フォト

« ゲームはきちんとゲーム機のゲームで遊びましょう、ソシャゲは危険です。 | トップページ | 紫綬褒章受賞!日本の誇り、北海道・札幌市の誇り!「初音ミク」 »

2013年11月 2日 (土)

逆に「カスゴミ」が信頼がないからネットメディアが正義を表現する。

「ソーシャルメディアの登場によって、誰もが自由に意見を表明できるフラットな空間が生まれた」。インターネットでのコミュニケーションについては、このような理想論が語られることもあるが、現実には、親切を装ったデマの流通や、炎上による誹謗中傷合戦、匿名アカウントからの突然の爆撃など、荒廃した側面が目立つようになってきた。まさに「万人の万人に対する闘争」が生まれているソーシャルメディアの荒野で生き抜く術はあるのか。

こん棒が振り回され、他人に当たってしまう空間
ソーシャルメディアでは、誰もが発信できるからこそ、不正確な情報も拡散しやすい。デマの真偽を確かめるのは容易ではない。最近の事例では、10月の台風26号で大きな被害を受けた東京・伊豆大島に関して、報道機関のヘリの音によって、救助のためのサイレントタイムを実施できないとするFacebookの書き込みが拡散されたが、結局は不正確な情報だった。(「報道ヘリが伊豆大島の救助活動を邪魔している!」)災害時には特にデマが流れやすい。

また、不謹慎画像をアルバイトがアップロードして、Twitterで炎上、店舗が倒産するといった事態まで起きており(「店員が食洗機に入った画像をTwitter投稿のそば屋、倒産 不謹慎画像、書類送検も相次ぐ」)、炎上や誹謗中傷などのトラブル対策がこれまで以上に求められるようになった。駒沢大学の山口浩教授がソーシャルメディアの現状を解説する。
ネットで情報を享受する、という環境の変化に、人間が対応できていません。デマの流布は、リアルな世界でも起きていたことですが、ネットで可視化されるようになり、影響力が大きくなりました。往来を歩いている時に、手を振っているだけなら人には当たらないでしょうが、今は新たに開発された5メートルの「こん棒」を振り回しているようなもので、誰かに当たり、問題が起きます。しかもどういう対処をすればいいのかについての社会的合意がありません。どのくらいの長さならいいのか、棒が当たったらどのくらいの被害があるのか、当たってしまったらどうするか等について、人によって考え方が違うわけです。
どう影響を及ぼすのか分からないままに情報を発信して、迷惑をかけてしまうということだ。最初から悪意を持って殴りかかっているケースならともかく、善かれと思ってやっていることも結局は迷惑をかけてしまうケースがあるから厄介だ。災害時に起きる善意のデマ拡散はその典型例だろう。Yahoo!ニュースの編集を担当している伊藤儀雄氏によると、
デマや不正確な情報は、拡散の発端となる人がいるはずです。その人は、マスメディアに勤めている情報伝達のプロではなく、十分に責任を負える立場ではないケースも想定されます。そうしたアマチュアの個人に対して情報発信の責任を問うことはできるのでしょうか。
もちろん、ひどい内容の場合は名誉毀損にあたるケースもあるだろうが、現実はグレーゾーンのものがあふれている。振り回された「こん棒」が当たっても、誰も責任を問われないのであれば、「やり得」の状態になってしまう。

怪物リヴァイアサンにすべてを委ねるべきか
国立情報学研究所の生貝直人氏は、ソーシャルメディアがもたらす新たな社会の到来によって、「万人の万人に対する闘争」が始まっていると解説する。
現在問題になっているのは、ソーシャルメディアによって生まれるネット上の新たな「社会」を、どのような手段で制御していくかの合意が存在しないことだと思います。いわばホッブズの言うところの「万人の万人に対する闘争」の中で、リヴァイアサン(旧約聖書に登場する海の怪物、ホッブズは国家のことをなぞらえている)に統治を委ねるのか否かということが論点になります。国家に秩序を作り出してもらうのか、あるいは他の方法で社会に秩序をもたらすことは可能なのかということを、今まさに考える必要があります。

生貝直人氏
つまり、ソーシャルメディアで起きる「万人の万人に対する闘争」を回避するためには、国家という怪物に権利を委ねるのかどうかが議論になるということだ。法政大学の藤代裕之准教授も、「万人の万人に対する闘争」の要因は誰もが発信者になったためだと指摘する。

ソーシャルメディア以前は、受け手と送り手が分かれていたから「万人の万人に対する闘争」にはならなかった。我々が情報発信をする権力を新聞やテレビに預けていたともいえます。ソーシャルメディアによって我々は発信する権利=こん棒、を手に入れて、マスメディアに対抗できるようになりました。その一方で、プライバシー暴きや誹謗中傷といった私刑が横行するネット社会が生まれています。
  確かに三鷹市で起きた女子高生殺人事件では、新聞が被害者の女性のプライバシー問題を報じるのを控えたが、一部ネットメディアやソーシャルメディアで拡散された。では一体、「闘争」をなくす、もしくは「闘争」から逃れるためには、どうすればいいのか。生貝氏は、2つの方法を提案する。
1つは、ソーシャルメディアの世界でもリヴァイアサンを受け入れて、私たちが安心して生活できる社会環境を、「誰か」にトップダウンで作ってもらうことです。もう1つの選択肢は、もっとボトムアップに「私たち」自身が倫理や規範を作ることで、あるいは個々人のリテラシーの向上によって闘争を解決していくという手段です。
  自発的なアソシエーション(共通の関心で結びつく集団)を形成して、自分たちで統治することが重要になるということだ。そのことが、情報を読み解く「メディアリテラシー」の能力向上につながる。しかし、「メディアリテラシー」は長らく叫ばれながらも、現状は向上しているとは言い難い。自分たちでコントロールできないのであれば、怪物であるリヴァイアサン(国家)に統治を委ねるしかなくなる。ソーシャルメディアの世界も、このままでは、将来的に様々な法規制の話が出てくるかもしれない。

BLOGOSより引用

ネットの出現こそゲームに例えるならまさに「モンスターハンター」(通称モンハン)である、今までは「カスゴミ」という「モンスター」に好き勝手にやられていたが、ブログ・フェイスブック・ツイッター・グーグルプラスといったSNSを庶民が手にしたことによってまさにカスゴミという「モンハン」になった。

この論評を書いた人間は99%カスゴミ側のクソ人間であろう、今までの嘘がばれて退治されてるバカゴミモンスターを必死になってかばってる、伊豆大島の一件にしてもデマではなく本当にカスゴミのヘリコプターが邪魔で「ドクターヘリ」「警察」「自衛隊」「消防」「海保」の搜索や救難を邪魔していた事実がある。

それでも「デマ」と行ってカスゴミを援護するこれを書いた馬鹿は本当に「人間のクズ」の中のクズに等しい、いくら職業に差別はないといっても今までのカスゴミの行動見てると本当に「人間のクズ」「台所のゴキブリ」より悪い仕事である。

TBSで問題になったバカデブマツコの番組で「生保レディ」の枕営業なんてまるで「エロ動画」の企画であり、エロサイトなら許されてもこれを一般の放送でやること自体「生命保険」の営業の女性を貶めて卑下してることになる。

保険屋さんのおばちゃんのほうがバカゴミの人間より立派である、子供の頃CMで見た「〇生のおばちゃん」みたいにみんなに親しまれている、信頼と絆と相互補助で目に見えない商品だからおばちゃんもきちんと営業をする。

カスゴミという「モンスター」を「ひと狩りいこうぜ!」

« ゲームはきちんとゲーム機のゲームで遊びましょう、ソシャゲは危険です。 | トップページ | 紫綬褒章受賞!日本の誇り、北海道・札幌市の誇り!「初音ミク」 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

シナ・中共の工作」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53800638

この記事へのトラックバック一覧です: 逆に「カスゴミ」が信頼がないからネットメディアが正義を表現する。:

« ゲームはきちんとゲーム機のゲームで遊びましょう、ソシャゲは危険です。 | トップページ | 紫綬褒章受賞!日本の誇り、北海道・札幌市の誇り!「初音ミク」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ