フォト

« 秘密法案可決で各ポータルサイトまで一斉に反発? | トップページ | 秘密保護法可決でサンリオ村でも火病する「クソチョンカンゴシアラシ」。 »

2013年11月27日 (水)

耶蘇教猛反発!創価渋々、幸福は歓迎、他宗教は平静の「特定秘密保護法案」。

■特定秘密保護法案衆院可決

機密を漏らした公務員らに厳罰を科す特定秘密保護法案は26日夜、衆院本会議で自民、公明両党やみんなの党の賛成多数により可決されました。与党は今国会成立を図り、27日の参院本会議で審議入りする方針です。(11/26共同通信)

法案は3本の柱からなっています。

1.特定秘密
特定秘密に指定される対象は、防衛、外交、特定有害活動(スパイ活動)の防止、テロ活動の防止の四つの分野です。本法別表に23の対象項目が明記されています。

2.適正評価
特定秘密を扱える公務員(一部民間人も含む)は、犯罪歴、精神疾患などの病歴、飲酒の節度などが調べられ、情報を漏らす心配がないと評価された者だけが管理できます。

3.厳罰化
公務員等で特定秘密を漏らした者には、最高で懲役10年および1000万円以下の罰金が科せられます。特定秘密以外の機密漏洩は、従来通り現行の国家公務員法の守秘義務違反の1年以下の懲役、自衛隊法違反は5年以下の懲役刑が適用されます。

■主に批判されている論点

 
1.特定秘密の指定に関しては、法文上「その他」という表現も多く曖昧であり、恣意的に拡大解釈される危険があるとし、民主党は、その他という表現をなくした対案を提出しました。

このように政府側に都合の悪い情報が隠蔽され永久封印される恐れがあると懸念されています。

2.適正評価の調査の過程で、患者の病歴などプライバシー情報の提供を医師が強要される懸念があり、守秘義務のある医師が厳しい立場に立たされることが想定されます。

3.厳罰化により公務員が萎縮して本来は隠す必要のない情報の提供まで拒み、取材活動が制限され、国民の知る権利が阻害される懸念があります。

■党派を超えた政治家の矜持を垣間見る

今回の法案審議は唐突感も否めないところもあり、批判論点には一定の合理性もあると考えます。26日の衆院本会議の反対討論における民主党の長島昭久氏の主張は傾聴に値するものでした。

長島氏は「安全保障に与党も野党もない、あるのは国益のみ」「この法案を現代の治安維持法と批判する者もいるが自分はそういう立場ではない」と自らの立場を前置し、あと2~3週間あれば合意に達することができたと政府の性急な運営を批判しました。

長島氏は、制度の設計思想に、秘密保護法制の国際スタンダードであるツグネ原則(※1)を適用すべきであると訴え、森雅子内閣府特命担当相はその存在を知らなかったと、その資格に疑問符を投じました。

このように国益を守る観点から重要な議論が不十分であるならば、良識の府参議院で徹底的に議論を尽くして頂きたいと祈念します。

■知る権利を阻害しているものとは
 
特に最近の同法案に対する批判は、特定秘密として永久に封印され、主権者である国民の「知る権利」が阻害されるという論点に収斂してきた感があります。

この点に関し、11月19日に衆議院国家特別安全委員会に参考人として発言した評論家の西村幸祐氏は、同法案の真意が国民に理解されないのは、テレビ番組等に反対派しか出さないから国民が理解できない。知る権利を阻害しているのはマスコミであると喝破されました。

幸福実現党大川隆法総裁も、「わが国には左翼言論の自由はあるが、保守言論の自由はない」と言われています。

HRPニュースファイルより引用

連立を組んでいる「公明党」率いる「創価学会」はこの「特定秘密法案」を渋々飲んだようだ、ここは教祖の命が「風前の灯火」のせいもあるからあまりこれには関わりたくないようだ。

相変わらず「耶蘇教」の連中はギャアギャア騒いでる、プロテスタント側はいまだに「お通夜」状態で静かだが、カトリックが馬鹿左翼と一緒になって国会周辺で「火病」を発作して発狂してる。

他宗も平静を保っており「川崎大師」の真言宗や近所の「天理教」も表立った行動を見せてない、もっとも仏教系で極左なのは「総持寺」の「曹洞宗」だがこれと言った行動を見せてない。

今回この法案が可決したことで逆に喜んでるのは「幸福の科学」率いる「幸福実現党」であろう、たしかに「馬鹿左翼には言論の自由があるが、保守には言論の自由はない」の言葉は本当にこの通りだ。

バカゴミこそ言論の自由を阻害してる、これは本当にいい言葉だ。

« 秘密法案可決で各ポータルサイトまで一斉に反発? | トップページ | 秘密保護法可決でサンリオ村でも火病する「クソチョンカンゴシアラシ」。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/54069361

この記事へのトラックバック一覧です: 耶蘇教猛反発!創価渋々、幸福は歓迎、他宗教は平静の「特定秘密保護法案」。:

« 秘密法案可決で各ポータルサイトまで一斉に反発? | トップページ | 秘密保護法可決でサンリオ村でも火病する「クソチョンカンゴシアラシ」。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ