フォト

« 秘密保護法可決の見通しで、「サンリオ村」で昨晩と本日の白昼に暴れたクソチョンカンゴシアラシ。 | トップページ | これが生協で一悶着起こした例のポスター。 »

2013年12月 3日 (火)

未だに時代錯誤路線を突っ走る「日本共産党」、ここまでくると下手なお笑いより笑える。

共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が2013年12月2日、特定秘密保護法案推進派には「日本の侵略戦争で戦犯容疑者となった政治家や特高(特別高等警察)官僚の息子や孫、娘婿」が目立つ、との記事を掲載し、賛否両論の声が上がっている。
記事では安倍晋三首相(祖父・岸信介氏はA級戦犯被疑者)、自民党インテリジェンス・秘密保全等検討PT座長の町村信孝元官房長官(父・町村金五氏は特高などを指揮する内務省警保局長など歴任)、参院国家安全保障特別委員会委員長の中川雅治参院議員(義父・原文兵衛氏はかつて鹿児島県特高課長。なお1992年の参院議長就任時、共産党はこの経歴を理由に白票を投じた)の3人の名前を挙げ、こうした「戦犯・特高人脈」が同法案の「源流を象徴」していると論じた。
この記事に対しては賛意を示す声の一方、「赤旗は出自や縁戚関係で差別するのか」との声も出た。赤旗記者によるツイッターアカウント「赤旗政治記者」では同日、「記事は先代、先々代が戦争遂行、政治的弾圧で犯した過ちの教訓や歴史的断罪に学ばず、同じことを繰り返していると批判しているのだ」との記者の見解をつぶやいている。

J-CASTニュースより引用

ここまでくると実にお笑いとした言いようの無い「時代錯誤」としか言いようが無い、共産党のOSはまだマルクスレーニンやエンゲルスで稼働してるようだ。

これに近い奴がしばき隊、中核派のスターリンや毛沢東、ポルポトのOSである。

「特高警察」だとか「戦犯」とか歴史の授業以来の言葉だな。

« 秘密保護法可決の見通しで、「サンリオ村」で昨晩と本日の白昼に暴れたクソチョンカンゴシアラシ。 | トップページ | これが生協で一悶着起こした例のポスター。 »

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/54136624

この記事へのトラックバック一覧です: 未だに時代錯誤路線を突っ走る「日本共産党」、ここまでくると下手なお笑いより笑える。:

« 秘密保護法可決の見通しで、「サンリオ村」で昨晩と本日の白昼に暴れたクソチョンカンゴシアラシ。 | トップページ | これが生協で一悶着起こした例のポスター。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ