フォト

« 過剰な馬鹿「放射脳」が子供の健康を害してる。 | トップページ | 異常なチョンの馬鹿看護師の連続投稿、サンリオは解決する気がないのか? »

2013年9月25日 (水)

風評被害を拡大する「馬鹿女性週刊紙」と「小出」の馬鹿。

安倍晋三首相が「完全にコントロールされています」とIOC総会で宣言したものの、事態が完全に収束したわけではない福島第一原発の汚染水漏出問題。それどころか、汚染水は地下水を通じて、今この瞬間も海に流れ出ている。その結果、何が起こっているのか。京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さん(64才)はこう説明する。

「海に流れた放射性物質は海流に乗って世界中に拡散します。実際、福島から海へ流れ出た放射性物質は米国西海岸まで届いていますし、海はつながっているので、いずれ大西洋にも広がります。したがって海産物の汚染は避けられません。...

 さらに汚染された海水は太陽に照らされて蒸発して雲になり、雨になって降り注いで土壌を汚染します。その影響は動植物全般に及び、農作物や畜産物も汚染されます。そうした海産物や農作物、畜産物を口にした人間は当然、内部被曝します」(小出さん、以下「」内同じ)

 現在、福島は除染作業が進んでおらず、避難者が再び福島に戻れる日が来るのかさえ、一向にわからない状況だ。

「あえて言いますが、避難者は福島に戻るべきではなく、県内に帰還した人たちも、少しでも汚染の少ない地域へ逃げるべきだと私は思います。国は原則立ち入り禁止の『警戒区域』を今年5月に解除するなど、福島に住民を戻すことを想定し始めていますが、この方針は深刻な問題を孕んでいます」

 小出さんが最も危惧するのは汚染水の子どもへの影響だ。

「子どもたちの被曝の危険度は、大人に比べて4倍あります。私は今回の原発事故の影響で、がんや白血病になる人が子どもを中心に増加すると断言できますし、その他の病気、たとえば腰痛や高血圧、視覚障害なども増える可能性が高い」

 それはすでにチェルノブイリ、広島、長崎などの知見からわかっているのだ。だからこそ、子どもを守ることを優先すべきという。

「被曝の影響は今日、明日に出るものではなく、5年や10年経ってから発病する『晩発性障害』が特徴です。実際、1986年に原発事故が起きたチェルノブイリの汚染地域では7年後に小児白血病が急増し、原爆を落とされた広島・長崎では2~3年後から白血病が増え始め、5~10年後にピークに達しました」

 とはいえ、発病が被曝によるものと証明するのは難しく、責任追及には時間がかかる。それゆえ、子どもの命は親に託されているといっても過言ではないのだ。

※女性セブン2013年10月3日号 NEWポストセブンより引

小出真理教と馬鹿放射脳信者を増やす「馬鹿女性週刊紙」、逆に同じ「京都大」で馬鹿放射脳の影響で子供に「外遊び」をさせないから「ビタミンD欠乏症」で「クル病」が発生してる。

本当に「大学」は馬鹿な先生を選ばないことが重要だ、小出みたいなバカ左翼などに引っかかった日には「人生オワタ」である、左翼活動に関わった日にはマトモに就職もできない。

「日本冒険遊び場協会」(いわいるプレーパークの親玉)は福島・岩手などで外遊びの「プレーパーク」を展開してる、自分のFBのウオールにも東北の「あそびーばー」などから写真入の通信が入ってきており子供たちは元気で外遊びしてる。

そんなことも知らない馬鹿大学の先公など呆れて物もいえん。

小出と女性週刊誌は消滅しろ!

« 過剰な馬鹿「放射脳」が子供の健康を害してる。 | トップページ | 異常なチョンの馬鹿看護師の連続投稿、サンリオは解決する気がないのか? »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

自然災害・陰謀論・放射脳煽り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53383394

この記事へのトラックバック一覧です: 風評被害を拡大する「馬鹿女性週刊紙」と「小出」の馬鹿。:

« 過剰な馬鹿「放射脳」が子供の健康を害してる。 | トップページ | 異常なチョンの馬鹿看護師の連続投稿、サンリオは解決する気がないのか? »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ