フォト

« 規制派が口実を作るためにこんな事件を出したのか、よりによって「宮崎事件」の舞台になった「三多摩」で | トップページ | やはり本当だった「痴漢 ロリコン犯冤罪ビジネス」主犯は「創価」「在日」「サヨク」! »

2014年9月 9日 (火)

デング熱騒動でも「ベトナム」は中止になって「チョン」をやるバカ都知事の不可思議さ

>東京・代々木公園でデング熱のウイルスを持った蚊が発見された騒動で、同公園から約2キロ離れた新宿中央公園などでも蚊に刺され、発症したとみられる患者が確認され、被害が拡大している。発生源の代々木公園は4日から一部が閉鎖されたが、完全閉鎖されたわけではない。ウイルス蚊が捕獲された場所から数十メートル離れた場所では韓流イベントが開催され、都側の後手に回った対応と及び腰な姿勢の裏事情が垣間見える。

 デング熱の国内感染は70人以上で、被害は日を追うごとに膨れる一方だ。埼玉の30代男性は、新宿中央公園で蚊に刺され、デング熱を発症したとみられている。都内の60代男性は明治神宮外苑か外濠(そとぼり)公園で感染した可能性がある。環境省は7日、これらの公園から近い新宿御苑を、蚊の捕獲調査を行うなどの目的で、当分の間閉鎖することを決めた。

また、神奈川の女性は代々木公園で蚊に刺され、発症した後、横浜市内の公園で蚊に刺されたため、同市は公園を閉鎖し、ウイルス検査を行うなど対応に追われている。

舛添要一都知事(65)は当初、蚊の行動範囲が半径50メートルほどで、被害が拡大する恐れは低いとみて、代々木公園内の渋谷門付近だけを駆除。8月29日の会見で「ほぼ死んだ」と“収束宣言”したが、ウイルス検査で陽性の蚊が見つかり、駆除エリアを拡大。4日に同公園のA地区といわれる北側エリアを閉鎖した。

元東京・大田区議で防災アドバイザーの金子富夫氏は「厚労省は実務機関ではなく、お達しを出すだけで、実際に動くのは都の方。にもかかわらず首長は細心の注意が欠如している。先読みで都がしっかりとした初動や対策を取っていれば、これほどの被害にならなかったのでは」と指摘する。

首をかしげるのは閉鎖エリアだ。4日に閉鎖されたのは北側エリアで、道路一本を隔てた南側のB地区は、自由に行き来ができる。B地区が閉鎖されない理由に都側は「ウイルス検査の結果、陰性だった。またB地区はほとんどがアスファルトで舗装され、蚊はそんなに多くない。A地区とは環境が違う」と説明。ただ約2キロ離れた新宿中央公園でウイルスを持つ蚊がいた可能性も指摘されているように、蚊が一か所にとどまってはいないのだ。

B地区は閉鎖しなかったのではなく、できなかったのではともみられている。B地区にはイベントスペースのほかに代々木体育館がある。5日には第二体育館でボクシングのダブルタイトルマッチが、第一体育館では5日から7日までK—POPイベントが開催された。

「韓流イベントは3日間開催で入場料だけでも約3億円が見込めるビッグイベント。都側は代々木公園を完全閉鎖しても損害は少ないが、韓流イベント側は中止となれば、保険に入っているとはいえ、多大な損失を被ることになる。舛添氏は19日から韓国・仁川で開催されるアジア大会を視察するだけに韓国側に配慮したのではないかと言われているんです」(永田町関係者)

都側は「イベントがあるからといって、閉鎖しないワケではない。あくまで安全確保が第一ですので、B地区にも陽性の蚊がいれば措置を取るのは当然」と“政治的事情”はないと否定する。

一方、金子氏は「デング熱の怖さを分かっていない。致死率が低いとはいえ、重篤化して、いずれ死者が出てもおかしくない。全エリアを閉鎖するべきで、それこそエボラ出血熱と同様の危機感を持って、対処しなければいけないのにこのままでは後の祭りになる」と警告する。

指揮官となる舛添氏は7日、今後は定期的に蚊を捕まえてウイルスの有無を調べる態勢を整える意向を示した。訪問先のモスクワで記者団に語った。舛添氏は、都の初期対応について「反省しないといけない点があるかもしれない。限定的にしか最初はやらなかった」と述べ、不備があったことを認めた。

 前出の永田町関係者は「K—POPイベントに出演したアーティストやスタッフがもしデング熱に感染しようものなら、危険と分かっていた“代々木公園をなぜ封鎖していなかったのか”と韓国側は大騒ぎし、逆ギレしてきますよ」とよもやの事態を懸念する。恩を売ったつもりが、アダで返されるとなったら目も当てられない。<

><ライブドアニュースより引用

ボクシングは「八重樫選手」が出場してる上に、ボクサーの調整は試合事で行うから日程変更は簡単に出来ない、しかしチョンの糞歌など開催する必要があるのかと思う。

アイカツにも劣るクソみたいな歌聞く奴いると思うと吐き気がする。

やはり馬鹿ハゲ舛添はチョンの血が流れているんじゃないか?

友好国「ベトナム」のイベントは中止になってる、しかしチョンの糞歌コンサートは中止にしない。

いくら馬鹿でも神奈川県知事の「黒岩」や川崎市長の「福田」横浜市長の「林」は外遊などに行ってないで、県政や市制の仕事をしてる。

川崎市はまだデング熱患者が出ていないが、「健康福祉局」の車が公園を調査して「デング熱」対策に躍起になってる。

ちゃんと仕事しろ!糞ハゲ舛添!

« 規制派が口実を作るためにこんな事件を出したのか、よりによって「宮崎事件」の舞台になった「三多摩」で | トップページ | やはり本当だった「痴漢 ロリコン犯冤罪ビジネス」主犯は「創価」「在日」「サヨク」! »

スポーツ」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

東南アジア アセアン インド」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/57319035

この記事へのトラックバック一覧です: デング熱騒動でも「ベトナム」は中止になって「チョン」をやるバカ都知事の不可思議さ:

« 規制派が口実を作るためにこんな事件を出したのか、よりによって「宮崎事件」の舞台になった「三多摩」で | トップページ | やはり本当だった「痴漢 ロリコン犯冤罪ビジネス」主犯は「創価」「在日」「サヨク」! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ