フォト

« 完全にスローガン無しの「金網フェチ」と化した共産党バカ自転車。 | トップページ | 隠す事でも「美しさ」が伴う、「チョン」や「ろくでなし子」にこの美学が解らないのである。 »

2014年12月26日 (金)

学校から「日教組 全教」「在日シナチョン」を叩き出さない限り「いじめ」の悲劇は続く

>大阪府守口市の市立小学校で、昨年から今年にかけて、女児(現在5年生)に対し、同級生の女子らが給食に異物を混入するなどのいじめを繰り返していたことが市教委の調査で分かった。

 女児は転校した。市教委によると、男児二十数人も同様の被害を受けていたといい、学校は25日、同学年の児童全員を対象に健康被害調査を始めた。

 市教委によると、学校は昨年5月、4年生女児の保護者から「いじめの疑いがある」との訴えを受けた。この時は実態が分からず経緯を見守ったが、同10月に再び訴えを受けた学校が聞き取り調査を実施。同級生の女子6人が、女児に悪口を言うなどしていたことを認め、保護者とともに女児側に謝罪した。

 しかし、5年生に進級後の今春、女児側からの訴えで学校は調査を再開。加害グループが女児の靴の中に画びょうを入れたり、給食に髪の毛を入れたりしたことを認め、別の5年生女子グループ(6人)も女児をいじめていたことが分かった。女児は1か月間、不登校になり、一時復帰したが、結局、転校した。

 さらに、この二つの女子グループが、同級生の男児二十数人にも給食に異物を混入する行為を繰り返していたことも判明した。何を混入させたかは特定できないが、学校の調査に対し、両グループの女子らは「鉛筆の芯などを入れた」と混入を認めているという。

 一連の経緯について、学校はこれまで複数回、5年生や全校の保護者らを対象に説明会を実施。保護者からは「子供が給食を食べて嘔吐おうとした」との声も上がっており、学校は25日から、5年生全員を対象に健康被害がないか調査を始めた。<

><ライブドアニュースより引用

まったく在日チョンのはびこる「大阪民国」である、本当に学校や教育現場から「日教組 全教」「在日シナチョン」を叩きださない限りいじめの悲劇は無くならない。

日教組 全教 在日シナチョンを学校から叩きだせ!

« 完全にスローガン無しの「金網フェチ」と化した共産党バカ自転車。 | トップページ | 隠す事でも「美しさ」が伴う、「チョン」や「ろくでなし子」にこの美学が解らないのである。 »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/58383134

この記事へのトラックバック一覧です: 学校から「日教組 全教」「在日シナチョン」を叩き出さない限り「いじめ」の悲劇は続く:

« 完全にスローガン無しの「金網フェチ」と化した共産党バカ自転車。 | トップページ | 隠す事でも「美しさ」が伴う、「チョン」や「ろくでなし子」にこの美学が解らないのである。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ