フォト

« 落書き犯まで登場!ますます荒れる川崎国舟橋祭り | トップページ | 広まる風評被害 キャンセルが相次ぐホテル 自分も明日の展示会の仕事見送り。 »

2015年3月 4日 (水)

葬儀も荒ぶる川崎国 殺人犯も少年なら葬儀で荒ぶった奴も少年、まさに「目くそ 鼻くそ 五十歩百歩」

>神奈川県川崎市の多摩川河川敷で遺体で発見された中学1年、上村遼太さん(13)の通夜が2日に行われ、パトカーが駆けつける騒ぎとなった。同級生や保護者が「今までありがとう」とうつむきがちに話すなか、上村さんの友人らが通夜の様子をネット配信する人物にからみだし、警察までやって来たのだ。友人らは殺人容疑で逮捕された少年A(18)を「殺す!」と殺気立っていた。遺体発見現場に献花に訪れた人たちも「極刑にしてほしい」と少年法に疑問を持っている。

「おいお前、何やってんだよ!?」——。しめやかに営まれるはずの通夜の会場前で、10代の少年たちが、ある人物を取り囲んだ。ノートパソコンを首から提げたこの人物は、ネットで動画配信をすることで、ネットユーザーの間では有名な少年だった。通夜の生配信をしていたことに、上村さんの友人らが怒って詰め寄ったわけだ。

 そこへ会場から学校教諭と思われる関係者がやって来て、「君、不謹慎でしょう。とにかくパソコンを閉じて」と注意すると、「だったらタクシーを呼んでください!」とネット少年は応じ、しばらくすると姿を消していた。

 この後、友人らは通夜に訪れた同級生や保護者を取材する報道陣に対し、「かわいそうだろ」と取材相手を帰らせることまで始めた。そこへ、誰が呼んだか、パトカーが駆けつけて、友人らに注意をすると、しぶしぶ帰っていった。友人の一人は「Aを殺す!」と殺気立っており、やり場のない怒りがあったと思われる。

 前出のネット少年は、Aが逮捕された2月27日にもAの自宅前から生配信。自宅はバレバレで、このときも警察官が「近所迷惑だから撮るのやめてもらっていいですか」とネット少年を注意していた。ネット少年は「報道の自由があるなら僕にもある」と主張。名前や住所を聞かれても、「任意なので答えません」と繰り返し、警察官は撤退した。

 A宅前で取材していた全国紙社会部記者は「これはこれですごい興味深いですよね。Aの名前は少年法で表に出ないけど、それを破っているのも少年ですよ」とあきれていた。

 この事件では少年法がクローズアップされている。Aは同級生の少年B(17)と職人の少年C(17)とともに殺人容疑で逮捕された。Aは夜中に上村さんと合流し、現場へ。上村さんの服を脱がせ、冬の多摩川を泳がせたという。そして、カッターナイフで首を切って殺害。服は近くの公園のトイレで燃やしている。犯行の残虐さや証拠隠滅工作は少年のやることではない。

 2日、東京都葛飾区から遺体発見現場を訪れた13歳男子中学生の父親(43)は「少年法をどうにかしてもらいたい。犯人には極刑を望みますよね。やってることが卑劣で、大人も子供も関係ないですよ。僕の年代でもコンクリート事件があった。時代が変わっても似た事件は起こってしまう」と憤る。通夜に訪れた上村さんの同級生は「犯人には刑務所から出てきてほしくないです」とつぶやいた。

 Aが逮捕された日、パトカー騒ぎを起こした上村さんの友人は「少年法で裁かれるのは納得いかない。警察は本気で動いてくれない。逮捕まで長い」と激白。少年が少年法を批判し、成人と同じ法律で裁かれるべきだとした。

 少年による凶悪事件が相次ぎ、刑罰対象の低年齢化と厳罰化が進んでいる。それでも、18歳未満の場合、重い判決が下されることはまれ。「少年事件の凶悪化」が叫ばれる現在、犯罪を予防する観点から、少年法のあり方が議論になっている。<

><東スポWEBより引用

被害者の葬式まで荒ぶった「川崎国」川崎市民も川崎区の事を「川崎国」と罵るようになった、葬式の実況中継まで出るガキまで出現してパトカーまで出る騒ぎだ。

葬儀も荒ぶる「川崎国」。

« 落書き犯まで登場!ますます荒れる川崎国舟橋祭り | トップページ | 広まる風評被害 キャンセルが相次ぐホテル 自分も明日の展示会の仕事見送り。 »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/59138210

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀も荒ぶる川崎国 殺人犯も少年なら葬儀で荒ぶった奴も少年、まさに「目くそ 鼻くそ 五十歩百歩」:

« 落書き犯まで登場!ますます荒れる川崎国舟橋祭り | トップページ | 広まる風評被害 キャンセルが相次ぐホテル 自分も明日の展示会の仕事見送り。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ