フォト

« 無断で配達して来る「朝日新聞」の功名。 | トップページ | この最中「生協」は正気なのか?危険な「三ツ池公園」で祭りとは。 »

2014年10月25日 (土)

紙の新聞 紙の本 テレビ ラジオは没落するメデイア

>矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内電子書籍市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2014年5月~7月
2. 調査対象:国内出版社、印刷会社、出版取次会社、電子書籍ストア等
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送・電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用

<電子書籍市場とは>
本調査における電子書籍市場とは、PC・PDA向け、携帯電話・スマートフォン向け、タブレット・電子書籍リーダー向けに配信される電子書籍(電子新聞および教科書、学術図書を除く)のコンテンツを小売価格ベースで算出した。なおコンテンツを表示させる端末の代金やデータダウンロードにかかる通信費、広告収入等を除く。

調査結果サマリー

◆ 2013年度の電子書籍市場規模は前年度比19.7%増の850億円と2ケタ成長、 電子コミック分野が牽引
2013年度の電子書籍市場規模は、小売価格ベースで前年度比19.7%増の850億円であった。2013年度の電子書籍市場について主なコンテンツ分野別にみると、コミック分野は650億円と市場全体の8割弱を占め、国内の電子書籍市場はコミック分野が牽引している状況にある。同分野は長編シリーズが多く、過去作品をまとめ買いするケースが多くあることも一因である。

◆ 2014年度の市場規模は前年度比23.5%増の1,050億円の見込、
2017年度には1,910億円と拡大基調を予測
2014年度の市場規模は小売価格ベースで前年度比23.5%増の1,050億円の見込み、2017年度には1,910億円と拡大基調を予測する。今後、コミック分野においては過去の作品の電子化が一巡することで、市場の伸び率は鈍化していく可能性があるものの、小説・文学などの読み物分野においては徐々に電子化される作品も増えていることから、今後の伸びが期待される。またスマートフォンやタブレット等、デバイスの進化も電子書籍市場の拡大を後押しするものとみられる。<

><矢野経済研究所HPより引用

朝日新聞の騒動で「紙の新聞」が没落し、テレビやラジオはロクでもないニュースを流し、週刊誌も腐った記事しか無い。

紙のメデイア テレビ ラジオは没落する一方だ、これらのメデイアは「情報弱者」の「馬鹿お花畑」の為にあるようなものだ。

新聞で生き残るのは「ジャパンタイムス」「繊研新聞」「日刊工業新聞」などの専門業界紙などの諸紙と呼ばれる新聞である、雑誌もしかり「日本カメラ」「アニメージュ」「ホビージャパン」などの専門雑誌だけであろう。

テレビも「アニマックス」や「グーグルプレイ」の有料番組が生き残る。

電子の世界が「国賊」「売国奴」「お花畑馬鹿」をふるい分ける役割を持ち始めた。

« 無断で配達して来る「朝日新聞」の功名。 | トップページ | この最中「生協」は正気なのか?危険な「三ツ池公園」で祭りとは。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/57782162

この記事へのトラックバック一覧です: 紙の新聞 紙の本 テレビ ラジオは没落するメデイア:

« 無断で配達して来る「朝日新聞」の功名。 | トップページ | この最中「生協」は正気なのか?危険な「三ツ池公園」で祭りとは。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ