フォト

« またスーパーから「缶詰」が消えるのか?嫌だな、納豆の捏造を忘れたのか? | トップページ | 糞サヨのプロパガンダになった糞タウン紙の「タウンニュース」、本当にバカゴミは上から下まで腐ってる! »

2015年5月21日 (木)

広がる二次被害、高齢者抹殺作戦の様相になってきた「川崎簡易宿泊所」放火事件

>川崎市川崎区で簡易宿泊所2棟が全焼し、6人が死亡、19人が重軽傷を負った火災を受け、同市が区内の簡易宿泊所の緊急立ち入り検査を行う中、居住者らからは防火対策などに対する不安の声が出ている。
 違法建築の疑いがあるとされている2棟と同じ吹き抜け構造の宿泊所が相次いで見つかっており、「違法性を指摘されたら住めなくなるのでは」「火災時に逃げられるのか」と懸念する居住者らは少なくない。
 19日の緊急検査では、資料上は2階建てなのに、実際は2、3階が吹き抜けで実質3階構造の宿泊所が9棟見つかった。市は、市への届け出と実際の階数が異なることなどから建築基準法などに違反する疑いがあるとみている。市は今週中に、簡易宿泊所が集中する同区内の49施設すべてで避難口の確認や消防設備の設置状況などを点検する。
 同区日進町の宿泊所。全焼した「吉田屋」「よしの」と同じ、木造で2、3階が吹き抜けの3階構造をしており、従業員は「3階建てだから違反と言われても、建て直すには多額の金がかかる」と不安を隠さない。居住者には生活保護を受給している人が多い。「簡易宿泊所は最後のとりで。なくなると困る人がたくさんいる」と話す。
 別の宿泊所の2階に住む男性(67)は、「火事になったら、あっという間に火の海になるだろう」と心配する。電気関係の会社が倒産し、寮から出された5年前から簡易宿泊所で暮らす。60歳を過ぎてからの再就職は厳しく、生活保護の受給を始めた。<
><読売新聞WEBより引用
違法であっても住む所は無い、ドヤ街ともう一つの貧困ビジネスが浮き彫りになって来たが、かつての労働者の街も今は福祉の街になってる。
特に川崎市は在日特権で「生活保護」を受けて来た在日チョンと、増えて来た「高齢者」の生活保護をめぐってのパイの取り合いが顕著になって来た。
まずは違法建築丸出しで生活保護の高齢者が多い「簡易宿泊所」を狙って放火をして「高齢者抹殺」を遂行したのであろう、次に狙われるのは高齢者世帯が多い古いアパートである。
一般の古いアパートとなれば一般にも被害が及ぶので「消防団」が警戒強化で巡回してる。
生活保護のパイの取り合いで在日が高齢者を殺す!

« またスーパーから「缶詰」が消えるのか?嫌だな、納豆の捏造を忘れたのか? | トップページ | 糞サヨのプロパガンダになった糞タウン紙の「タウンニュース」、本当にバカゴミは上から下まで腐ってる! »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/60078268

この記事へのトラックバック一覧です: 広がる二次被害、高齢者抹殺作戦の様相になってきた「川崎簡易宿泊所」放火事件:

« またスーパーから「缶詰」が消えるのか?嫌だな、納豆の捏造を忘れたのか? | トップページ | 糞サヨのプロパガンダになった糞タウン紙の「タウンニュース」、本当にバカゴミは上から下まで腐ってる! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ