フォト

« 目くそ鼻くそを笑う、バカゲンダイに笑われるくそフジテレビ。 | トップページ | 山本太郎騒動で反原発に大打撃、自分たちに戻って爆発した「タル爆弾」。 »

2013年11月 9日 (土)

マンガもマトモに楽しめないバカチョン、本当に猿より悪い

韓国の日本バッシングが止まらない。歴史問題や経済政策で朴槿恵(パク・クネ)政権が日本政府との対立を深める一方で、韓国社会で広がる反日感情が、日本のマンガ、アニメにまで波及。「進撃の巨人」などの人気作の表現をあげつらい、「極右マンガ」と糾弾する動きも出ている。

作品中から「軍国主義の象徴」とされる旭日旗を探し出し、非難の材料にする者も出現。 日本マンガの影響力におびえるあまり、過剰反応する「反日」の現場をノンフィクションライターの高月靖氏がルポする。...

「進撃の巨人」「名探偵コナン」「ONE PIECE」…。

世界で人気を博する日本製のマンガ、アニメが、韓国のマスコミをにぎわしている。
これらの作品に「日本の軍国主義を賛美している」という「観測」が持ち上がったためだ。

10月中旬には、韓国のインターネット上でアニメ化もされた人気マンガ「進撃の巨人」作者の
諫山創(いさやま・はじめ)氏をめぐって「極右論争」がわき上がった。

「韓国のコミュニティーサイトで、諫山氏のものとされる人物によるツイッターの書き込みが紹介された。
  真偽のほどは定かではないが、その内容がネットユーザーからの反発を浴びた」(現地メディア関係者)

書き込みは、日本の朝鮮半島統治時代に触れたもので、「(日本は)朝鮮人の人口と寿命を2倍にした」
  「民族浄化を行ったナチスとは違う」などとつづられていた。これが、「日本の植民地支配を擁護している」
と批判を浴びたというわけだ。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131108/frn1311081810006-n1.htm



この話題は、SBSテレビや、国民日報などの複数メディアが報じ、韓国ではすっかり、
「『進撃の巨人』の作者は極右」との認識が広まってしまった。

その「進撃の巨人」は、2009年の月刊「別冊少年マガジン」(講談社)で連載を開始したSF作品。
  今年4月にはテレビアニメも放映された。単行本の売り上げは累計2500万部を突破し、
  韓国でも大人気を博している。

「11年に韓国で発売された単行本は50万部以上を売り上げ、『進撃の○○』というフレーズが
流行語にまでなっている」(先のメディア関係者)
しかし、その人気と並行する形で、政治問題に絡めた批判も一部でささやかれてきた。

痛いニュースより引用

漫画すら楽しめないのかこの民族は、カスゴミが「漫画」「ゲーム」「ネット」に以上拒否反応を示してるのわかる「カスゴミ」の構成員は「チョン」「シナ」「バカ左翼」が100%だからな。

チョンに「漫画」「アニメ」「ゲーム」の楽しさをわかるのは永久に無理か。

« 目くそ鼻くそを笑う、バカゲンダイに笑われるくそフジテレビ。 | トップページ | 山本太郎騒動で反原発に大打撃、自分たちに戻って爆発した「タル爆弾」。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53878171

この記事へのトラックバック一覧です: マンガもマトモに楽しめないバカチョン、本当に猿より悪い:

« 目くそ鼻くそを笑う、バカゲンダイに笑われるくそフジテレビ。 | トップページ | 山本太郎騒動で反原発に大打撃、自分たちに戻って爆発した「タル爆弾」。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ