フォト

« チョンの鉄道は「大型鉄道模型」にも劣る。 | トップページ | 沖縄を話題にすると、必ず糞サヨが「基地問題」を出して来る。 »

2014年5月 4日 (日)

どの面を下げて「言論の自由?」、朝日新聞の絶滅こそ日本を救う!

>兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で1987年5月、小尻知博記者(当時29歳)ら2人が散弾銃で殺傷された事件は3日、発生から26年を迎えた。支局1階に設けられた拝礼所では、多くの市民が遺影に手を合わせた。一連の朝日新聞襲撃事件は2003年までに全て公訴時効が成立している。

 教員を目指していた大学生時代に小尻記者から教育問題について取材を受けた千葉市稲毛区の高校教諭、沼山尚一郎さん(49)は「今年はご長女が小尻さんと同じ29歳になると聞き、時の流れを感じる。事件を闇に葬り去らず、後世に伝えたい」と語った。

 母親から事件のことを聞き初めて慰霊に訪れた西宮市の保育士、野田千紗子さん(28)は「事件を機に言論の自由の重要性が見直されたと知った。一つの出来事にいろんな考え方ができる社会であってほしい」と話した。

 一方、広島県呉市川尻町の小尻記者の実家では、親族のみで法要が営まれた。父信克さんは11年7月に83歳で死去。母みよ子さん(82)は数年前から同市の高齢者福祉施設で暮らしている。朝日新聞社によると、この日は自宅に戻り、小尻記者の妻裕子さん(53)や長女美樹さん(28)とともに故人をしのんだという。

 実家近くにある墓に参った阿部圭介・朝日新聞大阪本社編集局長(56)は「26年前は銃撃という物理的な言論弾圧だったが、今はインターネット上の言葉の暴力といった形に変容した。小尻記者の死を無駄にしないためにも、言論の自由を守っていく」と話した。<

><引用区間 ヤフーニュースより引用

昨日は「馬鹿日新聞」の記者が殺された縁起のいい日である、改憲 朝日 毎日新聞などマスコミの滅亡こそ「日本を救う」のである。

特に「朝日新聞」「毎日新聞」は絶滅してほしい。

朝日の記者を殺したのが「正義の刃」でまさに「英雄」である。

« チョンの鉄道は「大型鉄道模型」にも劣る。 | トップページ | 沖縄を話題にすると、必ず糞サヨが「基地問題」を出して来る。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/56052842

この記事へのトラックバック一覧です: どの面を下げて「言論の自由?」、朝日新聞の絶滅こそ日本を救う!:

« チョンの鉄道は「大型鉄道模型」にも劣る。 | トップページ | 沖縄を話題にすると、必ず糞サヨが「基地問題」を出して来る。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ