フォト

« バカゴミのウソがまたバレた!「絆」でブライダル業界絶好調はウソ!本当は「瀕死状態」の末期症状 | トップページ | バスケットボールは悪のスポーツ? 印象操作じゃないのか? »

2015年2月24日 (火)

チョンと暴力カルト宗教とペテン紙は笑顔でやって来る、笑顔で偽装するのはチョンの常套手段

>神奈川・川崎市の多摩川河川敷で、中学1年の男子生徒が遺体で見つかった事件で、同級生の友人から、事件の解明につながる重大な証言が得られた。少年は、暴行を受けていたことを明かし、「いい先輩だと思っていたのに」とも話していたという。
少年の左目には、殴られてできたという、黒いあざがあった。
さらに、左ほほも、青く変色していた。
前髪を上げた別の写真では、額にも赤い傷があった。
友人は「本当に、顔パンパンの状態で、顔面全部、青タンだらけでした。めっちゃ怖がっていました。『絶対に言わないでください』って」と話した。
その1カ月後、変わり果てた姿で見つかった、中学1年の上村遼太さん(13)。
2014年12月、上村さんが友達とゲームをする姿が撮影されていた。
相談を受けていた同級生は、「グループを抜けたいと言って、そこからすごく暴力が激しくなって、毎日連れ回されて、おなかを殴ったり、乗っかったり」と話した。
20日朝、川崎市の多摩川河川敷で、首を刺されるなど、全裸の状態で死亡しているのが見つかった。
上村さんの遺体が発見された、黒いフェンスのあたりから数十メートル離れた草むらで、凶器の1つとみられるカッターナイフの刃が見つかった。
さらに、ここから大量の血痕も発見されたという。
遺体発見現場には、血痕が少ししか残されておらず、上村さんは、大量の血痕があった場所から、殺害後に移動させられたとみられることが、新たにわかった。
明るい性格で、学校でも人気者だったという上村さんに、いったい何が起きたのか。
小学校の文集に、上村さんは、「西ノ島では、学校が終わると、友達と5人くらいで海水浴をしに行きます。川崎の海より透き通った青色をしていて、きれいです」とつづっていた。
上村さんは2013年9月、島根県の離島、西ノ島から川崎市に、家族とともに引っ越してきた。
上村さんは、西ノ島の海水浴場が非常に好きだった。
たびたび、海水浴場で、友人たちと海水浴を楽しんでいる姿が目撃されていた。
大自然に囲まれて育った上村さんの小学校の文集には、島の子どもたちとの楽しい思い出がつづられていた。
文集に、上村さんは「昼食は島の名産のイカ焼きが、たまに出ます。西ノ島の友達とたまに連絡を取り合って、これからも良い関係を続けていきたいです」とつづっている。
島から都会へ。
中学校では、バスケットボール部に所属し、人気者だったという上村さん。
2014年の夏、そんな上村さんが、島に帰ってきたという。
以前通っていた小学校の校長は、「いろいろなアイデアマンであり、チームの中心的な存在であり、ムードメーカだった」と語った。
その時には、悩んだ様子はなかったという。
このころ、上村さんに、変化が表れたという。
友人は、「夏休みくらいから、つるむ人が変わってきて。やることが悪くなってきたり」、「あまり柄が良くない人たちと一緒にいたところは、見たことがあった」などと語った。
変わっていった友人関係。
2015年1月からは、学校を休み、家にも帰っていなかったという。
上村さんの友人は、「学校も部活もサボっていて、1月下旬ごろに『学校来いよ』って言ったのが最後。(上村さんは)『暇だったら行くね』って」と話した。
そして、事件の1カ月前、顔面に大けがをした上村さん。
その写真を見た医療ジャーナリスト・森田 豊医師は、「皮下出血を起こしている部分が黒いので、深いところにまで出血している可能性が高いので、かなり強い力がかかったのではないか。硬いもので、強く頭をぶたれたのではないか。傷を見ると、ジグザグになっている」と話した。
上村さんに、いったい何があったのか。
FNNの取材で、事件解明に直結するかもしれない証言が明らかになった。
友人は、1月ごろ、上村さんから相談を受けていたという。
相談を受けていた同級生は、「『いい先輩だと思ってグループに入ったのに、こういう暴力があると、どうすればいいのか』と。彼が『グループをやめる』と言ったら、どんどん暴力がひどくなって。『すごくヤダ』みたいな。『ヤバイ、殺されるかもしれない』とか。『集団で2〜3人で、5人くらいは見ていて笑った』と。止められるなら、止めてあげたかった」と語った。<
><ヤフーニュースより引用
川崎市内は警戒が厳しく近所でも交番カブによるパトロールが頻繁だ、これだけかなりの警戒はオウムの高橋容疑者以来の騒動である。
特に中学三年生は私立の発表 入学手続きなどで早く帰るため、高校に行けない学力の無いヤンキーDQNがショッピングセンターやゲームセンターで悪さをするから余計警察が厳しくなってる。
これを見て思ったのは「いい顔」をしてやって来る奴はロクでもない輩が多い、特に「暴力カルト宗教」「チョン」「ペテン師」は本当に「いい顔」してやってくる。
これらに付き合ったら最後「ケツの毛まで抜かれる」のである。
笑顔で近寄る奴は「チョン」!注意せよ

« バカゴミのウソがまたバレた!「絆」でブライダル業界絶好調はウソ!本当は「瀕死状態」の末期症状 | トップページ | バスケットボールは悪のスポーツ? 印象操作じゃないのか? »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/59044071

この記事へのトラックバック一覧です: チョンと暴力カルト宗教とペテン紙は笑顔でやって来る、笑顔で偽装するのはチョンの常套手段:

« バカゴミのウソがまたバレた!「絆」でブライダル業界絶好調はウソ!本当は「瀕死状態」の末期症状 | トップページ | バスケットボールは悪のスポーツ? 印象操作じゃないのか? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ