フォト

« クソチョンの連続妨害、またも自分の投稿にかぶさって妨害するクソチョン荒らし。 | トップページ | 特定秘密保護法でまずは馬鹿二人が「公務執行妨害」でターイホ! »

2013年12月 6日 (金)

パルシステムの方が自宅近くのユーコープより赤い!牛よりまだトマトの方がマシ。

2011年3月に起きた東日本大震災によって原発が4つも爆発してしまった世界に私たちは生きています。「内部被ばくを生き抜く」は、現場で実際に被ばくに関する医療活動を継続してきた4人の医師にこれからどう対処していけばいいのか、問いかけているドキュメンタリー映画です。

佐々木るりさんは同作品で紹介されている、福島県二本松市に住む5児の母です。何度も悩んだすえに、福島で生きつづけることを決意しました。「水道から出てくる水や、目の前の野菜や米を食べていいのかどうかに迷い、窓を開けたら明日死んでしまうのではないかと恐怖を感じたこともありました。震災前と何一つ変わらない美しい風景を残したまま、深呼吸さえ安心してできなくなった福島がそこにはありました。2年以上たった今も、『ハンカチ持った?』ではなく『積算線量計持った?』と聞かなくてはならない日常の中で、子育ては喜びより心配の方が多い毎日です。」

映像を通じて放射能の健康への影響を学習し、佐々木さんの思いへ耳をかたむけ、子ども達へ手渡す「明日」を考えます。 

鎌仲ひとみ監督プロフィール

早稲田大学卒業後ドキュメンタリー制作現場へ。フリー映像作家としてテレビ番組、映画を監督。2003年ドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」以降、2006年「六ヶ所村ラプソディー」、2010年「ミツバチの羽音と地球の回転」の3部作で被曝と原発の問題を追う。

佐々木るりさん プロフィール

福島県二本松市在住。5児の母。『内部被ばくを生き抜く』に出演。夫の佐々木道範氏は真宗大谷派寺院「真行寺」で副住職を務める。 NPO法人TEAM二本松で食品放射能測定、子どもたちの県外保養、被曝検査、除染、青空市場などに取り組み、講演など多方面で活動している。

パルシステムHPより引用。

自分の使ってる「生協」は「ユーコープ生活協同組合」で宅配の車は「トマト」が描いてある、こちらの「パルシステム」は別組織の「生協」で宅配のトラックは「牛」の絵が描いてある。

ユーコープの店で「さよなら原発」なんて馬鹿反原発のポスターを貼ったら、東電関係者のオヤジが店長を怒鳴ってポスターを移動させていた、まだユーコープは店もあるから怒鳴り込める余地がある。

しかし「パルシステム」本当に無神経の馬鹿左翼だ、こんなのをHPに載せて組合員も「電力会社」の関係者もいるのに不快きわまりない。

チョンの駄々こねデモにパルシステムのトラックがバックに止まっていたのが笑える、パルシステムの無神経さが見える。

« クソチョンの連続妨害、またも自分の投稿にかぶさって妨害するクソチョン荒らし。 | トップページ | 特定秘密保護法でまずは馬鹿二人が「公務執行妨害」でターイホ! »

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/54170392

この記事へのトラックバック一覧です: パルシステムの方が自宅近くのユーコープより赤い!牛よりまだトマトの方がマシ。:

« クソチョンの連続妨害、またも自分の投稿にかぶさって妨害するクソチョン荒らし。 | トップページ | 特定秘密保護法でまずは馬鹿二人が「公務執行妨害」でターイホ! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ