フォト

« ろくでなしこはわいせつ 田県神社 かなまら祭りは「神事」 | トップページ | 選挙違反が怖いのか?資金が無くなったのか?「特例秘密保護法」でテロリスト認定で逮捕されるのが怖いのか? バカ自転車に掲示無し。 »

2014年12月 5日 (金)

未だにこんなバカを信じてる奴がいるの?本当に「バカは死んでも治らない」な

>テレビから姿を消して久しい細木数子の近影を、4日発売の「週刊新潮」(新潮社)が激写している。例年行われている、細木が主催する勉強会の会場から出てきた際のワンシーンとのことだが、記事によると細木は自身の寿命を「あと5年」と語っているそうで、さらに現在、死に支度として70億円を掛けた寺を建築中という近況も伝えられているが――。

「掲載されている写真は、細木が小型犬を抱っこしながら歩いているというもの。以前『激ヤセした』と話題になった昨年の『六星占術による霊合星人の運命(平成26年版)』(ベストセラーズ)の写真とはずいぶん違った印象で、頬はずいぶんとふっくらしており、体形もかつての恰幅の良さを彷彿とさせます」(芸能ライター)
 かつての“激ヤセ説”を払拭する近影だが、記事では細木の勉強会についても詳報されている。参加者は老若男女合わせて100人ほどで、それぞれ1万円の会費を支払っていたという。細木は参加者らに「自分の墓を建てるべき」と説いていたが、その指導料にも10万円、さらに人生相談にも別途10万円が上乗せされるそうだ。<

><楽天インフォシークより引用

こんなバカを信じるなら、まだ「川崎大師」にお払いしてもらった方が安いし効果がある、細木にしても橋下にしてもまだテレビ芸人を信じてるバカがいるとはあきれかえる。

「バカは死ななきゃ治らない」じゃなく「バカは死んでも治らない」だなこりゃ。

« ろくでなしこはわいせつ 田県神社 かなまら祭りは「神事」 | トップページ | 選挙違反が怖いのか?資金が無くなったのか?「特例秘密保護法」でテロリスト認定で逮捕されるのが怖いのか? バカ自転車に掲示無し。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

馬鹿スピリチャル・クソオカルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/58180230

この記事へのトラックバック一覧です: 未だにこんなバカを信じてる奴がいるの?本当に「バカは死んでも治らない」な:

« ろくでなしこはわいせつ 田県神社 かなまら祭りは「神事」 | トップページ | 選挙違反が怖いのか?資金が無くなったのか?「特例秘密保護法」でテロリスト認定で逮捕されるのが怖いのか? バカ自転車に掲示無し。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ