フォト

« 新聞は上も下もロクデナしの集まり、新聞に存在価値はない! | トップページ | 夏の終わりに不快なチョン! »

2014年7月20日 (日)

サンリオ村より去年の夏こんな記事が「馬鹿日新聞」にあった事を思い出した

>夏休みが中盤に差し掛かかっているのにも関わらず、宿題も勉強もそっちのけで遊びに没頭する小中学生、そんな子供を持つ親御さんたちは頭が痛い毎日のようだ。

朝日新聞はそうした子供にどう接すればいいかという特集を組んだが、ゲームばかりやっている子供への対処として、「偶然を装ってゲーム機を踏んづけて壊したっていい」と書いたため、「壊すって、正気じゃないだろ!」「いくらすると思っているんだ!」などといった大量の批判を浴びることになった。
...
夜は両親と「憲法9条」といったニュースについて語ろう

問題となったのは2013年8月8日付けの教育面「今からできる!夏休み勉強法」という特集記事。せっかくの夏休みだから遊びたい気持ちは分るが、両親の雷が落ちる前に自分で机に向かってみよう、と小中学生に呼びかける形で効率的な勉強法を塾講師、家庭教師2人の専門家が語っている。

その中で、学習法に関する著書が多数ある塾講師の高濱正伸さん(54)が、夏休み前半を何となく過ごしてしまった小学生の君でも

「今からでも十分、すばらしい夏にすることができる」

と説いた。早朝から昼までの数時間を勉強にあて、漢字、計算、英単語を集中して10分ずつ、計30分行うのを習慣にする。重要なのは算数の文章問題に挑戦すること。特に高学年は考える力が一番伸びる時期なので、頭をひねって考え抜く経験を積もうと呼びかけた。

午後はカメラを持って身近な植物を撮影し、オリジナル図鑑を作れば自由研究にもなる。夜は両親と「憲法9条」や「消費税」といったニュースについて話してほしいし、ゲームをしたりテレビを見たりしてだらだらする余裕はない。ゲーム機は親に預けてみるという手もある、とし、

「ご両親は、ゲームをしないよう説得しましょう。極端に言えば、偶然を装って踏んづけて壊したっていいんです」

と書いた。

海外ではゲームデータを消され親に殺意を向ける子供も

するとネットでは「物は大切に!」「毒親じゃねーか」など批判が上がり、

「高いんだよ最近のゲーム機って・・・」
「自分の思うとおりにさせるために、手段を選ばないという主張ですか?」
「ゲーム業界への営業妨害にならないのか、これ」

などといった意見がネットの掲示板やブログに出ている。また、海外では親が子供が遊んでいたゲームデータを消去したことで殺人に発展したというニュースがいくつもあり、ゲーム機をわざと壊したとすればグレてしまうに違いない、とし、

「子供の頃にこういうことされたら一生覚えてるよね。親はいつか自分に返ってくるよ」「壊された子供が親殺す事件がおこったら全て朝日の責任」

といった書き込みもある。

ニュース文章はライブドア<より引用

おいおいなんぼなんでも「子供のゲーム機」を壊すこと無いだろ!

ゲーム機だって中古でもかなりの値段、逆に「物を大切」にするほうを教えて、ゲームを休ませるぐらいの口調ができないのかな・・・

この記事を見てものすごい「腹が立った」! <

サンリオ村への投稿2013年8月より引用 「鬼軍曹のカメラの部屋」(自分のブログサイト)

そういえばクソサヨクって「ゲーム」とか「アニメ」大嫌いだな、それでもテレビ糞日は「プリキュア」とか「仮面ライダー」放映してるな。

ターイホされた例の暴力集団「男組」もガンダムが嫌いでガンダム好きの奴を論破したとか自慢してしていたが、こいつらの事だから「タコ殴り」したんじゃないか?

件の噂だが「秋葉原」で起きてる「オタク狩り」「AKBファン狩り」の恐喝犯が例の「男組」逮捕以来無くなってる話が聞こえる。

なにしろトレカマニアやカードゲームマニアが恐喝事件を嫌がって、秋葉原を避け「川崎」や「横浜」など郊外のショップに避難してる、噂では「アキバのオタク狩りAKB狩りの主犯は「男組」と流れている。

そいつらを指揮してるのが「民主党 有田」と「カスゴミ」。

« 新聞は上も下もロクデナしの集まり、新聞に存在価値はない! | トップページ | 夏の終わりに不快なチョン! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/56843265

この記事へのトラックバック一覧です: サンリオ村より去年の夏こんな記事が「馬鹿日新聞」にあった事を思い出した:

« 新聞は上も下もロクデナしの集まり、新聞に存在価値はない! | トップページ | 夏の終わりに不快なチョン! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ