フォト

« お客は正直、ネットの力を見たか!ファミマ! | トップページ | 企業の態度で明暗を分けた「セブン」と「ファミマ」 »

2014年7月23日 (水)

これが正しいのなら「三ツ池公園」のチョン庭園も同じ事だ!

>大体、県民の憩いの場である県立公園に、このようなものを建てたこと自体おかしなことで、そもそも、これを許した当時の議会や知事の判断が間違っている。

 本来、「都市公園施行令」に政治活動をしないとの条件が付いている。当たり前のことだ。

 「朝鮮人追悼の碑」を建てたら、そこで政治活動が行われるであろうことは、誰が考えても当たり前のことで、そんなことは子供でも分かりそうなものではないか。
 案の定、度々の集会で日本政府批判が続出し、反日運動が繰り広げられた。県が言うように不適切な発言の連続だった。

 曰く、「碑に謝罪の言葉が無いのはけしからん」、「朝鮮人連行の事実を全国に広げて、正しい歴史認識を持てるようにしよう」・・・。

 韓国や中国は、何かというと自分に都合のいい「歴史認識」を押し付けようとする。慰安婦問題にしても、日本の軍や、まして政府が強制連行した事実は皆無なのに、世界に一方的に喧伝し、慰安婦像を建てて回る。御得意の「告げ口外交」だ。

 最近では、韓国の政府が米軍の為に慰安婦を調達したと、元慰安婦に訴えられるお粗末な裁判騒ぎが起きているが、かの国の政府もマスコミまで「ダンマリ」を決め込んでいる。勝手なものだ。

 中国は南京大虐殺で、30万人もの中国人が日本軍に殺されたと主張している。しかも、戦後、その数が年々増えていく怪だ。東京裁判も含め、あらゆる角度から検証され、そんな数字は否定されているのに、「歴史認識」と称して譲らない。文化大革命では数千万人もの自国の国民を殺しながら、口を拭って平気でいる。一体、何が「歴史認識」なのか。

 今度の騒動の中での発言に「アジアを侵略した日本は、今でもアジアから孤立している」というのもあった。一体、アジアのどこの国から孤立していると言うのか。

 突出しているのは中国、韓国との対立関係ぐらいで、近頃は北朝鮮すら、拉致問題に絡めて近づいてきているではないか。

 領土拡大を狙って各国とぶつかり合い、アジアで孤立しつつあるのは中国ではないか。その中国に媚を売り、自由主義陣営から批判ないしは無視されて、孤立しつつある国は韓国なのだ。

 最近は、この碑に反対する日本人の団体と小競り合いまで始まっている。県民の為の憩いの場所が、日本批判の政治運動拠点になっているなど到底容認できるわけがない。不快感を持って日本人が反対運動を起こす心情は理解できる。

 しかし、そのようなことをエスカレートさせたら、ますますこの公園の意義が失われる。

一刻も早くこの碑を公園から撤去させ、県民に大事な憩いの公園を返すべきだ。不許可を決めた県の英断に敬意を表しつつ、さらなる早い移転実行を促したい。<

><BLOGOSより引用

これを言うなら「三ツ池公園」の「チョン庭園」も同様である、年に二回「コリアマダン」というチョン祭りを開催して「三ツ池公園を活用する会」が「クソサヨク」の巣窟となってる。

県民憩いの場が「チョン」と「クソサヨク」の巣窟化して「政治活動」に利用されてるのも「群馬県」と同じ事態になってる。

しかし「群馬県」はきちんと「撤去」の正しい判断をしたので「神奈川県」よりはマトモである、本当に神奈川県も「三ツ池公園」から「コリア庭園」を撤去してほしい。

三ツ池公園を県民の手に戻して「チョン庭園」撤去で、チョンとクソサヨクから公園を取り戻そう!

« お客は正直、ネットの力を見たか!ファミマ! | トップページ | 企業の態度で明暗を分けた「セブン」と「ファミマ」 »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/56878773

この記事へのトラックバック一覧です: これが正しいのなら「三ツ池公園」のチョン庭園も同じ事だ!:

« お客は正直、ネットの力を見たか!ファミマ! | トップページ | 企業の態度で明暗を分けた「セブン」と「ファミマ」 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ