージェントによるペニオク詐欺の片棒を担いだ事件、サイバーエージェントは極悪企業:

« 川崎市は「川崎国」の悲劇を忘れたのか!、これを記事にする「タウンニュース」もどうにかしてる | トップページ | サイバーエージェントのアメピグは今のLINEと同じく犯罪の温床、サイバーエージェントは前科持ち »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ