フォト

« またも糞サヨの手先になった「タウンニュース」記事が無いのか?不快な記事はやめてくれ! | トップページ | 原発より怖い「オオスズメバチ」、まさにキラービー! »

2014年5月23日 (金)

始めっから逃げるつもりの「雁屋」、それを隠蔽工作する「小学館」

>「美味しんぼ」原作者の雁屋哲(72)が放射能被害の作中描写について、「現在のところ、まだ冷静な議論をする状況にないと判断して、取材をお受けするのを先に延ばすことにしました」と5月22日(2014年)にブログで話している。「様々な事情」により7月末まで日本に戻れず、「取材はそれから、ご相談させて頂きます」という。

「美味しんぼ」は週刊「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)6月2日号から一時休載されるが、これは「去年から決まっていたこと」だと説明する。問題となった「福島の真実」編は単行本2巻での刊行を予定していて、「単行本2巻で納めるのは、24話が限界」だったため、当初から24話(6月2日号掲載分)で終わると決まっていたという。
22話目で鼻血のエピソードを書いたところ、ファンから「圧力に負けないで勇気を持って書き続けて欲しい」との声も寄せられたが、その時点ですでに24話まで完成していたため「圧力に負けようにも負けようがなかった」と説明し、「休載は過去にも何度かあり、6ヶ月以上休載したこともあります。連載も長期化すると、原作者も、作画家も時に休みを取る必要があるのです」と理由を語っている。<

><引用区間 J-CASTより引用

始めっからオーストラリアに引きこもって逃げを打って「知らん顔」するつもりであるな、馬鹿反原発の糞雁屋。

こいつを隠蔽して逃がす「小学館」もいかがなものか。

昨日発売の「週刊文春」か「週刊新潮」のどちらかに「雁屋哲は日本嫌い反日馬鹿」と書かれていた。

小学館も大人しく「学習雑誌」と「ちゃお」と「少年サンデー」だけやっていればいい。

雁屋も口出しするな!消えろ雁屋! 雁屋哲死ね!

« またも糞サヨの手先になった「タウンニュース」記事が無いのか?不快な記事はやめてくれ! | トップページ | 原発より怖い「オオスズメバチ」、まさにキラービー! »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/56289140

この記事へのトラックバック一覧です: 始めっから逃げるつもりの「雁屋」、それを隠蔽工作する「小学館」:

« またも糞サヨの手先になった「タウンニュース」記事が無いのか?不快な記事はやめてくれ! | トップページ | 原発より怖い「オオスズメバチ」、まさにキラービー! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ