フォト

« シェークスピアの「ハムレット」じゃないが、「モノノフ」をやめるか?やめないか?の気持ち。 | トップページ | 今回の「ももクロ」騒動は保守系分断工作を狙った行動か? »

2013年8月17日 (土)

金サライの苦しい言い訳をする「日本テレビ」、ウソと偽善は「カスゴミ」の始まり。

日本テレビが16日、8月24・25日に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』でメーンパーソナリティーを務める嵐のギャラについて初めて言及した。一部メディアで「ギャラ5000万円」と報じられたことについて、同局は「ボランティアで務めていただいております」と説明。だが、過去にオファーがあった大物タレントや出演者らがギャラの存在を暴露しており、あまりにも説得力のない釈明に批判の声が上がっている。

 豪華メンバーが募金を呼び掛けるチャリティ番組として夏の風物詩にもなっている同番組だが、先月30日発売の「FLASH」(光文社)が出演者の高額なギャラリストを掲載したことで物議をかもした。...

 記事によると、メインパーソナリティーの嵐は5人で5000万円、番組内の特別ドラマに主演する大野智はプラス500万円、チャリティパーソナリティーの上戸彩は500万円、チャリティマラソンランナーの森三中・大島美幸は1000万円、総合司会の羽鳥慎一は500万円。また、恒例のカラオケコーナーは加山雄三、谷村新司クラスが200万円、その他の懐メロ歌手や芸人は10~100万円となっている。

 記事には“番組事情を知るプロデューサー”のコメントも掲載されており、嵐のギャラについては「1人1000万円はむしろ安いぐらい」だそうで「徳光和夫はギャラが1500万円もしたため、外れることになりました」と記されている。また、同番組の予算は総制作費4億2000万円、CM収入合計が22億2750万円で、そのうち出演者のギャラと制作費を除いて赤字にならない範囲で寄付に回すと書かれている。

 この記事に対して、ネット上では「やっぱり金をもらってるんだ」「自分たちは大金稼いで一般人から募金集めかよ」「海外のチャリティー番組はノーギャラが当たり前なのに」「番組やらずにギャラと制作費を募金すれば」などといった批判が噴出した。

 世間の批判を受けて前述のように日テレ側が「嵐はボランティア」というコメントを発表したわけだが、これについても「説得力なさすぎ」「視聴者をだまして募金集めるな」「明らかにギャラが出てるのに何でウソをつくんだ」「偽善もここまでくると呆れる」などといった懐疑的な声が大勢を占めている。国語辞書によると、ボランティアとは「自主的に社会事業などに参加し、無償の奉仕活動をする人」となっている。まさか嵐が無償で番組パーソナリティーを引き受けているとは誰も思わないだろう。

 また、過去には何人もの大物タレントや出演者がギャラの存在を暴露しており、日テレ側の説明と食い違っている。かつては明石家さんまが「ギャラが出るなら出演しない」と同番組のオファーを蹴り、ビートたけしがラジオ番組で「ヨダレ垂らした芸能人どもがめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに、これ以上貧乏人から金巻きあげんな」と吠えたこともあった。04年にチャリティマラソンランナーを務めた杉田かおるは「思ったより少なかった」としながらもギャラを貰ったことを公言しており、91年に司会を務めた帰国子女の西田ひかるが「日本のチャリティ番組は出演料が出るんだ…」と驚いたという話も有名だ。

 ギャラが存在することは周知の事実であるにもかかわらず、イメージを気にしてか「出演者は基本的にボランティア」というスタンスを貫いている『24時間テレビ』。なぜこのような歪んだ構図が生まれてしまったのか。

「海外のチャリティー番組は基本的にCMがなく、企業からの広告料はそのまま募金に回されます。誰もが自分の利益を捨てて、チャリティーに専念する。しかし『24時間テレビ』は日テレが巨額の広告収入を得ていることが知れ渡っているため、ノーギャラでは出演者や事務所から不満が出てしまう。かといって、子どもが貯金箱に小銭を詰め込んで募金しているのに、出演者が多額のギャラをもらっていることを公するわけにもいかない。出演者の問題というより、利益を捨てた本当の意味でのチャリティー番組を作れない日テレ側の責任といえるでしょう」(週刊誌記者)

 日テレの“偽善”が批判される一方、CMがなければスポンサーがつきにくくなって制作費の調達が困難になり、ノーギャラになると出演者のクオリティが保てなくなるという意見もある。潤沢な制作費を使った演出で番組を盛り上げ、有名人が視聴者に呼び掛けることで多額の募金が毎年集まっているという側面もあるためだ。

 いずれにせよ、もうミエミエのウソや建前が通用する時代ではない。視聴者にウソをついて募金集めをしていれば、番組の信頼は失墜してしまうだろう。日テレは人々の善意を利用するような虚飾に満ちた番組作りをやめて、誠実なチャリティー番組の形を模索するべきではないだろうか。

サイゾーより引用

これだけ責められてもまだ「ウソ」の弁解をする「日本テレビ」、時間と電気代の無駄だからいっそのことやめればいいのにやめられないのか?

これって同じ日に行われる「原宿スーパーよさこい」の「朝鮮病身舞よさこい」の「はなこりあ」と同じだな、あれだけ「バ韓国・南チョン」が問題起こしても図々しく出場する態度が気に入らない、まさに夏の終わりの腹立ち・不快指数増大である。

昔は「うそつきは泥棒の始まり」だが、今は「うそつきはカスゴミ・評論家・学者の始まり」である、この間の「福知山」の花火大会の事故も主催者の二転三転する釈明と同じく何かを隠してる、隠してるのは大体「チョン」と99%睨んでよい。

24時間テレビのスポンサーに「日産自動車」があるが「バ韓国・チョン」製の部品を使っている車種が事故を起こしてる、このこともあって日本テレビは隠してる。

ももクロといい嵐といい今度は「アイドル」を使ったプロパガンダに出たか。

« シェークスピアの「ハムレット」じゃないが、「モノノフ」をやめるか?やめないか?の気持ち。 | トップページ | 今回の「ももクロ」騒動は保守系分断工作を狙った行動か? »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/52912950

この記事へのトラックバック一覧です: 金サライの苦しい言い訳をする「日本テレビ」、ウソと偽善は「カスゴミ」の始まり。:

« シェークスピアの「ハムレット」じゃないが、「モノノフ」をやめるか?やめないか?の気持ち。 | トップページ | 今回の「ももクロ」騒動は保守系分断工作を狙った行動か? »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ