フォト

« 意外とMSNと産経は冷静に推移を見守ってる、秘密保護法案。 | トップページ | こいつも「秘密保護法」と「大地震」で絶滅してほしい「日刊ゲンダイ」 »

2013年11月29日 (金)

反原発くそお花畑を煽って、放射脳を製造するくそ女性週刊誌の「女性自身」

「放射性物質に汚染された木材チップが、これだけ無防備に8カ月間も放置されたままです。万が一、誰かの手によって火でも付けられたら、放射性セシウムの数値は数万、数十万ベクレルとなる可能性があり、琵琶湖はもとより、周辺地域一帯がかなり危険な状態にさらされます」(市民団体『見張り番』滋賀代表の澤忠起さん・74)

“関西の水がめ”琵琶湖畔で、いまとんでもない問題が起きている。琵琶湖に注ぐ滋賀県高島市の鴨川河川敷に、幅3.5メートル、長さ570メートルにわたって、放射性セシウムなどが含まれた木材チップが大量に放置されているのだ。さらに琵琶湖に近い河口付近には、木材チップが入った土のうが77袋も不法に投棄されたままの状態で放置されている。

河川を管理する県の調査では、木材チップの総量は200~300トン。最大で1キロ当たり3千ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表。国の放射性廃棄物処理基準(1キロ当たり8千ベクレル)以下なので、「健康への影響はほぼない」と、県は説明した。

しかし、京都のNPO法人『市民環境研究所』が行った測定では、1万2千ベクレルの放射性セシウムが検出されている。県が公表した濃度の4倍の数値に、河川周辺の住民は恐怖におびている。

県の関係者によると、この木材チップは、福島第一原発事故で汚染された樹木の一部。線量を下げる作業を東京電力から受注していた、福島県内の製材業者から運び出されたものだという。現在、滋賀県は河川敷入口の門扉前に立入り禁止の看板を立て、ロープの柵を設置しているが、誰でも簡単に入れるほど現地の管理体制は甘い。

不法投棄されてから8カ月、雨や台風によって、どれだけの放射性物質が土壌に染み込んだか。地下水脈を通じて、すぐ脇を流れる鴨川、琵琶湖へと流れ込んでいても何ら不思議でない状況なのである。

「高島市内の各地点で放射線量を計測した場合、通常、高くても0.1マイクロシーベルト。今回はじめて現場で測定しましたが、明らかに異常です。木材チップが入った土のうを直接測ったら、毎時0.952マイクロシーベルト。ほぼ1に近いので、警戒本部を立ち上げないといけないぐらいの数値です。これらは廃棄物の不法投棄にもなると思いますので、県の管理者としての責任は重い」

女性自身WEBより引用

京都在住の方に聞いてみたが「琵琶湖の水」を水源にしてる「京都市内」は全然健康被害も起きていない、コープきょうともこの話題は一つも取り上げてない。

極左の馬鹿市民団体が暴走してクソ女性週刊誌の「女性自身」が煽り立てる、馬鹿左翼の代表のコープ(生協)すら取り上げてない話題を煽ってまさに「内ゲバ」状態になってる。

実際近所のコープに「週刊誌」は「週刊女性」「女性自身」「女性セブン」は陳列してない、「マート」やら「すてきな奥さん」とか意外とまじめである。

馬鹿女性週刊誌も「秘密保護法」で殲滅してもらいたい。

« 意外とMSNと産経は冷静に推移を見守ってる、秘密保護法案。 | トップページ | こいつも「秘密保護法」と「大地震」で絶滅してほしい「日刊ゲンダイ」 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/54089991

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発くそお花畑を煽って、放射脳を製造するくそ女性週刊誌の「女性自身」:

« 意外とMSNと産経は冷静に推移を見守ってる、秘密保護法案。 | トップページ | こいつも「秘密保護法」と「大地震」で絶滅してほしい「日刊ゲンダイ」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ