フォト

« 悪いのは「原爆を落としたアメリカ」であって決して日本は悪くない! | トップページ | まるで「押し売り」「脅迫」アビバのトンでもない経営勧誘 »

2014年3月28日 (金)

「カルト宗教」「ブラックバイト」の他に「クソサヨクや過激派」も加えた方がいい!

>4月といえば、入学式シーズン。だが、ウキウキ気分で大学に入った新入生たちを待ち受けているのは、コンパやサークル活動などの楽しい日々だけではない。大学生を狙った危険な罠がそこかしこに仕掛けられており、トラブルに巻き込まれるケースも少なくない

 全国大学生活協同組合連合会発行の学生生活実態調査報告書「CAMPUS LIFE DATA 2013」によれば、「大学入学後に遭遇したトラブル」のトップ3は、1位「宗教団体からのしつこい勧誘」(回答者の4.6%。単純計算で全国の大学生の約13万人に当たる)、2位「バイト先での金銭や労働環境のトラブル」(回答者の4.3%。同約12万人に当たる)、3位「訪問販売契約」(3.1%。同約9万人に当たり、一人暮らしでは5.9%)だったという。

『大学生が狙われる50の危険』(三菱総合研究所、全国大学生活協同組合連合会、全国大学生協共済生活協同組合連合会著/青春出版社)を基に、その実態に迫ってみよう。

・1位「宗教団体からのしつこい勧誘」

 大学に入ったら、大学公認の音楽やスポーツ、ボランティアなどのサークルに入り、優しい先輩たちに囲まれて、大学生活をエンジョイ!かと思いきや、しつこく勧誘してきた団体に断りきれずに入会。しかし、会費がかなりの高額で、毎年指導者への謝礼金として数百万円をサークルが支払っているという事実が発覚……実は宗教団体だった、などのケースだ。

 宗教団体は音楽やスポーツ、ボランティアなどのサークル活動に見せかけて勧誘することが多く、なかには、友人知人がいない入学手続きの頃や大学からの注意が伝わるオリエンテーション前から勧誘を始める悪質な団体もあるという。

・2位「バイト先での金銭や労働環境のトラブル」

 とある女子大学生の体験談。「時給がよい」「授業やサークルの時間に重ならない」と大学の先輩に紹介され、大学近くの繁華街の飲食店の面接を受けることになった。しかし、面接先の飲食店はキャバクラだったなどのケースだ。

 先輩の紹介ということもあり断りきれずに働くことになったが、深夜までキャバクラでアルバイトをすることになってしまい、大学もサボりがちに……こうしたケースだけではなく、「仕事の条件が聞いていた話と違う」「危険作業のアルバイトでケガをしてしまう」といったバイト先がブラック企業のケースや、アルバイトの募集を装って登録料を支払わせ、実際には仕事を紹介しないで登録料をだまし取るケース、個人情報を不法に入手するケースもあるので注意したい。

 なお、アンケート調査では、アルバイト収入は1カ月平均約4万円だ。

・3位「訪問販売契約」

 一人暮らしの大学生のアパートに、新聞販売員がやってきた。すでに別の新聞を購読していたが、「話だけでもさせてくれ」と言われ、玄関に入れてしまったのが運の尽き。何度も契約しないかと持ちかけられ、断りきれずに、結局契約することに……。

 自宅を訪ねる、街で声をかけるなど、店以外の場所で商品やサービスの勧誘を受けることがある。消費者に冷静な判断をする時間を与えずに、契約を結ぼうとする悪徳商法のケースが多く、その多くは消費生活センターへの相談やクーリングオフ制度(強引なセールスで契約した場合、一定期間内であれば契約を解除できる制度)で解約ができるものの、話を聞かずにキッパリと意思表示をすることが大切だ。

 こうしたケースのほかにも、18歳以上の大学生となれば、スマートフォンにおけるコミュニティサイトの閲覧制限やコミュニケーションアプリの機能制限が外れることになり、知らない人からのリクエストメールなどが急増する。それとともに、援助交際や詐欺など危険な話が持ち込まれるSNSトラブルの危険性も高まってくる。「モデルになりませんか?」などと気を引く言葉で誘って、化粧品やダイエット商品、エステのサービスチケット、絵画などを売りつける「新手のキャッチセールス」のトラブルもある。

 まさに、周りは危険だらけという感じだが、こうしたトラブルに共通しているのは、人の話を断りきれないタイプが狙われているということ。自分がそういうタイプだと感じたら、あやしげな勧誘には最初から接触しない、下手に対応したりせずに、無視して逃げ出すという姿勢が必要かもしれない。<

><引用区間 MSNニュースより引用

カルト宗教は特に危険な「チョンカルト」が未だに跋扈してる、「統一教会」「摂理」などが潜んで活動しており、「創価学会」も大学によっては「サークル」があるので要注意。

セールスも危険!特に新聞勧誘は「ロクデナシ」の集団で、「朝日」「読売」「毎日」は危険!、ついこの間「読売新聞」の勧誘員が女子大背を暴行する事件が京都であって新聞勧誘員がターイホされた。

このニュースに載ってないが「クソサヨク 過激派」も未だに大学に入り込んでる、昔の懐かしの「中核派」やら「革マル派」とか生き残っており16日の川崎のデモで乱闘騒ぎを起こし大学生の逮捕者が出ている。

宗教 セールス クソサヨクには注意しましょう。

« 悪いのは「原爆を落としたアメリカ」であって決して日本は悪くない! | トップページ | まるで「押し売り」「脅迫」アビバのトンでもない経営勧誘 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/55549604

この記事へのトラックバック一覧です: 「カルト宗教」「ブラックバイト」の他に「クソサヨクや過激派」も加えた方がいい!:

« 悪いのは「原爆を落としたアメリカ」であって決して日本は悪くない! | トップページ | まるで「押し売り」「脅迫」アビバのトンでもない経営勧誘 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ