フォト

« 社長辞任・民放連除名どころか悪質なので「停波」・「廃止」にして欲しいクソフジテレビ。 | トップページ | 「ほこ・たて」に更なるヤラセ! もはや逃げ道がないクソフジテレビ。 »

2013年10月26日 (土)

それでも「ネット」に対するネガキャンを止めない「バカフジテレビ」。

フジテレビで毎週水曜日の21時から放送されている『ホンマでっか!?TV』は、個性的過ぎる専門家や評論家の先生方によるさまざまな「ホンマでっか!?」と疑ってしまうような情報が飛び出す教養バラエティ番組である。明石家さんまがMCを務め、突然暴走し出したりするような一筋縄ではいかない先生方とのやりとりがとても面白い。真面目そうな評論家の先生もさんまちゃんの手にかかれば不思議とおもしろキャラになってしまう。

 10月23日の放送では「知っておきたい病気の裏表SP」と題して、意外な病気の兆候について解説していた。番組冒頭の問いかけナレーションは、

「そこのアナタ……、TwitterやFacebookに食事の写真をアップしたことはありませんか?」

 という、ネット社会である現代の日常生活ではよくあるSNS投稿についての問いかけから始まった。なぜこの問いかけだったかというと、アメリカの『ハフィントンポスト』という新聞の記事の中に「SNSへの“食事写真”投稿は肥満につながる可能性あり!?」という“ホンマでっか!?”な情報があったからである。

 解説席に座る複数のスペシャリストの先生方のうち、この情報には『スッキリ!!』(日本テレビ系)のコメンテーターなどでも活躍中の医療評論家のおおたわ史絵先生が詳しく解説してくれた。この番組の個性派ばっかりの先生の中では、おおたわ先生はわりと正統派のトークで暴走をするタイプではない。

 ただ、衣装が時々挑戦的というか「やる気あります!」的な主張をしてくることがある。今回はショッキングピンクのシルクっぽい生地で右肩がたっぷりとヒラヒラした半袖、左肩はノースリーブ、脇から裾にかけてもアシンメトリーなヒラヒラ仕様というかなり変形した攻めワンピースの衣装であった。それに合わせたネックレスなのか、ごっつい石の入った首飾りみたいなものを着けていた。どこで衣装探してくるんだろ?

 そんな主張し過ぎの衣装に、他の出演者たちは黙っちゃいなかった。さんまちゃんは「今日の服、何~?」「どこを目指して!?」と痛烈にツッコミし、レギュラーパネリストのマツコ・デラックスも「それは(その衣装には)アンタ、説明が必要よ~!」と雄叫びを上げていた。

 おおたわ先生の隣に座っていた環境評論家の武田邦彦先生の勝手な分析によると、今回は女医のコメンテーターが4人も出演しているということで「今日は女医4人の戦いだからね!」と、おおたわ先生の派手衣装は戦闘服であることを断言していた。武田先生はこうやっていつも勝手に分析しちゃうんです。それを受けてさんまちゃんもおおたわ先生に「圧勝! 圧勝!」と軍配を上げるのだった。やったね、おおたわ先生!

 女医のファッションバトルで勝利を掴んだおおたわ先生が、本題の解説をし始めた。「SNSに食事写真を載せること=デブになる」という単純なことではなく、摂食によるトラブルを招く傾向が強くなるそうだ。つまり、食事写真を投稿することが、“過食”や“拒食”などの食べるものに対する摂食トラブルを引き起こす病気につながる確率が高くなるらしいのだ。え~? ホントかなぁ~?

 “食事写真投稿”に摂食障害の危険性が潜んでいるなんて、誰も全く思わずに気軽にガンガンUPしている気がする。私もSNSに食事写真を投稿したことがあるし、いろんな友人が美味しそうな料理の写真を多数Facebookなどに載せている。タイムラインにおいてその行為は普通なことであり、日常茶飯事な光景である。

 しかし、おおたわ先生の解説によると、「本来、食べ物というのは(実際に目の前に)出て来て、食べて、それで幸せになる。それが、一つの完結になる」のだが、「ブログやTwitter用に綺麗に美味しそうな写真を撮ろうとし、そこが焦点となると、食べることよりも写真を投稿することが最終目標になる」のだとか。それにより、「“食”に対する歪んだ価値観が植え付けられてしまい、摂食トラブルを招く確率が高くなっている」という内容の論文が、今年の5月にカナダのトロント大学から発表されたそうだ。

 しかもこれは、実際に“食事写真投稿”をしている本人だけに当てはまる傾向ではないらしい。その投稿をよく見ている人にも落とし穴があるのだとか。どっちにしても悪影響を及ぼしちゃうとかって切なくなるんですけど~……。

 準レギュラーの磯野貴理子は「私、(食事写真投稿)大好きで、人のそういうのばっかり見てる!」「こんな店があるんだ~とか、好きでホント見てる!」と前のめりで話に飛び付いた。ゲストの道端アンジェリカも「Facebookとかで(食事写真投稿)見ちゃいます、友達とかみんな載せてるから」と、女性陣はやはり食事ネタがお好きなようだ。

 しかし、おおたわ先生の口からは衝撃的なデータが発せられたのだった。“食事写真投稿”を見ている女性も、どうやら結構危険らしい。なんでも、

「1日に6~8時間ぐらいSNSの食事写真を見た女性は2年間で10kg太ったという例がある」

 とのこと! げ~っ!? 食事写真を見ていただけでそんなに太っちゃうの!? ってか、1日に6~8時間もずっと食事写真ばっか見てるのも、その時点でちょっとヤバイような感じもするんですが……。他にやること無かったのかな……。それはそれで、何だか切ない話になりそうである。

 どうやら、食事写真を見ているだけで食べたくなってしまう“フードポルノ”という言葉があるそうだ。MCのさんまちゃんは“フードポルノ”というワードの艶かしい響きに敏感に反応し、「素敵な言葉やなぁ~。名付け上手やなぁ~!」と、感心している様子だった。マツコももちろん反応して「素敵~♪」と、そのネーミングを絶賛していた。

 おおたわ先生曰く、性的写真などを見ていると性的興奮が出て来て、それを何とかしたいという欲望が出るのと同じで、美味しそうな食べ物の写真を見ていると食べたいという欲求が駆り立てられて食べようとするのだとか。それにより結局食欲が増してしまうことから“フードポルノ”という言い方があるのだそうだ。だから“食事写真投稿”を見ていると太り易くなるらしいのである。こわ~っ! うかつに友人の“食事写真投稿”を見ていたらおデブになっちゃうの!? 逆に友人を太らせたかったら美味しそうな食事写真を投稿すればいいってことになってしまう! これがウワサの“飯テロ”か~!? でも、大半はただ美味しそうだったり自慢したいとかでみんな投稿してるんだろうと思うが。

 おおたわ先生の解説に付け加えて、脳科学評論家の澤口俊之先生も驚きの発言をしていた。「食事写真を見過ぎると恋愛もダメになる」のだとか! なんでも、性欲が低下し、恋愛にも無関心になるらしい。

 脳的には、写真で見た食べ物によって報酬を受けたと感じ、それで満足してしまうようである。脳にはバランスがあるから、食事写真で満足してしまえば、恋愛系統に関してはどうでもよくなってしまうそうだ。

 それを聞いて「当たってるなぁ~」と、さんまちゃんは自分に置き換えてみて「オレは小食だから女、女、女ってゆうてるし……」と、澤口先生の解説に納得しているようであった。すかさずマツコが「アタシそうだもん!」「ひたすら食べてるだけだもん~」と、言うとスタジオ中のみんなが納得したかのように、どっと笑い声が溢れた。現在、マツコには性欲がほぼないそうだ。スタジオにいるスタッフ男性の体を触ってちょっかい出したりするのはマツコ的には性欲からの行動ではなくって、ただの“ごあいさつ”とのこと。癖みたいなものらしい。なんとも刺激的な“ごあいさつ”であり、紛らわしい癖である。

 それにしても、SNSへの“食事写真投稿”恐るべし! 食欲だけではなく恋愛にも作用しているとは。でも、食事写真に限らず、一つのことに夢中になり、それによって満足感を得られてしまっている場合は、恋愛欲が減るのかもしれない。脳の中で繰り広げられているいろんな欲を占める割り合いは人それぞれだろうから、バランス良く脳を使いこなすことができれば肥満にもならず、健康的で、それなりに素敵な恋愛ができるのかもしれないなぁ。いかんせん、私の脳はテレビのことで充満し過ぎているので、バランス感覚は常に故障中であるが……。

ライブドアニュースより引用

FB・SNS・ブログに「食事写真」をみんな載せてる、キャンプの山めし・自衛隊・米軍などのミリメシから高級レストランの食事まで写真に撮って上げてるよ。

これじゃあ「プレーパーク」の「闇鍋」の写真までNGになるんじゃないか?みんなが楽しく「アウトドア」レジャーで食事してる場面を載せてはいけないとは本当にクソテレビは人の趣味やホビーまで干渉してくるのか?

テレビはじめカスゴミ人間は「アウトドア」や「ラジコン」の本当の楽しさを知らないし、気張って「高級レストラン」で食事した写真もNGなのか?

最もこの番組「放射脳」製造のバカ理系エセ教授の「武田」が出演してること自体胡散臭い。

珍しい「ご当地」限定のインスタント食品、「アラビアン焼きそば」とか「ホンコン焼きそば」とかの写真もダメなのか?

これの記事を書いたやつも万死に値しするな!言いたくないが「フジテレビマジ死ね!」

« 社長辞任・民放連除名どころか悪質なので「停波」・「廃止」にして欲しいクソフジテレビ。 | トップページ | 「ほこ・たて」に更なるヤラセ! もはや逃げ道がないクソフジテレビ。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53726092

この記事へのトラックバック一覧です: それでも「ネット」に対するネガキャンを止めない「バカフジテレビ」。:

« 社長辞任・民放連除名どころか悪質なので「停波」・「廃止」にして欲しいクソフジテレビ。 | トップページ | 「ほこ・たて」に更なるヤラセ! もはや逃げ道がないクソフジテレビ。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ