フォト

« 在日が「看護師資格」で「日本国籍」を取れるのは本当だった! | トップページ | やはり「任天堂」はゲームの「王者」です。 »

2013年10月13日 (日)

在日・不正受給者を支持する、湯浅と定番の「クソ日新聞」。

市役所の前に並ぶ中高年男性らの姿がテレビ画面に映る。顔にはモザイクがかかっている。やがて扉が開き、人々はドッと中に入っていく。カウンター越しの現金受け渡し。すると画面が切り替わり、パチンコ店や酒場の資料映像が……▼これはあくまでイメージである。しかし、生活保護といえば不正受給という悪印象が日本社会にかなり広がってしまった。現状を変えたい。貧困問題にかかわってきた社会活動家の湯浅誠さんは、そう語る▼一部に不心得者がいても、多くは苦境にある。肩身の狭い思いも強いられる。問題を厄介にしているのはあのモザイクではないか。「顔が見えない」人に私たちは心を開きにくい。警戒感や不安が拭えず、時に敵意すら抱く。ならば、「顔が見える」ようにしていこう▼そう考えた湯浅さんと仲間たちは先月、「はるまち」という季刊誌を創刊した。生活保護を受けている人や過去に受けていた人が、本名で、写真も出して体験談などを語る。第1号では、北海道の21歳の青年2人が自立するまでを振り返っている▼「もし生活保護がなければ、彼らを納税者に育てることができただろうか」。湯浅さんの言葉に納得させられる。12月に出す次号では、高校時代に生活保護を受け、いまは市役所職員として困窮者への対応にあたっている人を取り上げる▼5千部刷った。置いてくれる書店などを募集中だ。10号までは続けるという。モザイクはいらないという当事者たちの勇気に拍手、である。

朝日新聞デジタルより引用...

またも出てきた偽善者「湯浅」、派遣村でもやはりパチンコなどの不正受給などが明るみに出て引っ込んでしまったがまたもやでしゃばってきた「福祉ゴロ」。

自分の記載を「言葉が悪い」とか言っていた馬鹿をブロックしてやった、自分は「きれいごと右翼」や「きれいごと保守」は大嫌いである、政治問題・思想問題・社会問題・商業は言っては悪いが汚い・卑しい・利権と権力闘争の汚い世界なのできれいごとではできない。

汚い世界相手に「綺麗な言葉使い」は「例のしばき隊」と同じだ、逆に「川崎競輪」や今は無き「花月園競輪」の汚いヤジの言葉使いがよく似合う。

湯浅の馬鹿も懲りもせずまた「不正受給者」や「在日特権」のクソチョンを弁護する。

« 在日が「看護師資格」で「日本国籍」を取れるのは本当だった! | トップページ | やはり「任天堂」はゲームの「王者」です。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53583603

この記事へのトラックバック一覧です: 在日・不正受給者を支持する、湯浅と定番の「クソ日新聞」。:

« 在日が「看護師資格」で「日本国籍」を取れるのは本当だった! | トップページ | やはり「任天堂」はゲームの「王者」です。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ