フォト

« 規格外「イチゴ」を「放射能による奇形」と農家の心を傷つけた「バカ放射脳」と「反原発」 | トップページ | 本日の馬鹿発見! またもや近所のショッピングセンターの駐輪場に馬鹿現れる! »

2014年3月 6日 (木)

破られるんだったら「電子書籍」にして「青空文庫」に入れれば良い。

>2014年2月下旬から、東京や神奈川の図書館で「アンネの日記」やその関連書籍が破られる被害が相次いでいる。被害に遭った図書館には、イスラエル大使館と日本ユダヤ教団が新しい「アンネの日記」の本を寄贈することを決めたほか、一般市民からも本が寄贈されているという。そんななか、ネット上では、フリーランス編集者の仲俣暁生氏が発起人となり、「アンネ・フランク・ライブラリー」(仮称)という名前のプロジェクトを立ち上げようと準備をすすめており、「アンネの日記」を読み返したり、語り合ったりするという応援方法が紹介されている。

“ライブラリー”という意味では、本を置く図書館が攻撃を受けたことから、ネット上には『アンネの日記』の「電子版」を出したらいいというアイデアは多い。脳科学者の茂木健一郎氏が、

「誰かが『アンネの日記』を引きちぎる、という事件のニュースを知ったとき、真っ先に思ったことは、『電子書籍は引きちぎれない!』ということだった」

とツイートしているほか、電子版について、

「アンネの日記って、著作権は存続しているのだろうか。切れてるんじゃないかな、という気がする。切れてるのなら、電子版をバンバン遍在させて図書館から本がなくなっても、みんなが読めるようにしたらどうだろう」
「アンネの日記って、そろそろ青空化できないのかな? 破れるならネットで自由に見れるようにした方がいいような」<

><引用区間 @Niftyより引用

逆に今回の事件で「書籍の電子化」のメリットを浮き彫りにした、電子だったら簡単に妨害もできないし逆に「青空文庫」にして誰でも読めるようにしたら妨害のしようもない。

子どもにも読ませたいのであれば「どこでも本屋さん」で任天堂DSでも読めるし、ソニーの「リーダー」にすればPS VITAでも読める。

自分はこの脳科学者の「茂木」は大嫌いだが、逆に電子化にして青空文庫みたいに誰でも読めるようにすれば良いのである。

« 規格外「イチゴ」を「放射能による奇形」と農家の心を傷つけた「バカ放射脳」と「反原発」 | トップページ | 本日の馬鹿発見! またもや近所のショッピングセンターの駐輪場に馬鹿現れる! »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

学校・教育・いじめ問題」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/55257610

この記事へのトラックバック一覧です: 破られるんだったら「電子書籍」にして「青空文庫」に入れれば良い。:

« 規格外「イチゴ」を「放射能による奇形」と農家の心を傷つけた「バカ放射脳」と「反原発」 | トップページ | 本日の馬鹿発見! またもや近所のショッピングセンターの駐輪場に馬鹿現れる! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ