フォト

« バ韓国・南チョンを持ち上げる「タウンニュース」、不快な記事を・・・ぬけぬけと・・ | トップページ | 不潔極まりない「チョン食品」、粉ミルクの中から「ゲーロゲロ!」。 »

2013年8月24日 (土)

「宮島 理」は新手の炎上商法の媚韓馬鹿か? こんな馬鹿を載せるBLOGOSはおかしい。

この言論状況に抗うには“皮肉”しかない。敬して遠ざけることで韓国からの執拗な攻撃をかわし、東アジアからの離脱を進めることこそが日本の利益となる。

 ここ1年くらいは、「友好強要した日本は韓国に謝罪を」 や「韓国と断交だけはやめてください」 など、韓国に関するエントリでいくつかの皮肉を書いてきた。というのも、現在の世界、とりわけ日本において、韓国を批判することはタブー視されているからだ。...

 韓国を批判する言説は「ヘイトスピーチ」として括られ、韓国を批判する者には「レイシスト」「ファシスト」「極右」というレッテルが貼られる。「極右」というレッテルが貼られてしまえば、社会的に抹殺されたも同然ということは、「極右のレッテル貼られたら終わり」 にも書いた。
 橋下徹氏は、どちらかと言えば親韓的な人物だと思う。しかし、慰安婦問題について問題提起をしただけで、日本だけでなく世界中からバッシングを受けて、「極右」のレッテルを貼られてしまった

 この時、橋下氏をバッシングした人々は、橋下氏の問題提起(「軍と性」)をちゃんと読んだわけではない。「韓国は悲劇的な国家である」との神話に傷を付けるかもしれないという一点だけで、反射的に「ハシモトはレイシスト! ファシスト! 極右!」とレッテル貼りをしたのである。橋下氏の米軍や日本の風俗労働者に対する発言が比較的あっさり“鎮火”した一方で、慰安婦問題だけは“延焼”し続けたことからもわかるように、橋下氏が破ったタブーは「アメリカの威信」や「女性の人権」ではなく、あくまでも「韓国の神話」であった。
 今後、橋下氏がどんな発言をしても、「ああ、あの極右政治家だろ? まじめに話を聞く必要なんてないよ。どうせ、韓国を貶めるヘイトスピーチをしているに決まっている」と見なされてしまう。それほど、韓国批判は巨大なタブーとなっている。

 現在、韓国は日本に対して攻撃をしかけている。これは明白な“国家の意志”であり、きまぐれな「反日」などではないということは「リベラルな日本人と韓国の大誤算」 に書いた。韓国は“アジアの盟主”を目指しており、そのためにも日本を完全に隷属させるつもりである。

 しかし、韓国批判がタブーとされている状況で、韓国に反撃することは非常に難しい。韓国を正面から批判すると、すぐに「ヘイトスピーチだ」「極右だ」と言論を封殺されることになる。

 保守・リベラルを問わず、多くの日本人が韓国の“敵意”に気づいた今、内心では韓国を警戒しているはずだが、普通の日本人というのは「極右」のレッテルを貼られることを恐れる。そのため、「極右」による韓国批判に表立って同調することができない。多くの日本人は、匿名発言を除けば、沈黙を余儀なくされているというのが現状だ。

 そこで、この言論状況を突破する助けとなるのが“皮肉”である。「韓国は悲劇的な国家である」という神話に触れることを回避するためには、「韓国は偉大な世界の中心国家である」というもう1つの神話を利用するしかない。「韓国の神話」という文脈の中で、韓国批判を行っていくのだ。日本人は他人をけなすよりも、ほめる方が精神的に安心できるから、韓国を“称賛”するのは多くの日本人に向いていると思う。

 同じようなことは現在の中国でも行われている。「愛国無罪」をスローガンに反日言論、反日デモを繰り広げる中国人は、常にそこに政府批判を内包させている。また、わが国でも、戦前の社会主義者たちは「尊皇」を隠れ蓑に社会改造を推し進めた(いわゆる「赤い右翼」)。

 では、具体的にはどのように「尊韓無罪」を展開していけばいいのだろうか。過去のエントリでも書いてきたように、次のようなロジックに整理できると思う。

●「世界の中心国家」 である韓国が、今さら「終わった国」である日本に対して謝罪と賠償を求めるはずがない。それではただの弱い者いじめだ。
●それでも韓国が執拗に日本に謝罪と賠償を求めるのは、「日本はもう韓国に関わるな」という真意があるからだろう。
●確かに、これまでの日本は一方的に韓国にラブコール を送ってきた。人類文明の生みの親であり、漢字、印刷技術、羅針盤、火薬、蒸気機関、原子力、マンガ、アニメ、スマートフォン、ES細胞などのあらゆる発明をしてきた韓国に対する憧れから、日本はストーカーのように韓国につきまとってきた。
●韓国はさぞ気持ちが悪かったことだろう。むしろ、今まで我慢してくれたことに感謝したい。これからの日本は、韓国に関わるのをやめて生きていかなければならない。
●少なくとも向こう1000年間は、政治的な交流がすべて絶たれるくらいの覚悟をするべきだろう。韓国の気持ちを尊重するなら、日本は「日韓友好」という気持ちを消す必要がある。
●ただ、経済的な交流については、自由貿易の観点からも続けた方が望ましい。それでも、新日鉄住金の戦時徴用訴訟などでもわかるように、韓国としては「経済的にも日本とはもう関わりたくない」というメッセージを発している。ここは自由貿易の原則を曲げてでも、韓国の感情を尊重するべきなのかもしれない。
●かりに経済的な交流が絶たれたとしても、パプリカとサムスンだけは 残してほしい。「世界の中心国家」 である韓国に、最後のお慈悲を乞うものである。

「尊韓無罪」によって、韓国を敬して遠ざければ、日本は少なくとも朝鮮半島に関わらなくてよくなる。過去の日本が謝罪と賠償を繰り返してまで韓国と関わってきたのは、日本も“アジアの盟主”という野望 を持っていたからだ。そんなくだらない野望は捨て、東アジアからの離脱を進めることで、日本は初めて本当の意味での広い“世界”に出ることができる。「尊韓無罪」こそが、日本の活路となるのだ

BLOGOSより引用

この馬鹿も「ジーワンシステム」の「生島勘富」と同じ「炎上商法」狙いなのか?

この馬鹿は本当に実情を知らないようだバ韓国のサムスンが無くっても痛くも痒くもない、自分では「共産党ストア」とあだ名している「CO-OP(生協)」は「富士通」のシステムを使ってる、共産党の根城である「生協」ですら「サムスン」は使ってない。

パプリカも同様である、バ韓国産のパプリカの姿を「生協」では見たこと無い、生協のパプリカは「高知県 宮崎県」産である、生協もシナの「毒餃子」から痛手をこうむり「シナ・チョン」は良くないと学習した、ひじきも伊勢・佐賀・三浦産でバ韓国産のひじきは生協では見たことが無い。

チョン製・チョン産食品の多くは逆に岡田イオンに多い、イオンの低価格発泡酒は「チョン製造」であるから過激に書けば「食あたり危険 飲んだら腹壊す」である。

ただでさえ「不衛生」そのうえにつば・たん・くしゃみ・鼻水・鼻糞を入れるチョン食品など危険極まりない、この「宮島 理」はチョンと民主党の操り人形だな。

« バ韓国・南チョンを持ち上げる「タウンニュース」、不快な記事を・・・ぬけぬけと・・ | トップページ | 不潔極まりない「チョン食品」、粉ミルクの中から「ゲーロゲロ!」。 »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

移民・在日・多文化共生問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/53021789

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮島 理」は新手の炎上商法の媚韓馬鹿か? こんな馬鹿を載せるBLOGOSはおかしい。:

« バ韓国・南チョンを持ち上げる「タウンニュース」、不快な記事を・・・ぬけぬけと・・ | トップページ | 不潔極まりない「チョン食品」、粉ミルクの中から「ゲーロゲロ!」。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ