フォト

« 貧乏糞サヨの「過剰な値引き」と金銭感覚のない「馬鹿弁護士」がブラック企業を作る | トップページ | デング熱騒動でも「ベトナム」は中止になって「チョン」をやるバカ都知事の不可思議さ »

2014年9月 8日 (月)

規制派が口実を作るためにこんな事件を出したのか、よりによって「宮崎事件」の舞台になった「三多摩」で

>7月末に東京都瑞穂町の公園で、小学3年の女児が見知らぬ男から受け取ったあめのようなものと飲み物を口にした後、体調を崩して路上に倒れていたことが8日、警視庁への取材で分かった。女児は一時意識がもうろうとし、検査入院したが回復した。

 警視庁福生署によると、病院の検査で、女児の尿から睡眠薬のような成分が検出された。同署は詳しい鑑定を行うとともに、傷害容疑で調べている。

 男は7月29日午後、公園で、1人で遊んでいた女児に「あめをあげる。おいしいよ」と声を掛けたという。<

><MSNニュースより引用

三多摩でロリコン事件というと「宮崎事件」を思い出す、9月になってこんなニュースが出て来るのは「アニメ規制派」がしまっておいて「TVタックル」で炎上したから腹を立ててこんな事をやったであろう。

特にMSNのニュースのソースは「産經新聞」だから余計怪しい。

特に「朝日」「産経」は人気アニメがあるくせに「アニメ嫌い」の規制派の先頭に立ってる。

犯人は「カスゴミ」の手先で動いた「創価」もしくは「チョン」の工作員か? 特にカスゴミは東京六大学出身者が多く歌舞伎町の騒ぎで話題になった「向精神薬」などが入手できる。

何しろ六大学はその筋の手先の悪の権化だからな。

« 貧乏糞サヨの「過剰な値引き」と金銭感覚のない「馬鹿弁護士」がブラック企業を作る | トップページ | デング熱騒動でも「ベトナム」は中止になって「チョン」をやるバカ都知事の不可思議さ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/57312015

この記事へのトラックバック一覧です: 規制派が口実を作るためにこんな事件を出したのか、よりによって「宮崎事件」の舞台になった「三多摩」で:

« 貧乏糞サヨの「過剰な値引き」と金銭感覚のない「馬鹿弁護士」がブラック企業を作る | トップページ | デング熱騒動でも「ベトナム」は中止になって「チョン」をやるバカ都知事の不可思議さ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ