フォト

« 東京国際ブックフェアのコマ割り発表で明らかになった台所事情。 | トップページ | 電子の波は情け容赦なく書店や取り次ぎを襲う! »

2015年6月27日 (土)

会社の台所まで火の車でケツに火がついた「けつもんた」、このまま命の火も消える寸前だな

>かつては“夜の銀座の帝王”と呼ばれた、みのもんた(70)。しかし最近では高級バーで目撃されなくなり、現れたとしても比較的安いクラブなのだという。
 みのが社長を務める芸能事務所兼、水道メーター製造販売会社の『ニッコク』は、みのの情報番組の司会復帰の目途が立たないために経営危機に陥っているとの情報が流れている。
 「『ニッコク』は、年商の4割がみののタレント業ですが、次男が起こした事件で、芸能プロの年収も激減して久しい。期待していたレギュラー番組の司会の依頼も、待てど暮らせど来ない状態が続いているのです」(みのを知る芸能関係者)
 みのの次男の窃盗事件が発覚したのは一昨年の9月。みのはその責任を取る形で、TBS系の『朝ズバッ!』と『サタデーずばッと』を降板した。
 「現在、テレビのレギュラー番組は『秘密のケンミンSHOW』(日テレ系)1本のみ。それでも、昨年10月に開いた“古希の祝い”のパーティーには各テレビ局の役員クラスが出席し、今年4月には古巣のTBSとフジの情報番組で司会復帰するのではと囁かれていた。みの本人もそのつもりでいたのでしょう。情報番組の仕事が戻るまで、『秘密のケンミンSHOW』を確保しようと、番組プロデューサーやスタッフを銀座のクラブで接待していたのです」(事情通)
 しかし、『朝ズバッ!』のような情報番組のオファーが来ることはなかった。
 「1月以降、特に3月頃からは銀座でみのの姿を見かけなくなりましたね。5月に8丁目で見たというクラブ関係者はいましたが、比較的安いクラブと常連のバー『A』に寄って、すぐに帰ったと聞きました」(みの常連のクラブ関係者)
 『ニッコク』の内情に詳しいテレビ関係者は言う。
 「次男の不祥事が起こる前まで、『ニッコク』の年商は約30億円でした。そのうちの4割を占める芸能プロの収入が半減したことは大きい。銀座遊びする余裕はまったくないはずです」
 タレント生命と同時に、事業家生命の崖っぷちに立たされた。<
><週刊実話より引用
記事のソースが「週刊実話」で眉唾物だが会社も経営危機で台所は火の車の様相だ、あれだけ無知な「お花畑高齢者」に支持をされていた「ケツもんた」もついに本当にケツに火がついた。
電子情報デバイス インターネット回線の普及などで奴が頼りにしていた「テレビ」「ラジオ」は没落。
息子の窃盗事件 入札に伴う不正で自治体の入札禁止が追い討ちをかけた。
売りに出している「ケツ御殿」も買い手がつかない。
奴の命の灯火も無いな。

« 東京国際ブックフェアのコマ割り発表で明らかになった台所事情。 | トップページ | 電子の波は情け容赦なく書店や取り次ぎを襲う! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/60530068

この記事へのトラックバック一覧です: 会社の台所まで火の車でケツに火がついた「けつもんた」、このまま命の火も消える寸前だな:

« 東京国際ブックフェアのコマ割り発表で明らかになった台所事情。 | トップページ | 電子の波は情け容赦なく書店や取り次ぎを襲う! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ