フォト

« なぜ一般市民が「特定秘密保護法」を恐れるのか?反対派はシナチョンの手先で「非国民」「国賊」間違い無し! | トップページ | 糞サヨが偉人とバカチョンを集める「川崎市」とそれを記事にする東京新聞 »

2014年12月 6日 (土)

今度は「ブラックバイト」でバカ学生の肩を持つ「クソサヨクNPO」と「糞ゲンダイ」

>学生が学業に支障が出るほど働かされる「ブラックバイト」問題が深刻化している。NPOや弁護士がつくる市民団体「ブラック企業対策プロジェクト」の調査によれば、バイト経験のある大学生約2500人のうち、「希望していないシフトに入れられた」「残業代不払い」など“不当”な扱いを受けたのは、約7割に上ることが分かった。

 これほど人手不足が騒がれ、売り手市場とされているのだから、ブラックバイト問題など消滅しておかしくないのに、なぜ問題は続いているのか。人事コンサルタントの常見陽平氏は言う。

「バイトする学生自体は減っていると聞きます。ですが、バイトせざるを得ない学生の切実度が増している印象です。求人は多いけど『家から通える』『授業のない日にできる』など条件が合うバイトは見つけにくい。結局、ブラックバイトをせざるを得ないケースが多いようです。そもそも、求人が多いのはブラック化が指摘される飲食など、一部の業種に偏っている。辞めて他に移っても、同じブラックな労働環境という場合も少なくないのです」

 アベノミクスによって、若者や主婦の非正規雇用者が急増したのも大きい。この2年間で非正規は100万人以上増えている。夫の実質賃金が減って、共働きせざるを得ない主婦が増えているためだ。悪い条件でも職を望む人が急増している。

「勤務時間に融通が利くフリーターなどが増加したことで、アルバイト市場における学生の価値も下がっています。バイト面接で、要望を伝えて何社も落とされた学生もいます。クビになりたくない一心で、劣悪な環境でも我慢するのです」(ブラック企業アナリストの新田龍氏)

 学生バイトも、「いつでも辞めればいい」なんて甘い世界じゃないようだ。<

><ゲンダイWEBより引用

今度は仕事も勉強もできない「バカ学生」を援護し始めたか「糞ゲンダイ」、コンビニとかファーストフードは使えないバカバイトに当たると最悪である、店長クラスが出て来てやっと収拾がつく。

類は友を呼ぶだなこりゃ、糞学生にバカサヨクNPOとバカゲンダイ。

まとめて機銃掃射で蜂の巣にしたい。

« なぜ一般市民が「特定秘密保護法」を恐れるのか?反対派はシナチョンの手先で「非国民」「国賊」間違い無し! | トップページ | 糞サヨが偉人とバカチョンを集める「川崎市」とそれを記事にする東京新聞 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/58194018

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は「ブラックバイト」でバカ学生の肩を持つ「クソサヨクNPO」と「糞ゲンダイ」:

« なぜ一般市民が「特定秘密保護法」を恐れるのか?反対派はシナチョンの手先で「非国民」「国賊」間違い無し! | トップページ | 糞サヨが偉人とバカチョンを集める「川崎市」とそれを記事にする東京新聞 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ