フォト

« 目くそ 鼻くそを笑う、どちらも「五十歩百歩」のバカゴミと糞ゲンダイ。 | トップページ | 女性セブン読む馬鹿は「クソサヨク」「チョン媚び」「お花畑」の馬鹿女! これぞ偏向報道! »

2014年4月25日 (金)

クソサヨクが絡まなければ「沖縄文化」を推進したい、川崎市と那覇市は友好都市の絆で結ばれてます

>区内在住の新婚夫妻が5月5日、沖縄文化の祭典「はいさいFESTA」開催中のラ チッタデッラで沖縄式の結婚式を挙げる。時間は午後0時30分から45分。一般客も見学可能で、式の最後には手踊り「カチャーシー」で新郎新婦の門出を祝うこともできる。

 式を挙げるのは砂子在住の三ツ木祐介さん(33)、愛美さん(25)夫妻。今年3月に入籍を済ませたばかりの新婚カップルだ。

 愛美さんが勤める保育園を「はいさいFESTA」を後援する川崎沖縄県人会が運営していたことから、今回の挙式が決まった。愛美さんの入籍を知った比嘉孝県人会長が、同フェス内での沖縄式結婚式を企画していたチッタ エンタテイメント株式会社(美須孝子代表取締役)に三ツ木さん夫妻を紹介。当面式を挙げる予定はなかったという三ツ木夫妻も「衣装も独特で、いい記念になるのでは」と企画の趣旨に賛同した。

 祐介さんは北海道、愛美さんは広島県出身で、沖縄との縁はほとんどない。沖縄式結婚式には不安もあったが「想像していたよりもかっこいいし、かわいい」と伝統衣装の「琉装」を気に入っており「実家同士が遠いので、両家がそろう機会は少ない。いいきっかけになった」と式を心待ちにしている。

 当日は「琉装」を身にまとった新郎新婦が、沖縄舞踊「エイサー」に先導されて登場。三線の生演奏をバックに、誓いの言葉や指輪交換、ウエディングキスで永遠の愛を誓う。沖縄の結婚式ではおなじみの、両家が持ち寄った泡盛をブレンドして新しい家庭独自の泡盛を作る「水合わせの儀」も再現。終盤には、参列者や見物中の一般客全員で手踊り「カチャーシー」を踊り、新郎新婦の門出を祝う。

 チッタ エンタテイメントの担当者は「エイサーでの先導は独自のもので見ごたえ十分。最後のカチャーシーにも、ぜひご参加ください」と呼び掛けている。<

><引用区間 タウンニュース川崎区版より引用

ここの施設の経営者が「パチンコ屋」をやってるのが気に入らないが、川崎市と那覇市は「友好都市」の絆で沖縄出身の方が多く住んでいる。

復帰前に職を求めて「日本鋼管(現JFE)」などの重工業などに従事、川崎の発展を沖縄の人々が支えてきた、復帰前にも台風被害のひどかった両大東島に救援のチャーター船を当時の「川崎市長」が出した。

クソサヨクが絡まなければ「沖縄文化」や「エイサー」は本当によい物である。

川崎市と那覇市は友好都市を締結して、川崎に沖縄は根付いている。

« 目くそ 鼻くそを笑う、どちらも「五十歩百歩」のバカゴミと糞ゲンダイ。 | トップページ | 女性セブン読む馬鹿は「クソサヨク」「チョン媚び」「お花畑」の馬鹿女! これぞ偏向報道! »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/55927202

この記事へのトラックバック一覧です: クソサヨクが絡まなければ「沖縄文化」を推進したい、川崎市と那覇市は友好都市の絆で結ばれてます:

« 目くそ 鼻くそを笑う、どちらも「五十歩百歩」のバカゴミと糞ゲンダイ。 | トップページ | 女性セブン読む馬鹿は「クソサヨク」「チョン媚び」「お花畑」の馬鹿女! これぞ偏向報道! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ