フォト

« 今度の「しばき隊」ターゲットは「東京国際ブックフェア」か? | トップページ | 天下国家の一大事にこじつけて騒ぐクソサヨク 反原発。 »

2015年5月29日 (金)

多文化共生という名の「多文化強制」はできません、特に「チョン」「シナ」「クソサヨク」との共生はできません。

>市教委と市ふれあい館は「いま、『ともに生きる』ことを考える」講座を6月10日(水)から7月4日(土)まで全5回実施し、参加者を募集している。
 同講座は、多文化共生という言葉が社会で定着してきたことを背景として、いま必要とされる生き方を社会学やジャーナリズム、東日本大震災など様々な分野から考えていく。
 第1回は「『ともに生きる』ことをなぜいま考えるのか〜格差と差別〜」と題し、慶應義塾大学の塩原良和教授が講師を務める。グローバル化によって、国境を越えて人や物、情報が自由に行き来する時代に、今何が起きているのか、ともに生きることの難しさの原因はどこにあるのかを考える。
 各回テーマと講師は以下の通り。▽第2回「メディアは『いま』をどう見ているか」、石橋学さん(神奈川新聞記者)▽第3回「フクシマの現場の声を通して、ともに生きる『いのち』を考える」、片岡輝美さん(放射能から子どものいのちを守る会代表)▽第4回「多文化な街で、ともに働き、ともに生きる意味」、三浦知人さん(青丘社事務局長)
▽第5回「講義とフィールドトリップ〜『ともに生きる』街を歩く〜」山田貴夫さん(大学講師)
 同館は、「生きづらさを抱えている人に来てほしい」と参加を呼び掛ける。
 時間は、水曜日が午後7時から9時、土曜日が午後1時30分から3時30分。定員は25人。参加費無料。申し込み、問い合わせは、同館(【電話】044・276・4800)へ。<
><タウンニュース川崎区版より引用
まったく「ふれあい館」とか言ってるが実質「チョン」のプロパガンダ機関だよ、川崎市の暗黒地帯「桜本」にあるから余計嫌になってくる。
多文化共生という名の多文化強制に反対!シナ チョン クソサヨクとは共生できません!
これを宣伝する「タウンニュース」も阿呆!

« 今度の「しばき隊」ターゲットは「東京国際ブックフェア」か? | トップページ | 天下国家の一大事にこじつけて騒ぐクソサヨク 反原発。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/60174941

この記事へのトラックバック一覧です: 多文化共生という名の「多文化強制」はできません、特に「チョン」「シナ」「クソサヨク」との共生はできません。:

« 今度の「しばき隊」ターゲットは「東京国際ブックフェア」か? | トップページ | 天下国家の一大事にこじつけて騒ぐクソサヨク 反原発。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ