フォト

« 311は静かに明日への希望と追悼で祈る日である。 | トップページ | 自滅する「チョン」!このまま全国民自殺して消えてなくなれ! »

2014年3月 7日 (金)

デモなんかしないで静かに灯籠流しをするべきである、クソサヨクには「弔い」の言葉も無い

> 東日本大震災の犠牲者への鎮魂と被災地の復興を祈る「第3回多摩川灯ろう流し」があす8日、稲田公園近くの多摩川河川敷で開かれる。大震災からもうすぐ3年。「震災を風化させてはいけない」と主催者は市民の参加を呼びかけている。

 主催するのは「多摩川灯ろう流し実行委員会」。多摩川の環境保全に取り組むNPO法人「おさかなポストの会」代表の山崎充哲さんが協力を求め、地元の企業や公共団体、市民グループなどによって構成されている。

 灯ろう流しは12年3月に山崎さんの呼びかけで初めて実施し、約500人の市民が集まった。2回目の昨年は参加者約2000人にまで規模が広がった。

 「地域の皆さんの協力があって開催できる。多摩川から東北に元気を送りたい」と山崎さん。

 灯ろうは参加者の手づくりのものを使用するため、参加者は当日の工作に必要な紙コップや牛乳パック、発泡トレー、油性ペン、ゴミ袋などを持参すること。持参の灯ろうを流す場合は、沈まない構造のものを用意し、ろうそくは安全対策のため主催者が用意したものを使用すること。会場は暗くなるため、懐中電灯などが必要。子どもの参加は保護者が同伴すること。参加費は無料。子ども連れの人は必ずライフジャケットを着用(レンタルの場合、大人500円/子ども300円)。雨天の場合は翌9日に順延。

 プログラムは以下の通り。▽灯ろう工作(午後2時〜4時)▽美化活動・魚の放流体験(午後3時〜)▽開会式(午後4時〜)▽灯ろう流し(午後5時〜)

 問い合わせは山崎さん(【携帯電話】090・3209・1390)。<

><引用区間 タウンニュース多摩区版より引用

本当にクソサヨクは「弔い」とかの言葉を知らないな、逆に死者に鞭を打つようなまねして「反原発」だのクソやかましくデモ行進をする。

このクソサヨクデモに「キリスト教」だの宗教団体も参加してるからあきれかえる、死者を弔うのも宗教の役目であろう、「人の心」を教えないで「反原発」などの共産主義活動に走ってるから嫌になって来る。

きちんとこの一週間は「明日への希望」と「鎮魂」をしてほしい。

« 311は静かに明日への希望と追悼で祈る日である。 | トップページ | 自滅する「チョン」!このまま全国民自殺して消えてなくなれ! »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/55274927

この記事へのトラックバック一覧です: デモなんかしないで静かに灯籠流しをするべきである、クソサヨクには「弔い」の言葉も無い:

« 311は静かに明日への希望と追悼で祈る日である。 | トップページ | 自滅する「チョン」!このまま全国民自殺して消えてなくなれ! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ