フォト

« 在日犯罪の多発で「三ツ池公園」から「コリア庭園」の撤去を望む! | トップページ | 舟橋のおかげで川崎市に観光と経済に大打撃! »

2015年3月 3日 (火)

赤い弁護士の脅しに負けるな! 弁護士など所詮人間のクズ! 橋下を見ればわかる!

>「犯人情報」「犯人特定」。2月20日の事件発生後、インターネット上には実名や顔写真、住所などの情報が次々と掲載された。情報が次々とコピーされ拡散が続き、「容疑者」として10人近い人が実名で名指しされている。「誤った情報の可能性がある」と断っているが、実名を載せた同じような情報の書き込みは複数のサイトに残ったままになっている。

 ツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でも拡散は止まらない。本人だけでなく、家族だとする写真も出回り、掲載されている。関係者を語る人物もいたが、真偽が不確かな書き込みが多いのが実情だ。

 ネット上の書き込み問題に詳しい深澤諭史弁護士は、少年事件にもかかわらず「個人の名誉に関わる情報があまりに気軽に書き込まれている」と話す。「この事件と関係の無い人物を犯人と名指しした場合、関係者が訴えれば書き込んだ本人、情報をまとめた人物がプライバシー侵害や名誉毀損に当たる可能性がある。仮に事実であったとしても(加害少年の特定につながる実名などの報道を禁止する)少年法の条項もあり、ネット上だけ実名でいいということにはならない」と説明。さらに「自分が直接書き込まず、コピーやリンクしただけであったとしても名誉毀損に当たるリスクは残る」と指摘する。

 事件に関して真偽不確かな情報が際限なく広がっていくネットの世界。対策はあるのか。深澤弁護士は「ネット上で『殺す』『爆破する』という書き込みが大幅に減ってきた。関係機関が取り締まってきたからだ。表現の自由は大事だが、無制限ではない。犯罪を憎むという感情は正しいと思うが、それでネット上に『さらす』行為を正当化することはできない。リスクがある行為だと繰り返し伝えていく必要がある」と話している。<

><ヤフーニュース 元ネタ毎日新聞より引用

赤い弁護士が躍起になって真実を潰そうとしてる、こんなのはただの脅しだ!裁判所もそこまで暇じゃないからいちいちネットの事まで取り合ってらんない。

弁護士など所詮人間のクズ! 橋下がいい例で弁護士自体ろくでなしの集まりだ。

赤い弁護士とバカゴミに負けずに曝して晒すぜ!


« 在日犯罪の多発で「三ツ池公園」から「コリア庭園」の撤去を望む! | トップページ | 舟橋のおかげで川崎市に観光と経済に大打撃! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

表現規制・児童ポルノ・関連」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/59124636

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い弁護士の脅しに負けるな! 弁護士など所詮人間のクズ! 橋下を見ればわかる!:

« 在日犯罪の多発で「三ツ池公園」から「コリア庭園」の撤去を望む! | トップページ | 舟橋のおかげで川崎市に観光と経済に大打撃! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ