フォト

« 馬鹿県知事の「黒岩」が三ツ池公園「廃止」を模索してるのがわかった。 | トップページ | コンテンツの細分化こそがよい選択である。 »

2014年10月26日 (日)

「近頃は物騒だ」の意味は「シナチョン」や「馬鹿高齢者」の犯罪が目立つからじゃないのか?

>テレビのニュースには拾われないかもしれないけれど、ネットの一部で盛り上がったあの話題。知りたい人へお届けします。

■「近頃は物騒だ」は本当か?

 「最近、残酷な事件や犯罪行為が多発して物騒だ。昔はよかった」と感じている人は少なくないだろう。

 そう感じる人たちは、自分の身近なところで残酷な事件や犯罪行為を何度も目撃しているのだろうか。それとも、テレビや新聞・ネットなどで放送されている内容から、そのように推測しているだけなのだろうか。

 実際に犯罪の発生数はどのように推移しているか見てみよう。下記は、法務省が発表した「平成25年版 犯罪白書のあらまし」だ。

 「刑法犯の認知件数は,平成8年から毎年戦後最多を記録し,14年には369万3,928件にまで達したが,15年から減少に転じて,24年は201万5,347件(前年比12万4,373件(5.8%)減)まで減少した。最近の認知件数の減少は,例年,刑法犯の過半数を占める窃盗の認知件数が,15年から毎年減少したことが大きな要因となっている。窃盗を除く一般刑法犯(刑法犯全体から自動車運転過失致死傷等を除いたもの)の認知件数も,17年から減少しているが,5 年と比べると1.6倍である。」

つまり、「今の日本は約20年前の1.6倍は物騒だが、約10年前の6割弱まで犯罪は減っている」ということになる。

 また、この数字には一般的に「残酷」と思われる犯罪から軽犯罪まで全ての犯罪が含まれているが、警察庁が発表した「平成25年犯罪情勢」によると、凶悪犯の数だけで見ても、毎年減少していることが明らかになっている。<

><@Niftyより引用

「近頃は物騒だ」はテレビ始めバカゴミが報道しない「シナチョン」や「馬鹿高齢者」の犯罪が目立っているからだ、バカゴミが報道しなくてもネットでは実際「シナチョン」や「馬鹿高齢者」の犯罪の記事が目立つ。

バカゴミに取ってみたら「シナチョン」や「馬鹿高齢者」は大事な「お客さん」だから悪い事は報道しないのが当然である、近所の量販店でも「妖怪ウオッチ」限定アイテムで店員に怒鳴り込んだジジイがいたし、シナチョンに操られた団地の馬鹿DQNが近所のショッピングセンターで暴れていた。

そこのスーパーでは「万引き」で捕まった高齢者が多く見られる。

バカゴミは「シナチョン」「馬鹿高齢者」を報道しろ!

« 馬鹿県知事の「黒岩」が三ツ池公園「廃止」を模索してるのがわかった。 | トップページ | コンテンツの細分化こそがよい選択である。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/57787952

この記事へのトラックバック一覧です: 「近頃は物騒だ」の意味は「シナチョン」や「馬鹿高齢者」の犯罪が目立つからじゃないのか?:

« 馬鹿県知事の「黒岩」が三ツ池公園「廃止」を模索してるのがわかった。 | トップページ | コンテンツの細分化こそがよい選択である。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ