フォト

« 今度は電車が爆発!ダメだコリア! | トップページ | 「テレビを見ると馬鹿になる」大学生ですらテレビを持ってない »

2014年5月20日 (火)

馬鹿に付ける薬なし!小学館も「福島県」や「双葉町」に対するいじめを止めろ!

>人気漫画「美味しんぼ」の「福島の真実編」最終話が、5月19日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に掲載された。福島第一原発事故の放射線によって「鼻血が出た」などとする前号までの描写が、福島県や同県双葉町から抗議を受けていたが、今号でも登場人物が「危ないところから逃げる勇気を」と福島の住民に呼びかける内容となっている。

この回では、主人公の山岡士郎と父親の海原雄山らが福島県の飯舘村から北海道に移住して畜産を営む家族を訪ねる場面などが描かれた。

海原雄山は「井戸川前双葉町町長と福島大学の荒木田先生は、福島には住めないとおっしゃる…だが、放射能に対する認識、郷土愛、経済的な問題など、千差万別の事情で福島を離れられない人も大勢いる」「私は一人の人間として、福島の人たちに、危ないところから逃げる勇気を持ってほしいと言いたいのだ」と語った。

山岡士郎も、自分達にできることは「福島を出たいという人たちに対して全力を挙げて協力することだ」と言い切った。<

><引用区間 ハムスター速報より引用

今週の土曜の仕事が「三ツ池公園」の「反原発 クソサヨクババア」と「馬鹿日教組」と一緒かと憂鬱になっていたら、「アイカツ大会」の記録が来てキャンセルになって良かった。

本当に「小学館」いつまで「美味しんぼ」と「雁屋」の手先になって福島県や双葉町をいじめている、同じ小学館の「ちゃお」でいじめ問題を扱って漫画で「いじめはいけない」と言ってるくせに、福島や双葉町をいじめてる小学館の態度に頭が来る。

これに乗じて例の馬鹿太郎が国会で暴れだした。

本当に小学館は「美味しんぼ」の掲載禁止処置、単行本の回収をしてほしい。

ちなみに近所の量販店とスーパーの書籍コーナー、近所の「ファミリーマート」「セブンイレブン」には「ビックコミックスピリッツ」も「美味しんぼ」の単行本も無かった。

« 今度は電車が爆発!ダメだコリア! | トップページ | 「テレビを見ると馬鹿になる」大学生ですらテレビを持ってない »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/56259936

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿に付ける薬なし!小学館も「福島県」や「双葉町」に対するいじめを止めろ!:

« 今度は電車が爆発!ダメだコリア! | トップページ | 「テレビを見ると馬鹿になる」大学生ですらテレビを持ってない »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ