フォト

« ありがとう「山内さん」!世界中が任天堂と山内さんの功績を称えた! | トップページ | 都会で「村八分」が起こっても「田舎」みたいに殺人にならずに済むのに。 »

2013年9月23日 (月)

コネ社員と在日チョンがテレビを「クソ」にした、ゲームのほうが柔軟性がある。

日本テレビに勤務するみのもんたの次男(31)が、窃盗未遂容疑で逮捕された事件は注目を集めた。しかし驚くべきは、みのもんたの長男がTBS、次男が日テレと、2人の息子が揃ってテレビ局に在籍していたことだ。

 各局を見渡せば、芸能界、政財界、スポーツ関係など、様々なジャンルのVIPの子弟がズラリ。...

 コネ採用は麻薬のようなものだ。スポンサーや広告主などとの関係を良好にするという即効性はあるが、長期的に見ればクリエイティブな企画を送り出す人材の枯渇状態を作りかねない。これはテレビ局にとって何より致命的なことだ。

 さらにいえば、今回のみのの次男の一件のように「コネ社員」による不祥事が起これば、テレビ局や、コネを使った有名人の受けるダメージは測りしれない。テレビ局が視聴者より、いかにタレントやスポンサーの顔を窺っているかが白日の下に晒されてしまう。

 みのは会見で、「私のせがれじゃなかったら、こんな騒ぎにはならなかっただろう」「30過ぎて子供がいる男に“親が責任を”なんて、それは日本だけだ」と口にした。

 それは確かに正論だ。しかし、そんな歳になるまで「親のコネ」で子供を甘やかし続けたみの自身、そしてテレビ局の“責任”については語らずじまいだった。テレビ局と有名人子弟の“親和性”は、今後も「勘違いテレビマン」を量産し続けるのかもしれない。

※週刊ポスト2013年10月4日号 NEWポストセブンより引

もはや「コンテンツ」として新聞紙より価値が無いクソテレビの番組、クソゲームなら「クソゲー・オブ・ザ・イヤー」でその年の「クソゲー」として評価されたり、ゲームマニアにも「クソゲーハンター」として自ら「人柱」になる豪傑もいる。

しかしテレビ番組の「クソコンテンツ」はクソ過ぎるうえにあまりにも数が多い。

新聞紙も「割れ物の緩衝材」「アウトドアの薪の焚き付け」始めとしてなんだかんだ役に立つ、しかしクソテレビのクソコンテンツは役にも立たない時間の無駄である。

名作も生まれればクソゲーも生まれる、これがゲーム業界の自由さと柔軟性である。

しかしクソテレビは有名人のコネ入社・在日チョン・創価在日チョンのタレントとまさに硬直した巨大なクソになってる、その上「偏向報道」「シナチョン媚び」などクソの上にクソを塗り固めている

スマートテレビに代表されるように「テレビ画面」は「クソテレビ局」の物ではなく、据え置き型ゲーム機・レンタルDVD・ブルーレイ再生・ビデオカメラのチェックと再生・インターネット・アニマックスなどの有料放送と、多種多様なコンテンツを再生できる画面なのである。

自分がもしテレビを買えば「PS4」「VITA-TV」「Wiii-U」のゲーム機の画面と、ビデオカメラの撮影画像のチェックと再生だけである。

« ありがとう「山内さん」!世界中が任天堂と山内さんの功績を称えた! | トップページ | 都会で「村八分」が起こっても「田舎」みたいに殺人にならずに済むのに。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

極悪ブラック企業、奴隷労働、恐怖支配。」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53362736

この記事へのトラックバック一覧です: コネ社員と在日チョンがテレビを「クソ」にした、ゲームのほうが柔軟性がある。:

« ありがとう「山内さん」!世界中が任天堂と山内さんの功績を称えた! | トップページ | 都会で「村八分」が起こっても「田舎」みたいに殺人にならずに済むのに。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ