フォト

« さすがに「薮入り」までは掲げる度胸無かったのか「ウジテレビ」。 | トップページ | 川崎地検の逃亡犯、横浜市泉区で身柄確保! 警戒態勢「半分解除」する。 »

2014年1月 9日 (木)

検察の不備を「しばき隊」につかれた格好になった「逃亡事件」。

>集団強姦(ごうかん)などの疑いで逮捕された杉本裕太容疑者(20)が横浜地検川崎支部から逃走した事件で、同容疑者が直前まで弁護士と接見していたのは、専用の接見室ではなく、検事の取調室だった。逃走防止措置が施されていない場所での接見は、県内の2支部をはじめ全国の検察庁舎で行われているとされ、課題が浮き彫りになった格好だ。一方、刑事弁護に携わる弁護士らは「原因は接見場所ではなく、県警や地検の管理不備」と強調。「逃走を恐れ、接見しにくくなれば、容疑者の権利が侵害されかねない」と懸念している。

横浜地検によると、県内にある本庁と川崎、相模原、小田原、横須賀の各支部のうち、川崎、相模原両支部には接見室が設けられていない。庁舎が狭く、部屋を確保できないためという。

容疑者に認められている弁護士らとの面会は、拘置所や代替施設の警察署に設けられた接見室のほか、検察庁舎で行われることもある。特に、早期の接見は容疑者の適切な弁護に必要として、逮捕から48時間以内の身柄送致時に合わせ検察庁舎で行われるケースは、立地上の利便性からも、全国的に少なくないという。

最高裁が2005年、「設備がない場合も、立会人がいる部屋で接見できるよう配慮すべき」との判断を示したこともあり、「接見室のない古い庁舎では、それ以外の部屋での接見も多い」と元検事の落合洋司弁護士は指摘する。今回のケースも、警察官と検察事務官立ち会いの下、検事の取調室で行われた。

「容疑者の権利の大原則として、警察官らの立ち会いが必要ない接見室をすべての検察庁舎に設置すべき。逃走防止にもなる」。横浜弁護士会の刑事弁護センター副運営委員長の妹尾孝之弁護士は強調。秘密が保たれない接見室以外での接見は「あくまで次善の策」と指摘する。

妹尾弁護士は、今回の逃走時、検察事務官が退室した上、ドアが施錠されていなかった点を問題視。接見中以外にも、隙を突いて容疑者が逃走することはあり得るとし、「弁護士らとの接見が妨げられることがないよう、容疑者の身柄を管理する警察と、施設を管理する検察がしっかりと対応すべきだ」と訴えている。<

><引用区間 @Niftyより引用

川崎の検察は本当にぼろくて狭い、何しろ下に「法務局」の事務所まであるから会社関係の書類と犯罪者がごった煮になってる場所である、そのうえに「チョン部落」の「桜本」「戸手」「鶴見小野町」が近くにあり敵の中に「検察」がある形だ。

なにしろ「弁護士」も「しばき隊」差し出しの奴で外に逃走用バイクまで置いてあった用意周到さである、そこまで「しばき隊」がこの強姦魔を逃亡させるさせる要因は噂通り「しばき隊」が「民団」「総連」の支援を受けているからだ。

その上オンボロで古い「川崎地検」でやったものだから余計逃亡の隙を作ったような者だ。

幸いにして本日の「三ツ池公園」の仕事が中止になった、三ツ池公園も「民団」絡みの「チョン庭園」がありチョゴリを着た「チョンのスパイ」と、プレーパークのすタッフの中にも「反原発馬鹿」と「チョン媚びババア」いるからこの一件でトラブルにならずに済んだ。

本当にチョンとバカサヨクは世間の迷惑。

« さすがに「薮入り」までは掲げる度胸無かったのか「ウジテレビ」。 | トップページ | 川崎地検の逃亡犯、横浜市泉区で身柄確保! 警戒態勢「半分解除」する。 »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/54545154

この記事へのトラックバック一覧です: 検察の不備を「しばき隊」につかれた格好になった「逃亡事件」。:

« さすがに「薮入り」までは掲げる度胸無かったのか「ウジテレビ」。 | トップページ | 川崎地検の逃亡犯、横浜市泉区で身柄確保! 警戒態勢「半分解除」する。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ