フォト

« テレビ局もまさに「ブラック企業」そのもの、これじゃあソフトが下衆で当たり前か | トップページ | 「藤原紀香」も馬鹿左翼の仲間入り!秘密保護法案を可決して馬鹿左翼 共産党を駆除しましょう! »

2013年11月21日 (木)

反省も無い上に人間性や道徳にも欠ける馬鹿フジテレビ。

今年、週刊誌が行った「嫌いなテレビ局」ランキングで、断トツ1位を獲得したフジテレビ。視聴率不振が叫ばれて久しいが、未だにタレントのギャラは民放局で最高額といわれ、バブリーなスタンスだけは、視聴率3冠を獲っていた頃と変わらないようだ。

 最近は、同局の『ほこ×たて』が、ヤラセ発覚により打ち切り。翌月にも、BSフジの『風の見た自然たち』でカワセミの映像に虚偽が見つかり、翌週には打ち切りが発表された。

 過剰演出体質に批判が集まるフジだが、番組制作会社関係者は「フジの体質は、今のままでは決して変わらない」と話す。

「『ほこ×たて』の件で、局内が反省ムードになるかと思えば、現場の人間はまったく懲りていない。特にフジ周りのスタッフは、自分を曲げない性格の人間が多く、ヤラセが騒ぎになっても『ヤラセがないと、面白い番組は作れない』『素人(視聴者)は、何も分かってない』と反論するディレクターも多いですね」(同)

 21日発売の「女性セブン」(小学館)でも、業界を知る放送作家が「ヤラセは慣例」だと言い切っている。2泊3日の旅行番組で、撮った日にちを入れ替えて放送するのは当たり前。定番の“お散歩番組”についても、番組内で偶然出会う一般人のほとんどが仕込みだといい、エキストラ会社に「○時ごろ、この場所にいてね」と頼んでいるとか。

 また、07年に『発掘!あるある大事典II』(フジテレビ系・関西テレビ制作)が打ち切りとなった原因の一つである“ボイスオーバー”の捏造についても言及。外国語を話している人に、まったく関係のない日本語を重ねたり、音声を消して日本語のテロップを流す手法は、今も日常的に行われているという。

「フジは、『ほこ×たて』のような検証系の番組でヤラセが見つかることが多いですね。『発掘!あるある大事典II』も、納豆がいかに体にいいかを検証した結果、ヤラセが発覚。タモリが司会を務めた検証系番組『トリビアの泉』でも、05年に“犬の飼い主”がニセモノだったことが分かっています。

ライブドアニュースより引用

>「ヤラセが無いと、面白い番組は作れない」<、逆にテレビか面白くないから「嫌なら見るな」を実践してやっただけだ、パソコンを買うのに「家電量販店」に行ったらパソコンはXPのサポートが切れるので買い替え需要でお客さんがいたが、テレビのコーナーは店員ばかりでお客さんは人っこ一人いない状況だ。

テレビは「地上デジタル」騒動で買い替え需要が一回りして止まった、糞みたいな番組を高画質で見たって何の特にもならない、家電メーカーも「テレビ」からの撤退をするべきだとおもう。

テレビはくそ番組しかないのでシナ チョンに任せておけば良い。

テレビはNHK始め体質は一緒で、超ブラック企業で捨てた菓子パンまで食べなければならないホームレスと同様の扱いを受ける、こんな所に就職する奴は「馬鹿」である。

本当にテレビ 新聞は地上から消えてほしい。

« テレビ局もまさに「ブラック企業」そのもの、これじゃあソフトが下衆で当たり前か | トップページ | 「藤原紀香」も馬鹿左翼の仲間入り!秘密保護法案を可決して馬鹿左翼 共産党を駆除しましょう! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/54011167

この記事へのトラックバック一覧です: 反省も無い上に人間性や道徳にも欠ける馬鹿フジテレビ。:

« テレビ局もまさに「ブラック企業」そのもの、これじゃあソフトが下衆で当たり前か | トップページ | 「藤原紀香」も馬鹿左翼の仲間入り!秘密保護法案を可決して馬鹿左翼 共産党を駆除しましょう! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ