フォト

« 青木大和の次は山本ハゲ太郎が「安倍政権打倒工作サイト!」、気をつけるべし | トップページ | ろくでなしこはわいせつ 田県神社 かなまら祭りは「神事」 »

2014年12月 4日 (木)

お隣の鶴見区は放火が増えてます、特にチョンが多くチョン校のある「小野町」は危険です。

>今年の区内の火災発生件数が、11月27日現在で市内ワーストの105件(速報値)と、既に昨年の年間件数(97件)を上回ったことがわかった。鶴見消防署(高松益樹署長)は要因として放火の増加を挙げており、区民に注意喚起を図っている。

 鶴見署によると、区内の発生件数は昨年同時期に比べ18件増。過去10年で最悪を記録しており、市内で2番目に多い中区の77件を大きく引き離している。

 火災原因別でみると、放火が昨年から7件増の31件と最も多かった。続いてたばこ18件、こんろ7件、食用油過熱出火5件となっている。

 区内の自治連合会別でみると、大黒ふ頭・末広町等の15件に次いで、鶴見中央地区の12件、市場地区、生麦第二地区の9件、駒岡地区の8件と続いている。人口一万人あたりの出火件数を指す出火率では、小野町地区が14・48(4件)と最も高く、潮田中央地区も11・05(5件)と高い値となっている。

 火災増加の原因の一つに、鶴見署は放火の増加を挙げている。同署庶務課のの福元五喜課長は「特に中学生の放火や火遊びが多い」と現状を嘆く。

 12月は空気が乾燥し、火災が発生しやすい気象状況となっているという。同署予防課の二本木純一課長は「広報車で火災予防を呼びかけるなど、いっそう啓発活動に努めたい」と区民への注意喚起に力を入れる考えを示した。<

><タウンニュース鶴見区版より引用

特にチョンの多い「小野町」や「潮田」などが放火の出火率が多い、延焼面積などは減少してるのは「消防署」「消防団」の方々の懸命な努力である、本当に「消防署」「消防団」の皆様に「敬礼!」である。

これから暖房器具で火を使う機会が多いので、皆様も火事には注意しましょう。

特に投票日が近くなると「チョン」や「クソサヨク」、それに指揮されたDQNリアル厨房が悪さします、警戒を怠るな!

« 青木大和の次は山本ハゲ太郎が「安倍政権打倒工作サイト!」、気をつけるべし | トップページ | ろくでなしこはわいせつ 田県神社 かなまら祭りは「神事」 »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/58171256

この記事へのトラックバック一覧です: お隣の鶴見区は放火が増えてます、特にチョンが多くチョン校のある「小野町」は危険です。:

« 青木大和の次は山本ハゲ太郎が「安倍政権打倒工作サイト!」、気をつけるべし | トップページ | ろくでなしこはわいせつ 田県神社 かなまら祭りは「神事」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ