フォト

« 火病して暴力を振るうのは「チョン」の国技 | トップページ | 近所のスーパーで発見した「クソサヨク」 »

2014年4月28日 (月)

XPオワタで頭を抱えるシナ、XPオワタはよい事もある!

>2014年4月24日、マイクロソフトが8日、Windows XPのサポートを終了したことを受け、中国工業情報化部チーフエンジニアの張峰(ジャン・フォン)報道官は、「この措置は中国の通信インフラの全体的な安全を脅かす。われわれは中国版Linuxの開発と使用への支援を強化する」と語った。北京晨報が伝えた。

張報道官は、「工業情報化部はマイクロソフトが一方的にWindows XPの技術サポートを終了したことを重視している。われわれはマイクロソフトと交渉を重ね、責任ある態度で適切な措置を講じるよう求めた」と述べた。関連データによると、中国の70%のコンピュータユーザーがXPを使用している。

張報道官は、「Windows XPは現在の多くの使用環境において、十分に使用でき、使用に適している。XPユーザーは安全リスク、アップグレードの強制による費用の負担に直面しており、多くのユーザーの安全と利益に直接影響を及ぼしている。また、Windows XPは通信などの重要業界で、依然として高いシェアを占めている。マイクロソフトがWindows XPのサポートを終了したことで、通信インフラに安全リスクがもたらされる」と指摘した。

マイクロソフトはXPの更新を停止したが、中国のセキュリティー各社はXPの使用を続けている2億人のユーザーから巨大なビジネスチャンスを見出した。テンセント、奇虎360、金山軟件、百度などの企業はXPのセキュリティーソフトの提供を発表しており、商品開発と試験を実施している。また、企業ユーザー向けにセキュリティー強化の技術と商品を販売する予定だ。工業情報化部はこれに対して支持を表明した。

工業情報化部は今後さらに、通信ネットワークのセキュリティー対策を強化し、XPを使う業務、業務サポートの外部ネットワーク環境の安全管理とアクセス制限を強化する。また、システム内の安全強化と監査を強化し、XPのサポート終了が通信ネットワークにもたらす影響とリスクに対応していく。<

><引用区間 @Niftyより引用

XPオワタで家庭用 業務用のPCの買い替えが進んで自分もマックになったばかりだ、これのおかげでパソコン出荷量はかなりの量になり、量販店などはホクホクである。

これに頭を抱えているのはシナである、シナではかなりの数のXPが生き残っておりこれに頭を抱えてる。

XPオワタでシナにダーメジを与えたマイクロソフト。

« 火病して暴力を振るうのは「チョン」の国技 | トップページ | 近所のスーパーで発見した「クソサヨク」 »

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/55969487

この記事へのトラックバック一覧です: XPオワタで頭を抱えるシナ、XPオワタはよい事もある!:

« 火病して暴力を振るうのは「チョン」の国技 | トップページ | 近所のスーパーで発見した「クソサヨク」 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ