フォト

« チョン祭りの影響か本日はパトカー3台とすれ違った。 | トップページ | 本日も登場、サンリオ村の魔獣「クソチョンカンゴシアラシ」 »

2013年11月18日 (月)

相手が「桜島」では文句はいえない。

鹿児島県の桜島の噴煙が、関東から近畿地方にかけて微小粒子状物質「PM2・5」の濃度を上昇させるケースがあるという研究を、気象庁気象研究所がまとめた。19日から仙台市で始まる日本気象学会で発表する。

 7月上旬、関東から近畿にかけ、PM2・5の濃度が1立方メートルあたり約100〜50マイクロ・グラムと、国の環境基準(同35マイクロ・グラム以下)を上回ったことがあった。気象研究所の田中泰宙主任研究官らが、この時期の大気の様子などを調べた。

 米航空宇宙局(NASA)の人工衛星の画像を解析すると、九州から本州の太平洋沿岸に微粒子を含んだ空気が多く流れていた。一方、中国から汚れた大気が流れた形跡はなかった。

 そこで、噴火活動が活発化していた桜島の噴煙がどのように流れたかをコンピューターで想定したところ、PM2・5の濃度が実際の観測結果とほぼ一致したという。

 田中主任研究官は「PM2・5については火山の噴煙も考慮する必要があることがわかった。季節や風向きでどう影響が変わるかを引き続き調べたい」と話している。

ライブドアニュースより引用

犯人は「シナ」ではなく国内の「桜島」でしたか、相手が「桜島」じゃ文句も言えないし、「鹿児島市」の人たちは「桜島」の噴煙など日常茶飯事である。

鹿児島市には「ゴミ集積場」の他「火山灰集積場」がある、桜島のPM2,5で騒いでいたら鹿児島の人たちに笑われる。

日本は火山国だから、火山由来の物質は騒がない方がいい。

小原節でも「桜島」の噴煙は歌われ「鹿児島」の象徴となってる。

« チョン祭りの影響か本日はパトカー3台とすれ違った。 | トップページ | 本日も登場、サンリオ村の魔獣「クソチョンカンゴシアラシ」 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53977024

この記事へのトラックバック一覧です: 相手が「桜島」では文句はいえない。:

« チョン祭りの影響か本日はパトカー3台とすれ違った。 | トップページ | 本日も登場、サンリオ村の魔獣「クソチョンカンゴシアラシ」 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ