フォト

« 今回の「ももクロ」騒動は保守系分断工作を狙った行動か? | トップページ | 一時間に5回のチョンの連続投稿馬鹿、17:56から18:51まで5回の連続投稿。 »

2013年8月18日 (日)

危機管理の無さが今回の大惨事を生んだ。

京都府福知山市の花火大会会場で15日夜に起きた爆発事故で、ガソリンが噴き出した携行缶が、稼働する発電機のすぐ近くに置かれていたことが17日、目撃者の証言で分かった。発電機の熱や高い気温によって携行缶が温まり、内圧が異常に高まった可能性もある。府警は異常な噴き出しと携行缶の管理状況の関連について調べている。

【見物客の衣服にガソリン飛散】人から人へ、やけどの被害が一気...

 証言したのは発電機の約2メートル後ろに座っていた奈良県内の女性(37)で、家族4人で午後3時すぎに到着。同5時ごろには発電機は稼働していたという。女性は「発電機の熱で暑く、少し間を空けて座った。午後7時ごろには周囲は人で埋まった」と話す。女性によると、発電機と携行缶は、階段状の堤防の同じ段にあり、距離は「数十センチ程度だったと思う」としている。ただ、府警によると、混雑の中、携行缶の位置が変わった可能性もあるとみている。

 女性の話では、花火開始直前の午後7時半前、屋台の男性店主(38)が近づき、携行缶のふたを開けた瞬間、「消防車のホースから出る水のように」ガソリンが飛び出した。ガソリンは最初、発電機付近にかかったが、男性が川の方向に向きを変えたため、屋台にも飛んだ。捜査関係者によると、屋台の火が引火し、ガソリンを逆流するように炎が走り、携行缶付近で爆発したとの目撃情報もある

 この日の福知山市は最高気温が37・2度で、携行缶は直射日光下に置かれていた。携行缶販売会社の担当者は「ガソリンは高温になると危険。稼働する発電機の近くに携行缶を置けば、その熱で内圧が高まることはあり得る」と指摘する。

 また、爆発事故で重いやけどを負い入院していた京都府京丹波町の竹内弘美さん(44)が17日午後、亡くなり、事故現場で花束を供える人の姿も。福知山市内に住む会社員の男性(23)は、ニュースで死者が出たことを知りユリの花束を持って駆けつけた。「地元を代表するイベントでこんな事故が起きショック。死者が出ないことを祈っていたので残念で、いても立ってもいられなかった。負傷者の回復を祈ります」と話し、手を合わせた。

ヤフーニュースより引用

自衛隊でも「火気」「弾薬」「燃料」は分散しておくのが基本、露店側も市の実行委員会側も危機管理の無さが露呈に現れて大惨事をひき起こした。

気化した燃料は本当に危険でまさに「爆弾」に相当する力をもってる、アメリカでTWA航空のジャンボジェットを破壊して墜落させたぐらいの力を持ってる、ニューヨーク発パリ行きのTWA800便墜落事故である、最初はアラブ系の爆弾テロと思われたが検証の結果スパークが燃料タンクに行って燃料タンクが爆発して墜落した

燃料=爆弾ぐらいの認識がないと本当に危険だ、主催した市も二転三転で「露店が悪いだの」となんだかんだ「自分達の責任は無い」と責任転換に走ったのが嫌だった。

近所の神社の祭りみたいに「町内会」と「消防団」で露店と安全管理したほうが正解か?

自衛隊でも「駐屯地祭」の屋台はかなり厳しかった。

« 今回の「ももクロ」騒動は保守系分断工作を狙った行動か? | トップページ | 一時間に5回のチョンの連続投稿馬鹿、17:56から18:51まで5回の連続投稿。 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/52927492

この記事へのトラックバック一覧です: 危機管理の無さが今回の大惨事を生んだ。:

« 今回の「ももクロ」騒動は保守系分断工作を狙った行動か? | トップページ | 一時間に5回のチョンの連続投稿馬鹿、17:56から18:51まで5回の連続投稿。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ