フォト

« まさにキチガイ左翼!美味しんぼの「回収 廃刊」を大至急施行せよ! | トップページ | 出版社も「マトモ」に読めるのは子ども向けだけ。 »

2014年5月 5日 (月)

国のために戦った人たちを蔑む「馬鹿キリスト教」、英霊たちの史跡が現在の両陛下が皇太子時代のご成婚の記念で残してる。

>多摩丘陵を生かした自然の遊び場はこの日、屈託のない笑顔がひときわ輝く。横浜市青葉区の「こどもの国」は1965年5月5日に開園した。59年の天皇、皇后両陛下のご結婚の際に国民から寄せられた祝い金を基に建設された▼広さ約100ヘクタールのこの地には戦時中、陸軍兵器補給廠(しょう)として砲弾工場や弾薬庫が点在した。いま新緑鮮やかな高台にある平和の碑は、勤労動員された神奈川高等女学校(現・神奈川学園)の卒業生有志が建てた▼「一人でも多くの敵を倒すのだと意気込んでいたから武器造りに参加できるのは誇りだった」。戦後50年の節目に取材した「銃後の乙女」の回顧談である▼「田奈の森 学徒勤労動員の記」(近代文藝社刊)を当時、出版した酒井智恵子さん。忘れ去っていた戦中の記憶をよみがえらせたのは日曜礼拝の牧師の一言だった、と語った。「誰も他人を傷つけていない人はいない」。自分たちが造った砲弾が誰かを傷つけ、あるいは死に至らしめていた、と思い巡らし記録を残した▼本の刊行がひとつのきっかけになり、96年に建った碑には「平和な世界のなかで、こどもたちがのびのびと育ちますように」との願いが刻まれている。こどもの日。今は亡き酒井さんからの伝言をかみしめたい。<

><引用区間 神奈川新聞より引用

「国のために戦った人たちがいるから、現在の平和がある」と神奈川新聞の記者と馬鹿キリスト教「牧師」が書けないのであろう、死んでもこいつらは「自虐史」しか書けないようだ。

こどもの国は現在の両陛下が皇太子時代にご成婚を祝されて建設された公園である、英霊たちの史跡は皇室と国民によって新たな施設に生まれ変わり時代を見つめている。

「英霊たちが願っていた平和な世界をここに体現して、現在では子ども達の健やかな公園として生まれ変わってる」と書けばよい。

神奈川新聞も馬鹿しかいないようだな。

« まさにキチガイ左翼!美味しんぼの「回収 廃刊」を大至急施行せよ! | トップページ | 出版社も「マトモ」に読めるのは子ども向けだけ。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/56070129

この記事へのトラックバック一覧です: 国のために戦った人たちを蔑む「馬鹿キリスト教」、英霊たちの史跡が現在の両陛下が皇太子時代のご成婚の記念で残してる。:

« まさにキチガイ左翼!美味しんぼの「回収 廃刊」を大至急施行せよ! | トップページ | 出版社も「マトモ」に読めるのは子ども向けだけ。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ