フォト

« シナチョンが回りに増えて「不法投棄」が多くて汚い! | トップページ | 本当に「共産党」「バカサヨク」は迷惑 »

2014年9月29日 (月)

朝日新聞と同じ言い訳がましい「勝間」のコメント、学者 博士 教授の類いって馬鹿しかいないのか?

>御嶽山の噴火を受け、経済評論家・勝間和代氏が2010年の事業仕分けにおいて「大規模噴火は数千年に1度なのに24時間の監視が必要か」と発言したことが分かり、非難が集まっている。所属事務所は28日に「誤解」だとして釈明文を発表。しかし、ツイッターなどSNSを中心に、波紋は広がっている。

御嶽山の噴火は27日午前に発生。山頂付近にいた多くの登山客が巻き込まれ、火山灰に埋もれるなど被害を受けた。

問題となっている勝間氏の発言は、2010年に開かれた国土交通省対象の事業仕分け「行政事業レビュー」であったもの。あるツイッターユーザーが27日、当時朝日新聞に掲載された記事「火山国ニッポン備えはいま 仕分け対象 監視網に穴」を紹介しながら、噴火による被害は「民主党による人災」と批判したことがきっかけとなった。

記事は、全国の火山に高精度の観測機器を設置する気象庁の整備事業について、勝間氏ら「仕分け人」から厳しい指摘が相次いだと紹介。また、「長野県と岐阜県境で79年に有史以来初めて噴火し、91年、07年にも小規模な噴火を繰り返している御岳山(御嶽山)でさえ、観測強化の対象からはずされた」と伝え、仕分けによって観測態勢が低下するのではないかと懸念を示している。

これを受けて、ネット上で勝間氏への非難が集まったことから、勝間氏の所属事務所は、御嶽山噴火についてのコメントを発表。

「この当時の発言の真意は、『費用削減のためには、火山が噴火して人が死んでもいい』という意味ではもちろんありません」とし、「火山の噴火を人工的に止める手段がない上、いくら精密に監視をしても噴火を100%予測することは不可能である以上、噴火による被害を減らすために、産学連携などで噴火予測により効果的な費用配賦方法があるのではないかという問題提起です。この点をぜひ誤解なきようにお願いいたします」と説明した。<

><ライブドアニュースより引用

こいつの事務所のいい訳も「朝日新聞」と同じ謝罪やらに心がこもってない!完全に「上から目線」である。

本当に「学者」「博士」「教授」「評論家」の類いって馬鹿ばかりで、こんなもんが「大学」などで「先生様」になってるから大学生も馬鹿になる。

江本の台詞の「ベンチがアホやから、野球でけへん」じゃないが、「先生がアホやから、勉強でけへん」になってる、政治も「大臣がアホやから、投票する気もない」。

本当に「トップ」が馬鹿だと組織も馬鹿。

« シナチョンが回りに増えて「不法投棄」が多くて汚い! | トップページ | 本当に「共産党」「バカサヨク」は迷惑 »

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/57526329

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞と同じ言い訳がましい「勝間」のコメント、学者 博士 教授の類いって馬鹿しかいないのか?:

« シナチョンが回りに増えて「不法投棄」が多くて汚い! | トップページ | 本当に「共産党」「バカサヨク」は迷惑 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ