フォト

« 地震で恐怖を煽るバカ夕刊紙「夕刊フジ」、ゲンダイと並ぶカス夕刊紙。 | トップページ | 戦う前に「負け」決定!シナチョンのお粗末軍備はオモチャより悪い。 »

2013年11月12日 (火)

軍人の基本は「国家に忠実」であれ、これだけの調査は当たり前なのだ。

防衛省が、防衛秘密を取り扱う自衛隊員の適格性を判断するため、交友関係や思想信条などの個人情報を記入する「身上明細書」を隊員に提出させていたことが分かった。朝日新聞が資料を入手した。必要に応じポリグラフ(うそ発見器)の検査を受ける誓約書の添付も求めている。

【写真】誓約書の書き方が記された資料。情報保全部署から求めがある場合には、「ポリグラフ検査の受検を始めとした必要な協力」をすることなどを誓約させられる(画像の一部を修整しています)...

 衆院で審議中の特定秘密保護法案では、特定秘密の取扱者に対する適性評価の調査項目として、犯罪歴や飲酒の節度、経済状況を設定している。防衛省の調査項目と重なる部分があり、こうした身上調査が拡大する可能性もある。

 朝日新聞が入手した身上書は、本人の日本国籍取得の有無や海外渡航歴、配偶者・親族の国籍や住所、交友関係や所属団体、借金の有無、精神疾患の治療歴など19項目にわたり、隊員本人の住所は過去10年間分を要求。

 交友関係では友人や交際相手も含め、氏名、国籍、住所、生年月日、職業・勤務先に加え、「カラオケ仲間、つり仲間、相談相手」など関係性も記入。所属団体については過去も含めた所属クラブや宗教、趣味なども尋ね、「ラジコン飛行機同好会」「座禅による精神修養」「草野球」などを例示し記入を求めている。

朝日新聞デジタルより引用

自衛隊は日本を守る「要」であり「身上調査」「宣誓・誓約」は当たり前である、自分のような「予備自衛官」でもきちんと「予備自衛官の心構え」まである。

自分も入隊時相当調査され家族や親類縁者まで調べられた、こんなことでギャアギャアいう「朝日新聞」が異常である。

北欧諸国も入国管理や居住などの手続きは自分の時代相当厳しかった、当時のスウェーデンは徴兵制で「いざとなったときはスウェーデン国民の一人として戦え」などの誓約書にサインさせられた、自分はそこの国に世話になるのでそこの国に守るのも当然と考えていた。

軍役(自衛隊)を除隊した経歴があったので向こうさんの印象は良かった、基本教練・小銃などの軽火器の扱い・挙げ句の果ては戦車も扱える。

軍の仕事は国を守り預かる仕事である、調べられて当然である

« 地震で恐怖を煽るバカ夕刊紙「夕刊フジ」、ゲンダイと並ぶカス夕刊紙。 | トップページ | 戦う前に「負け」決定!シナチョンのお粗末軍備はオモチャより悪い。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53910694

この記事へのトラックバック一覧です: 軍人の基本は「国家に忠実」であれ、これだけの調査は当たり前なのだ。:

« 地震で恐怖を煽るバカ夕刊紙「夕刊フジ」、ゲンダイと並ぶカス夕刊紙。 | トップページ | 戦う前に「負け」決定!シナチョンのお粗末軍備はオモチャより悪い。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ