フォト

« お仲間の「馬鹿日新聞」を援護する「糞ゲンダイ」、築地の悪党二つがかばい合い | トップページ | 露骨な「嫌がらせ」をする「チョン」「バカサヨク」。 »

2014年9月22日 (月)

シナチョンの手先になった「紙媒体」などは用事もない!業界紙とか専門紙だけが残るのか?

>そんな朝日新聞に、ライバル紙や週刊誌は連日ネガティブキャンペーンを絶賛展開中だ。週刊誌デスクは「とにかく朝日を叩くとアホみたいに売れる。ここ5年で一番売れていると言っても過言ではない。昨年は息子が逮捕されたみのもんたを叩くと雑誌が売れたが、今年は間違いなく朝日。今後も大展開していくつもりだ」と話す。

 だが、こうしたネガティブキャンペーンがめぐりめぐって自らの首を締めることにもなりかねないという。一般紙の販売担当部員が警鐘を鳴らす。

「不買運動もあり、朝日新聞の部数が急激に落ちていることは事実。だが、朝日を解約した人が他紙に乗り換えるかと言ったら、それは違う。新聞購読自体をやめてしまい、ネットのニュースサイトに加入するケースが増えている。いわゆる活字離れ。弱った朝日をみんなでイジめているが、いずれブーメランとなって業界全体に跳ね返ってくるでしょう」

 紙媒体同士で“自傷行為”を行っているということか……。<

><サイゾーより引用

シナチョンの手先になった「紙媒体」に明日はないであろう、紙媒体は「日刊工業新聞」や「繊研新聞」などの業界諸紙や「ギャンブルの予想紙」ぐらいであろう。

川崎競輪もたくさんいた「競輪新聞売り」のオバちゃんが少なくなった、ほとんどがコンビニや駅の売店で買って来るし、最近ではタブレット版の予想紙もある。

競輪や競馬などの予想紙や業界諸紙はわずかに生き残るであろう、しかし一般向けの紙媒体は年々売り上げを落としている、週刊誌も新聞も電車の中で捨てられている数が少なくなった。

マトモなのはマンガ本だけか。

« お仲間の「馬鹿日新聞」を援護する「糞ゲンダイ」、築地の悪党二つがかばい合い | トップページ | 露骨な「嫌がらせ」をする「チョン」「バカサヨク」。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/57457389

この記事へのトラックバック一覧です: シナチョンの手先になった「紙媒体」などは用事もない!業界紙とか専門紙だけが残るのか?:

« お仲間の「馬鹿日新聞」を援護する「糞ゲンダイ」、築地の悪党二つがかばい合い | トップページ | 露骨な「嫌がらせ」をする「チョン」「バカサヨク」。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ