フォト

« 隠す事でも「美しさ」が伴う、「チョン」や「ろくでなし子」にこの美学が解らないのである。 | トップページ | 嫌韓本の反乱は当然の出来事、これを規制する「出版界」の頭の中がおかしい、チョン絶賛本など絶滅しても当然。 »

2014年12月28日 (日)

ホームレスを扇動してガードマンをぶん殴る暴力行為をしたのだから、行政の対応は当然である

>渋谷区が野宿者を締め出すねらいで26日朝から公園に施錠した。公園は1月3日まで9日間、一般の人も利用できなくなる。

 施錠したのは宮下公園、神宮通公園、美竹公園。いずれも野宿者が炊き出しなどでよく利用する公園だ。

 年末年始、生活保護の窓口は閉まり、食事にも事欠く。この期間中、野宿者たちは宮下公園で炊き出しをする予定だった。命をつなぐためだ。

 宮下公園は分かりやすい場所にあるため、渋谷区外からも迷わずに たどり着く ことができる。食うや食わずの野宿者にとっては持ってこいの場所だ。

 渋谷区はそこを使用禁止にするのだから、命の重みなど頭の片隅にもないのだろう。
 
 渋谷区の桑原敏武区長は、新庁舎説明会(11月12日)の際、「公園は炊き出しをする場所ではない」と明言した。桑原区長の意向を受けた「水と緑・公園課」が強行策をとった。

野宿者と支援団体から抗議を受けた「水と緑・公園課」の吉武成寛課長は、野宿者締め出しの最大の理由を「炊き出しに火を使うため」と説明した。

 吉武課長はイベントでのガスコンロ使用については「区が責任を持てるから」と答えた。野宿者は炊き出しで一度も火の不始末をしでかしたことはない。明らかに偏見である。

 渋谷区は昨年末、宮下公園から野宿者を追いやった。野宿者たちは北隣の「神宮通公園」に移って食いつなぎ夜露をしのいだ。

 今年は宮下公園に加えて、神宮通公園も美竹公園も野宿者が使えないようにしたのである。

 年の瀬に弱者を締め出すとは人間の所業ではない。生活に困った者に救いの手を差し伸べるのが行政の仕事のはずだ。

 世間にとって26日(金)はまだ平日だ。年末年始でもない。御用納めの日、役所の都合で施錠したのである。<

><BLOGOSより引用

川崎市もホームレスの問題に頭を痛めているが、支援者と市役所が穏便な話し合いをやってるのでこの問題はある程度解決してる、しかし今回の渋谷区の措置は当然でこれを書いた「田中龍作」がホームレスや支援者と一緒になって渋谷区役所で暴れてガードマンをぶん殴ってケガを負わせている。

バックにいる支援者も「キリスト教教会」で当然「反日サヨク」のお仲間である、特に酷いのが「カトリック」の「正義と平和委員会」やら「日本聖交会(英国国教会)」「日本キリスト教団」がまさにクソサヨクの巣窟化してる。

チョンと結びついてる「日本ホーリネス教団」「日本キリスト教会」も酷い。

今回の渋谷区の対応は当然である、クソサヨク 反日勢力に対して公園封鎖は当然の措置である。

« 隠す事でも「美しさ」が伴う、「チョン」や「ろくでなし子」にこの美学が解らないのである。 | トップページ | 嫌韓本の反乱は当然の出来事、これを規制する「出版界」の頭の中がおかしい、チョン絶賛本など絶滅しても当然。 »

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/58399735

この記事へのトラックバック一覧です: ホームレスを扇動してガードマンをぶん殴る暴力行為をしたのだから、行政の対応は当然である:

« 隠す事でも「美しさ」が伴う、「チョン」や「ろくでなし子」にこの美学が解らないのである。 | トップページ | 嫌韓本の反乱は当然の出来事、これを規制する「出版界」の頭の中がおかしい、チョン絶賛本など絶滅しても当然。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ